カテゴリー「PENTAX DA Lenses」の9件の記事

DA★/DA/D FAレンズ

2015年6月 5日 (金)

K-3Ⅱ早速の値下がり開始。(涙)ソレに比べると・・・。(謎)

先月二十二日に発売開始となった、RICOH(PENTAX)K-3Ⅱ。

今日は、まだ、六月五日。

ですが。(汗)

価格.comの値下がり幅は初登録日からもう三万円近い値幅で下落中と。(号泣)

なんで、スグに「値下げして仕事(販売量)を増やさんとやってイケない」商法に走るのか、RICOH(PENTAX)?

コレでは、アレほどの良い製品を世に送り出そうとも、正に商売になるまいに。(泣)

販売量が多くても、高値圏で商売している機種もあるのになぁ・・・。

どの機種かと?

Canon EOS 70Dですな。

初登録時には十二万円弱で、ソコからかなり時間が経過しているにも拘らず、値下がり幅は二万円を少し超える程度と。(謎)

現在での最安価格は実に九万円台半ばと云う、その(性能的)内容からは凡そ信じ難い位の高値安定状態と。
旧式になった、しかし、性能は段違いに高いK-3など、既に七万円台でしかないと云うのに・・・。(号泣)

尤も、EOS 70Dの場合は良い製品がなかなか出てこないCanonAPS-C機の中級機としてはようやく本気を出して製作してきたモデルで、「ソレそのもの」としては悪くは無いですがネ。

実は、個人的にこの状況には非常に違和感を感じていますな。

なぜ、ココまで高くても、売れて行くのか、EOS 70D?

やはり、お約束論理の(笑)、「Canonのカメラだから(安心で。)」とでも云うのかネ?(笑)

・・・と笑って居たらどうやらそうらしい。(驚)

先日の息子の運動会でお隣さんになった方は、K-50。
更にその隣は、EOS 60Dの方でしたな・・・。

共に家族ぐるみでのお友達の様でしたがネ。

(お隣)「旅行の写真とかはいいんだけど、運動会は、難しいね。」

(そのお隣)「やっぱPENTAXじゃなぁ、ムリじゃん。(笑)」

(お隣)「・・・でも安かったんだよねぇ。」(苦笑)

(そのお隣)「やっぱCanonだよ、安心感があるし、Canonのカメラだからイイ写真撮れるしね。(笑)」

・・・。(泣)

違う!

全然分かってないぞ!(号泣)

そのお隣はEOS 60Dにダブルズームの様でしたがネ、大そう「ご自慢」な機材だと云う事で「上から目線」がイタイ・・・。(曰く「Kissとは違うのだよ、Kissとはぁ!」(byラル))

しかし、私が、レトロスペクティブ50からEOS-1D Xを出したらすぐに大人しくなり(笑)、どこかへ行かれたようでしたがネ。(冷笑)

ソレで。

(お隣)「・・・スゴイカメラとレンズですねぇ!やはりスゴイのが撮れますか?」(汗)

(私)「イヤ、カメラなんて、最後は撮る人次第ですよ。K-50ですか、私も、元々RICOH(PENTAX)です。K-3を去年まで使って居ましたよ。お得に買えたとさっき、失礼ながら聞こえてしまったんですが、60Dより、安いかも知れませんが、性能自体は段違いにあなたのカメラの方が高いのはご存知?凄く良いカメラなんですよ?」

(お隣)「えぇーー?そんな事無いですよぉーー!!(笑)」

と、悲しい事にユーザー自ら信じないのでですな、K-50を借りてお隣のお子さんの競技を試しに撮って差し上げる事にしましたがネ・・・。

レンズがDA55-300mmF4-5.8EDとはいえ、K-rより更に高速連写にレスポンスも向上(ココはデカい!)したマジに良いカメラですなぁ・・・。

図らずもこんなトコロでテストが出来たとはなぁ。(嬉)

(お隣)(私が持参した嫁のノートPCに撮りたての画像データーを見せて)「やっぱ、撮る人が違うと全然違う!!(驚)」

特に、お隣のお内儀さんがマジに「家のダンナと違ってピンボケが無い!!」と驚いていましたなぁ。(大汗)

・・・ホトホト呆れ果てたので、まずはマニュアルを最初から最後まで読み切り、各機能は一つずつ試し撮りして確認する事、また、60Dではその機能すらない実に細かい画像調整機能が有る事を語りましたが・・・。

もっとアピール(営業)を強烈にブチ上げ、簡単に値下げ商売に逃げずに粘ったらどうなのか、RICOH(PENTAX)殿。

嫁もそうでしたがネ、「ブランドイメージ」でしかモノを語れない、いや考えずにテキトーに使うしかないアホには無理なカメラかも知れませんがネ、写真が好きな、イヤ、好きに成るかも知れない人には正に、K-S2なんて夢の様な超高性能機でですな、EOS 70Dごときでは足元にすら寄れない筈なのに・・・。(号泣)

挙句に、そのイメージありきでですな、数万円余計な資金を出してもソレに気付く事すらないと云うのではツラ過ぎる。(泣)

何とかならんのか、コレ?(血涙)

泣けますなぁ。

2014年7月19日 (土)

RICOH(PENTAX)には、レンズが少ない?(ソレは違う。)

コレは先日、価格.comのK-3板で話題になったスレッドのお題ですな・・・。

レンズが、RICOH(PENTAX)の純正非純正品共に種類として少ないと?

イヤ。

そんな事は無いでしょうなぁ。

それにしても・・・。

相変わらずの、PENTAX万歳の異常な思考論理性としか思えない「インなんとか」と云った奴の末裔の(笑)、稚拙なお話と、本当に見識も経験も無いアホなCanon最高!な連中の掛け合いには全くウンザリと。(泣)

・・・双方、正に低次元過ぎてマジにウンザリですな。

さて。

本題に戻り、この話題を考察するとですな。

少ないのではなく、選択肢が狭い、と云う事では?

APS-C規格レンズでは、RICOH(PENTAX)の場合はさすがにDA(DFA)系列の純正レンズではポピュラーなレンジでの超望遠レンズが無いだけで、あとは大半の焦点距離はカバーして居ますからなぁ、少ないと云う事は無いでしょうなぁ。

しかし。

価格面を含めた要素で同等焦点距離の単焦点/ズーム共にF値の異なるレンズ群が無い。
サードパーティー製品ではソレを補完すべき物もラインナップとしては非常に少ない。(号泣)

RICOH(PENTAX)の最大の問題点とは、ズバリ、レンズを自力で開発、販売する事を止めてしまった事なんですなぁ・・・。

現状、点いているんだかどうなんだか殆ど判らないスーパーインポーズ以外の理由で私がRICOH(PENTAX)システムから離れた要因はこの選択肢の少なさでしたな。

少ないと云うのは、私にとっては今でももはや選択肢が無いに等しい・・・。(汗)

ドウ云う事なのか??

ソレは。

K-3の本来の性能を引き出し、高解像するコントラストの高い、しかも防塵防滴でAFが速いレンズが無いんですなぁ・・・。

現行型DA★レンズでは精々がDA★50-135mmF2.8ED[IF]SDMとDA★300mmF4SDM位が、ほぼ「無理やりナンとか」な状況で、写してくれる程度で、標準ズーム、30mm域での単焦点レンズ、超望遠レンズ(100mmから400mmの領域)と、多くの方が必要とするであろう、領域でのラインナップがですなあまりにも貧弱すぎる・・・。(血涙)

まぁ、DA70-200F2.8(笑)が何故か1.5倍機の世界でポトレと風景での使用で中望遠ズームの代わりとして欲しいと云う件の話は、理解できませんがネ(DA★50-135mmF2.8ED[IF]SDMではイカンのでしょうかなぁ??)、ともかく早く今の時代に即した新型レンズを開発して欲しいと感じますなぁ・・・。

2013年9月 2日 (月)

DA Limitedレンズ、高級路線でリニューアル。

RICHO(PENTAX)は先週、DA Limitedレンズのリニューアルを発表しましたな。

…。

最初からこの路線で良かったのに、今更だと当初のコンセプトが狂う様な印象ですな。

1.HDコーティング(イイですな。)
2.金属外装(コレはイイですな。)
3.価格高騰(イタイし、これがなぁ。)
4.円形絞(凄く良いですな)
5.シルバー(お好きなヒトはどうぞ。(笑))

1については、ソレでもパープルフリンジは克服できない様ですが、逆光特性は向上するのでイイですし、2の金属外装こそ、余り売れないLimitedレンズの「テコ入れ策」としては有効でしょうなぁ…。

まぁ、光学設計自体は変え様がないだろうし、コレが精一杯なんでしょうかなぁ?
実際、個人的にDA Limitedには全く興味が有りませんでしたな。

F値が暗く、エンプラ外装では高級感が乏しく、自身の用途にはまず不要でしたのでネ。

しかし。

痒い所に手が届く微妙な焦点距離と軽量でコンパクトなこのレンズ群は、風景撮りのヒトと主にはスナッパーのヒトには凄く使い易いレンズだと思いますし、何より、F値を暗くする事でコストダウン出来るので、安いのがイイ所でしたが…。

今回、4の部分も相まってかなりの値上がりの様ですな…。(泣)

コレなら、光学設計一新でやればイイのに…。

なんか、中途半端ですな。

ついでに発表されたストロボもですがネ。(号泣)

相変わらずの「単なるリニューアル」品ですな。
ホットシューは金属製になった様ですがネ。

AF240FGZ(バウンス機能付)製品化希望。(悲願)

コレで売れるとイイですな。

なお、価格.comでは、この件でまたしても「フルサイズに向けて云々」と云うヒトが居ますが…。

マジなら、リニューアルでは無く、「全廃で生産中止」にするでしょうな。(笑)

他社動向を見ても、EOS 70D を見ると意外にと云うかやはり多くは売れないEOS 6Dをみて再び本気で造り込んで出してきたようだから、デジタルの主力はあくまでAPS-Cではないかと感じますな。

その割には、画質がダメなんだそうですがネ。(謎)

フルサイズはマニアにしか売れないし、それでは商売的には不採算でしょうな。

いずれにしても、RICHO(PENTAX)から出るのは「忘れちゃった」位に後になると思うんですがネェ…。

リニューアルで有ればDA★もぜひよろしくお願いしますな、RICHO(PENTAX)殿。(笑)

2013年7月 4日 (木)

DA★300mmF4SDM導入計画。

十月には久々にもてぎツインリンクに行き、久々にレーシングカーを撮ろうと考えていますがネ…。

自転車の購入が成らなかった時は、その予算でこのレンズを購入してみようかと考えていますな。

往年のFA★300mmF4をデジタル用に最適化し、且つSDM仕様としたこのレンズはDA★60-250mmF4SDMより軽く、焦点距離も長く、単焦点だからキレも良いかもしれない。

鈴鹿と違い、もてぎツインリンクはこちらの方がより「ハマル」レンズかも知れませんな…。

CinelliExperience2013(VELOCE)を買えば見送りですがネ、検討していますな。

唯一の懸念材料は、逆光特性のみ…。

大丈夫なんだろうか?(汗)

2012年12月13日 (木)

DA★60-250mmF4SDM、激しく損傷!今日、退院。(喜)(その三)

最終的に、45000円もかかりましたが、今日に東京SCから物が届きますなぁ…。

カメラとレンズショックの影響でもう、今までの状態、特にAFが心配ですが使えないのではないかとは思いますが、来年以降の新型機の購入までは何とかコレで凌ごうと考えていますなぁ。

K-5Ⅱ(s)の評判も歴代の機台から比べるとインパクト不足と云うかですなかなり良くない感じですので、当初の構想通りこの後の機種に期待していますな。

いずれにしても、今回のPENTAXの対応はとても迅速でやはりこのメーカーの製品を使い続けていて良かったと感じていますなぁ。

それにしても…。(泣)

昨日の大雪で既にクルマの1/3の高さまで雪が積もり、コレから雪かき(マイスコップ買いました。)しないとやっていけないこの環境ではナカナカ、撮影に行くのも時間が取られて大変ですなぁ…。

その辺の道のガードレールが「普通に」雪に埋まる景観なんてココでしか見られませんな。

そうか!

その景色を撮ればイイと云う事ですな。

…なんと云うか、泣けますな。

2012年12月 4日 (火)

DA★60-250mmF4SDM、激しく損傷!意外に安い。(その二)

今日、PENTAXSCより、破損したK-5とレンズの修理見積が来ました。

…、アレ?

何か想像よりはかなり低い額ですな。

K-5:カメラショックとマウント歪みで点検とミラーボックスユニット交換で16000円位。
気付いていませんでしたが、D-BG4にはキズがあるとのコト。(泣)

DA★60-250mmF4SDM:レンズショック、マウント破損と歪み、前玉のキズ補修で26000円位

しかし、破損した三脚座や外装交換も含めてコレだけ?

PENTAXファミリー特約で多少安いとはいえ、マジなんでしょうかなぁ??

ただ、機材には相当なダメージがあるので、もう以前の様なコンディションは出ないんでしょうなぁ…。(号泣)

しかし、このレンズはK-7時代から土砂降りの鈴鹿でも、ツインリンクもてぎでも、灼熱の百里でも共に撮影してきた相棒なんで、その額なら敢えて買い直しは止めて修理する事にしました。

ソレで上手く行かないなら、代金が無駄ですが買い直ししようと思います。

早く修理が上がって来るとイイのですがネ。

2012年12月 1日 (土)

DA★60-250mmF4SDM、激しく破損!…ダメかも。(号泣)

Da60250mmf4sdmc


今日は息子の学芸会。

それで、クランプラーの7ミリオンにカメラとレンズを装着した状態で入れて、気温-3℃でも平気なアウタージャケットにスノーブーツにグローブと云う「完全武装」で学校まで歩いて行きましたが。(泣)

昨日まで降った雪は、昨夜に一旦融けてから、その後ココの土地では直ぐには乾かないので(気温が低過ぎて)翌朝はパッと見には路面が濡れているだけに見えても実は「氷の薄幕」なんですなぁ…。

横断歩道のマークの上は完全なアイスバーンで、そこで滑り転倒しました。

尻の下には7ミリオン…。(号泣)

マウントプレート部分からレンズが折れ、前玉はレンズキャップとプロテクターが破砕、キズがあるように見えますし、マウントプレートは歪んだ状態でK-5に付いていて、レンズ側はご覧の通り…。

三脚座は固定用のツメは折れて、鏡胴部の溝は盛り上がり破損しました…。

K-5のマウントプレートも歪んでいましてボディに一部キズが…。

泣いても悔やんでも仕方ない状況に。
息子の劇は、放心状態で良く見てませんでしたが、本当に左遷後はツイて居ないですなぁ。

A


歩いてコレですからなぁ、車ではかなり神経をやはり使う事に成るので嫁が心配ですな。

多分修理はムリか、新品を購入した方が早いかのどちらかだろうし、K-5はどうなっているのか外からでは分かりませんが、最近、EOS-1D Xを購入したのでレンズはまず、修理代が出ない…。(泣)

さてどうなる事やら。

明日ピックアップさせますが、東京に行くまでに2日も掛るのがココのイタイ所ですなぁ。

B

今日は、息子の学芸会。カメラはナニを?

今日は、転校後二週間しか経って居ない息子の学芸会ですな…。

当然転校したてだから、彼の役は「セリフも無いその他大勢」のハズだったんですが。

持ち前の負けん気とやる気で、一つセリフのある役をGET。(泣)

兵庫の学校の様に「主役」がバカ親共の競争原理を無視した要請と云うか文句とやらで多人数でるのと違い、今回の学校は「自ら取らせる」方式の様で好感を持てますな。

…しかし。

朝から始めるのですがネ、気温はなんと-3℃。(泣くと涙も凍る)
つくづく、スゴイですな。

この気温下で、屋内とは云え、寒くて広いであろう体育館での撮影はキツそう…。

EOS-1D Xの初陣かとも思いましたが、K-5の低温化での作動も見たいので今日はK-5+DA★60-250mmF4SDMですな…。

しかし、折からの暴風雪で雪も少し融けた後に凍り、かつ超滑りやすい路面をコーヒー片手に(危ないですからマジに止めてくれ。)MTBやクロスバイク(モチロン、タイヤはノーマルでスパイクでは無い。)で走る二ーチャンやオッサンとか、やはり土地のヒトは違いますなぁ…。(苦笑)

2012年9月16日 (日)

PENTAX K-5Ⅱ(s)、HD DA560mmF5.6AW発表。(その三:嬉しい!!)

Hd_da560mmf56aw
…。(号泣)

嬉しいですなぁ…。(泣)

遂に出ますな、デジタル時代の最新鋭PENTAX超望遠単焦点レンズ。

HD DA560mmF5.6AW。

今まで、PENTAXユーザーはオーバー300ミリ上の焦点距離を必要とする撮影用途の場合は、FA★の旧式レンズを持っているヒト以外は、一般的には私も2007年頃に実際に使っていましたがシグマのAPO50-500F3.5-6.3EXDG(非HSM/OS)辺りに頼るしかなかった訳ですが、このレンズは重量1.9キロでやはり重く、ズームリングは重い上に二段階で重さが変わる癖と最大望遠時での画質の甘さ、F値6.3ではAPS-C機の場合は何せファインダーが暗いと云うコトで価格が安い以外はやや使いずらい感じでしたなぁ…。(泣)

ソレが今回、ようやくにも純正品としてのメーカー保証付きで是正される訳ですから、超望遠レンズが必要なヒトには正に朗報ですなぁ。

今回はSMCコーティングよりは安いモノの様ですが、アウトフィールド向けに考えられた最新のコーティング技術を持ち、SDM駆動では無いですが、DA18-135mmF3.5-5.6DC WRで証明されたDCモーター駆動でナンチャッテ防滴のWRでは無い全天候対応型防塵防滴性能を持つAW仕様で非常にイイですなあ…。

一脚装備は当然ですので、三脚座は大型だし、フードは引き出し式だから収納性はイイかも…。

と、思ったんですがネ、全長(最大伸長時)で521ミリ、重量は3040グラム(!)とは…。

Canonの一番長い玉のハチゴローが全長460ミリ台で重量は4.5キロ位だから、ソレより軽いのは当然ですが、ソレでもゴーヨンⅡ並みだし、60ミリ以上長いとなるとスポーツ観戦時にヒトが沢山居る中でレンズを振りながらの撮影は取回しがしにくく、かなり難しいと思いますな。

マグネシウム合金等を使い、重量を二キロ台前半に出来なかったんでしょうかなぁ?
でもソレだと更に高価に成ったでしょうかネ…。

当初は鏡筒分割式だと云うし、ソレは当然カメラバッグへの収納性の向上を図るためと云う説明で納得はしつつ、現地での組み立ての場合はゴミの侵入は防げないし、入り込むとカメラ本体に有る様なSRⅡのゴミ取り機能は無いので写りにも絶大な影響が出るのでどうしたものかと不安でしたが、結局、「固定式」の様で…。

差し込み型フィルターも装備出来て、レンズ懸垂用のストラップも付けられるので周辺装備にも不安は有りませんな。
あとはピントリングの重さが程良い重さで有ればMF派のヒトも嬉しいでしょうなぁ。

カメラバッグは本体を外しての収納が前提で、KATAのハチゴロー対応型にするしか無さそうですなぁ…。

しかし、EF200-400mmF4LISUSM Extender1.4×か、EF500mmF4LⅡISUSM用も別途購入しか無いかも…。

製造は受注生産で、価格は今の所50万円台で意外に高い…。(泣)
受注生産では価格の下落は余り無いだろう事は想像に難くないですが、仕方ないでしょうかネ?

焦点距離的には560ミリ(35ミリ換算で790ミリ)もあれば、大半の用途に対応できるので、文句も無いですが、出来れば、ズームでも出して欲しいですなぁ。

DA★200-400辺りで…。

カテゴリー

無料ブログはココログ