カテゴリー「BOEING F-15E STRIKE EAGLE」の1件の記事

HASEGAWA 1/48 PROTO TYPE、COMMON TYPE、THE IDOL MASTER TYPE(Chihaya Kisaragi)

2020年5月 5日 (火)

HASEGAWA 1/48 ボーイング F-15E ストライクイーグル製作記1:ヤフオクでまずは、キット購入。だが!

Photo_20200504151202

キタナイ。(涙)

先日、危険ですがネ、ヤフオクで購入しましたな。

ハセガワ1/48 F-15Eストライクイーグル。

ですが。

このキット自体、もうかなり旧い製品の様でですな、新品を買おうにもあのAmazonですら売られていない代物で、やむを得ずヤフオクに手を出すしかありませんでしたな。

まぁ、安めの金額で落札できただけでもマシか。

故に安いだけあり、キットそのものは特に問題は無いものの、デカールシートは黄ばんで使えそうにないし、外箱はご覧の通りの有様で、汚いし、日焼けもスゴイと。(汗)

B15e_20200504151201 B15e

それで、今回は、資料の本を三冊購入して研究してみましたが。(汗)

Photo_20200504180801

読んでいくと、重大な誤り、というか違いがこのキットには有ると判明しましたな。

ソレは、キット化されているF-15Eは、F-15Eであって、実はF-15Eではないという事ですな。(号泣)

ドウいう事かと?

それは、湾岸戦争以降で世界中で実戦経験を積んでいるF-15Eは、当然、量産型モデルですが。

キットのは、マクドネルダグラス社を飲み込んだ後のボーイング社が政府(=米空軍)向けに製作したF-15B(単座初期量産型F-15Aの複座モデル。主に練習機として使用。)を基にした提案用のプロトタイプ(試作型)なんですな。

つまり、キットはMSで云う所のガンダム仕様の試作機で、実戦配備中量産機は当然ジムだという事で。

しかし、アニメとは異なり、ジムの方が遥かに(兵器としては何もかも)強力であるのは実兵器の世界では常識ですがネ。(苦笑)

(天の声)「でも、あまり違いはないのでは?(謎)」

当初はそう考えていたんですがネ、よくよく見てみると大違いなんだと。(血涙)

まず、機種周りではコックピット内の計器レイアウトからして違うし、前面に装備されるHUDの形状も大きく違うし、機種下のアンテナ類は途中で量産型自体AESA(フェイズドアレイ)レーダーに換装し、データリンクシステム等も変更したため、アンテナの大きさや配置が異なりますな。

また、機体後方の排気ノズルの形状が違う上に、機体下部に在る燃料緊急投棄用のノズルが量産型にはない等、ココも違いが有るんだと。

極め付きは、この機体には最初からCFT(コンフォーマルタンク=機体装着型増加燃料タンク)、通称FAST(ファスト=フュエルアンドセンサリングタクティクスの略ですな。)パックが、装着されていますがネ、キットのCFTは、十九八〇年代初頭に主にF-15A/B/C用に開発、運用されていた物で、旧式なんですなぁ。

量産型の現行使用機はタイプ4と呼ばれるもので、形状は同じでも、其処に装着される対地攻撃兵器の兵装架(パイロン)の形状と取付位置が全然違うんだと。(涙)

そして、キットの取説では、主翼パイロンに在る両翼の一番外側にある一番、九番にも兵装を搭載するとあるものの、実際には原則的にはまず使わないそうですな。

また、付属の兵装が今となっては超レトロだと。

対空兵装の空対空ミサイルは短距離赤外線ホーミングミサイルのAIM-9Mサイドワインダー、中距離セミアクティブレーダー誘導ミサイルのAIM-7Fスパロー各四発で、どちらかと言えば主兵装の対地攻撃兵装はCBU-87クラスター(集束)爆弾二十二発を組み合わせてモデル化しているんですがネ、今の時代では対地兵装の主力は精密誘導爆弾、それもF-15Eは米軍戦闘機としては唯一、大型のGBU-28精密誘導大型爆弾(通称バンカー・バスター)を搭載運用できる機体なので、現在ではそれらを搭載するべきなんでしょうなぁ。

対空兵装も、現行では、サイドワインダーでさえAIM-9Xになり、スパローはお役御免で、現在ではAIM-120C AMRAAM(アムラーム)に変更されている様ですな。

ただ、このキットは箱にある通りデュアルロールファイター(複合任務機)型とあり、F-15Eには兵装専用の他に夜間攻撃用の航法、攻撃対象指示用の戦術ポッドであるLANTIRN(=ランターン:闇夜に照らすライト、ランタンをもじっている。)ポッドシステムも再現しているんですな。
これは、胴体下の空気取り入れ口の下両側に吊り下げられるんですがネ、コレがまた、再現性がややエエ加減でモールドがたるく且つ、攻撃指示ポッドが現在では新型のイスラエル製のスナイパー・ターゲティング・ポッドとやらに変更されている様ですからなぁ、コレを所謂「自前の改造作業」で何とかするのはしんどい(=まず、無理)ですなぁ・・・。(涙)

取り敢えず、ランターンと精密誘導爆弾やミサイル関係は、驚きですがネ、別途でミサイル、又は爆弾セットが売られているのでこちらは新品で購入してみましたな。

Photo_20200504151204 Photo_20200504151203

更に、ディテールアップパーツとして、使い物にならないデカールシートの代わりにサードパーティ製のF-15E用デカールシート、キャノピーに施すマスキングシート、そして、出来るか不安ですがネ、エッチングパーツを違う仕様ですが、二機分、止めに驚きですが、凄くリアルなレジン製のエジェクションシート一機分を大枚はたいて購入しましたな。

武装セットは、流石に専用品(笑)だけあり、キット付属の物とは比べ物にならない位にリアルで、良いと。

さて、早速にとりかかるとするかと思っていたらですな。

ヤフオクの違う物件で、同社同スケールで、違うF-15Eが有るじゃないの!(驚)

・・・タイガーミート2005。

ん!

箱絵の機体は実写だが、写っているのはタイプ4CFT装着の間違いなく新型ではないか!(攻撃指示ポッドは旧式)

しかし、モデルはやはり試作型を再現か??(悩)

この際は、悩んでも仕方ないし、まぁ、部品取り用にコレも危険だが落札してしまおう。(テキトー)

15e_20200504151202 15e2

で、購入しましたな、タイガーミート2005 F-15E。(バカですな)

だが!!(嬉)

内容は、マジに量産型仕様で、機種周りに兵装、排気ノズル、問題のCFTは、パイロンごとタイプ4に改修されている!

兵装関係は、ガッカリですがネ、先に購入した武装セットの一部のランナーが同梱されていて、リアルだし、ランターンポッドまでも攻撃指示ポッドは新旧両方のタイプを選べる上に、タルい航法用ポッドもクリアパーツ迄仕込まれたものに変更されているので、最初からこれにするべきだったと後悔はするものの、当初は知る由もない状況だったので仕方ないと。(血涙)

15e1

相変わらずCBU-87クラスター爆弾等も同梱されていますがネ、一方で、JDAM(ジェイダム)GPS誘導爆弾や、GBU-22等のレーザー精密誘導爆弾、果ては電子妨害用のAN/ALQ-184ECMポッドまであるので、タイガーミート2005であれば武装キットは(多分)不要ですな。


そして!!

更に、また違うF-15Eのキットをワタシはヤフオクで見つけ、ソレを落札する。(救いようのないバカですな。)

15e 15e_20200504151201

良くは分かりませんがネ、アイドルマスター如月千早機とやらで、ゲームのエースコンバットのシリーズの一部で出てくる「特殊仕様機(=隠しキャラ)」という設定の様で。(汗)

車の痛車の様な、アニメキャラクターの超大判デカールがセットされていて、機体色は多分スカイブルーかコバルトブルー地に白ストライプというなんだか、ブルーインパルス機のような塗装で、成形色がガンプラを想起させる青だと。

デカールは、コーションデーターの他には、夥しい数の「星マーク」があり、頭が割れそうですなぁ・・・。(苦笑)

キットは、コレもガンダム仕様の試作型で、ランターンと対地兵装は省略され、ソコはエースコンバット系なんで、AIM-9MサイドワインダーとAIM-7Fスパローのみに旧型CFT付きですがネ、それでは詰まらないですなぁ・・・。


超大判の機体モデックス765号機とは、語呂合わせで、エースコンバットのゲームメーカーであるバンダイナムコの「ナムコ」か??(謎)

・・・、ま、これは良いとして、まずは作り始めよう。

ドコから始めるかと?

勿論、宇宙戦艦ヤマトで云う所のパルスレーザー祭りと同義のCBU-87クラスター爆弾、実に四十四発(!)からだと。

コレは、試作機とアイドルマスター765号機に装備させるためですな。

F-15イーグルはロシア空軍機のSu-32スーパーフランカー程ではないにしても双発の大型の戦闘機ですからなぁ、機体から作り始めると、何年か掛かって(泣)完成する頃には武装関係まで製作する気力はもう残っていないでしょうからなぁ、まずは、爆弾類から、でしょうなぁ。

パーティングラインの処理作業で発狂しそうですなぁ。

(その二に続く)





その他のカテゴリー

ARAYA RALEIGH(Bike of British manufacturer) ATM-09 STTC スコープドッグターボカスタム Bicycle maintenance tools BOEING F-15E STRIKE EAGLE Canon Digital SLR/Instamatic Canon EF Lenses DDV192 海上自衛隊いぶき級多用途運用護衛艦 DJI Mavic Mini(JP) GUNDAM Barbatos Lupus HONDA FIT Shutlle1.5X(4WD) HONDA Motorcycle HONDA STEPWGN SPADA 1.5DSTurbo (2WD) HONDA JADE1.5RS DSTubo (2WD) Hyperstech DRONE X PRO (POCKET DRONE) J.G.S.D.F. M.B.T. TYPE74(アシェットコレクションジャパン週刊) KUOTA(Bike of Italian manufacturer) MARUSHIN INDUSTRY 1/1MODEL GUN Memory of The Wuhan virs(cold) MINOLTA Hi-end Instamatic ModelingTools(PlasticModel) MS-14F ゲルググの系譜 My AudioVisualSystem My Family AutoCamp Nikon Digital SLR/Instamatic PENTAX DA Lenses PENTAX Digital SLR Review of MINOURA product RGM-79 GM RX--93-ν01 νガンダム (Ver.Ka) RX-0 ユニコーンガンダム1号機 ユニコーン S.F.3D ORGENAL/Ma.k Z.b.v.3000 Talk of bicycle Talk of Digital Camera TAMIYA 1/10 RC HOLIDAY BUGGY(2010) TAMIYA 1/16 King Tiger (2010) TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRX TAMIYA 1/48 Ⅵ号重戦車 TigerⅠ THE Kakaku. Com unpublishing review TREK(Bike of American manufacturer) WATCH and Goods その他 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ゲーム ゴッドケロン スマートフォン パソコン・インターネット 妖怪ウォッチ 宇宙戦艦ヤマト2199 旅行・地域 日本帝国陸軍キ-84-1A四式戦闘機疾風 映画・テレビ 眼鏡 馬鹿なオッサンの退屈な日々

カテゴリー

無料ブログはココログ