カテゴリー「DJI Mavic Mini(JP)」の4件の記事

Fly More Combo SET

2020年1月21日 (火)

DJI Mavic Mini Fly More コンボ、導入までの道のり(別に苦労もそれ程ではないが。(苦笑))3:装備品も(殆ど)揃い、開封。(嬉)

Mini_20200121153603

(その二からの続き)

さて、社外用のだが、必需品の諸装備もほぼ揃えられたので、今日は(ようやく)開封する事にしましたな。

箱の中身は、当然ですが、本体とコントローラーは、純正のキャリングケース内に、ソレにバカでかいプロペラガード用ケージ以外の物は小さな箱に収納されていて、整然としていますな。

Photo_20200121153602 2_20200121153601

中身は、三種のコネクター対応の10cmしかない何でもアイフォンユーザーには当然のライトニングケーブル、予備プロペラにドライバー、殆ど説明がない(余り役には立たない)マニュアル兼初期設定ガイド、電池三本に充電器とコンセントユニットが入っていましたなぁ・・・。

本体は、梱包時の封印替わりのラベルが貼り込まれていて、コレを読んで、剥がしますな。

Photo_20200121153701 Photo_20200121153606

本体の全景は、このようなカタチをしていますがネ、DRONE X Proからは、かなり大柄な(比較論ですがネ(苦笑))機体ですな。

Mini_20200121153602 Mini_20200121153601

プロペラには、回転注意のマーカーが塗られていますな

Photo_20200121153702

肝心の三軸ジンバル装備のカメラには、カバーが付き、飛行時にはコレを取り外すとカメラの向きは正方向を向く仕組みですが・・・。

カメラの前玉にはスマホ用のフィルムは貼れないでしょうなぁ。(汗)

何故か?

決まっていますがネ、カメラのレンズを「応用」したガラス板ではなく、単なる「樹脂のプラ板」だから、ゴースト、フリンジ等が出まくるからだし、寧ろCPLフィルター(偏光レンズフィルター)を被せたいくらいだから。(悩)

コレだけは後でも良いので良い製品を探さないといけないんですがネ、今のところ見つかりませんな。(号泣)

電池(日本仕様にして、国内専用)は以下の通りで、今回購入したキットでは順番充電(落胆)式とはいえ、三本分充電できる充電器付きです。
コンセントに挿す、USBで、PC等に挿す、或は本体からの直接充電できる等、なかなか、使いがっては良いと。(嬉)

Photo_20200121153604 Photo_20200121153601

充電器からの電池の取り外しは正直、やり難いのが不満ですがネ、仕方ない?(笑)
電池にロック用のスライドラッチが有るんですがネ、コレをずらしつつ、電池を引き抜くなんて・・・。(汗)

コントローラーは、正にオモチャ感しかないDRONE X Pro用の物とは違い、スマホホルダーのアームからして程良い節度感、スティックは取り外して収納出来、アンテナも大き目の物を装備しています。

社外品の外付けスマホホルダーでG03を(余り、固定時の確実性が薄い(汗))取り付けるとこの様になりますな。
コレに、前の記事で書いたアンチグレアシールドを取付け、ライトニングケーブルを本体側、ワタシの場合はUSB(TYPE-C)の端子をスマホに取り付け、画像送信は基よりフライトデーターの転送をする仕組みですな。

Photo_20200121153703 Photo_20200121153607

コントローラーのホールディング性も高く、コレは満足なんですが、困ったことが一つ。
ソレは、スマホとの接続ケーブルがたった10センチ程度しかなく、スマホホルダーに取り付けられないからこその外付けスマホホルダーにG03を取付けると、ケーブルが届かない!!(怒)

Photo_20200121154501

社外品しか、代替品が無い模様で、しかも中国メーカー(生産ではなく)製ではどうやら、まり信頼できる製品が無いようだが・・・。

なんとか、見つかれば良いんですがネ、取り敢えず20cm程度モノを探す事にしていますな。

そして!!(驚)

Photo_20200121153605

このプロペラガードケージが・・・。(大汗)

デカい!デカすぎる!!

バックパックに入らんではないか!!(泣)(←前もって計るべきだろう!マヌケめ!!(笑))

仕方ない、バックパックのディパイダーと共に、カメラ用のレンズポーチでも探して、カラビナ等で付けるようにしようか。(泣)

アトは、たった一年で四千四百円もするんですがネ、機体の初期設定直前にDJIの保険に入る事にしましたな。

この保険は、自損(驚)、他損に拘わらず、一年間のみ二回まで、入会時に先の金額を収め、事故の度に五千円程度の出費で、機体を新品に交換(驚)してくれるサービスですな。

保険適用期間の延長が出来ないのは(ある意味)当然でしょうが、これは「超」初心者の私には必須の保険だから、一も二も無く加入しました。

結局、未だに初飛行が出来ない(法的側面は未だに確認中だが、警察での感じだと「ソコまで」気にしなくてもいいのだろうか??(ますます深まる謎と不安感))のが、残念ですが、二月には何とか・・・。(汗)

風も強いが、無風時に飛ばしてみよう。

(その四に続く)

2019年12月24日 (火)

DJI Mavic Mini Fly More コンボ、導入までの道のり(別に苦労もそれ程ではないが。(苦笑))2:装備品も揃えましたな。

Photo_20191223210706

イロイロと届きましたなぁ・・・。(安堵)

注文していた、諸装備品が今日に全て揃いましたな。

まずは、ショルダーバッグですな。

メーカー名すら分からない(勿論、中国製)ですがネ、大きさと収納容量と、四千円という価格(笑)に、目がくらみ購入しました。

もう千円も出せば、レインカバー(驚)付きのバックパックタイプもありましたがネ、Phantom等の業務用ドローンならいざ知らず、所詮はトイドローンの大きさでの機体容積なので、ショルダーバッグで充分だと思いましたな。

勿論、ファスナー等は止水機能も無いのでですな、雨が降れば終わりですがネ、そもそも、気象情報を事前に把握してからフライトに行くのは常識ですかならなぁ、航空機運用は。(除:全天候型軍用機)

それで、コンパートメントはこの様になっていますな。

Photo_20191223210704

ディパイダーはこれでは使えないので、エツミ当たりの物と交換予定ですな。(泣)

フラップ裏面には、二つのポケット(内、一つはメッシュですな。)を装備し、背面と、フリップ前面に多数ポケットを装備しているのがイイですなぁ・・・。

更に、今回は、手製のヘリパッド(苦笑)は止めて、形状記憶合金フレーム製で折畳も出来るヘリパッドを購入しました。

直径は550mmで、MavicMiniにはピッタリですな。

Photo_20191223210707

三カ所のグロメットにはペグ(オモチャみたいなプラペグ三本同梱)が打て、強風時にも対策が出来る仕様ですがネ、遺憾ながらこの機体では強風時には勿論使えないと。(涙)

最後は、メディアと送信機+スマホ周りの装備品ですな。

まずは、スマホに嵌め込んで使うアンチグレアシールドですな。

折り畳めますな。

Photo_20191223210703
下の所がゴムバンドになっており、其処にスマホを通して使う訳ですな。

TORQUE G03の厚手の物でも何とかなりましたな。

Photo_20191223210702

それ以外では、送信機の本来はスマホを挟み込むスマホラックに更にベースプレートを挟み込み、更に、ボールジョイントで接続されたスマホラックにスマホを装着して、一段、送信機から飛び出た、そう、モニターとして使い勝手を向上させるためのラック、そして、今回は、以前から気にしていたものの、今回ようやく購入した風速計(教科書のガイドブックにも必携とありましたな。)も購入しました。

Photo_20191223210705

そして、マイクロSDカードも勿論届いていますな。

さて、年末年始は、実家の近くでこれまた少なくとも航空法上は大丈夫な、空域にて初期設定及び、初飛行だと。

楽しみですなぁ・・・。

(その三に続く)






2019年12月22日 (日)

DJI Mavic Mini Fly More コンボ、導入までの道のり(別に苦労もそれ程ではないが。(苦笑))1:早いじゃん!(驚)だが!!(汗)

Mini

オイオイ、発送は二千二十年の一月二十日頃ではなかったのカネ?(驚)

突如、ヨドから発送連絡が来て、本日、受領しましたな、Mavic Mini (Fly More Combo)・・・。

外箱はこんな感じで、白いシンプルな内容ですな。

Photo_20191221223201

発注したのが、今月の二日だから、かなり早いお着きと。(苦笑)

DRONE X Proとはえらい違いだ。(笑)

今回は、イヨイヨ、本格的な機体を手に入れたのでですな、装備をまずは揃えていこうと考えましたな。

まずは、当然ですがネ、記録メディアからですな。

この機体は、滞空時間は公表性能上では十八分ですがネ、勿論、ギリギリまで飛ばせる筈もない事は、DRONE X Proで経験済みですな。

第一、気温の高低で更にブレるハズ。
尤も、メーカーのふれこみでは「低温時でもスタミナ切れがない」等と謳っていますがネ、ンなワケはないでしょうなぁ。(笑)

となると、最高画質で、十五分程度(長くても)動画撮影したとしても、必要なデータ量は恐らくは推定ですがネ、5G程度でしょうなぁ・・・。

電池は、予備も含めて三本だから、要するに16G有れば余裕でしょうな。

ソコで、今回は、現在、ステップワゴン(RP3)のドライブレコーダーにも採用しているマイクロSDカードのサンディスクの高耐久型モデルのハイエンデュランスの16Gにしようと思いますな。

このモデルの場合は、静止画用規格では、HCクラス10で、動画記録規格でもV30、データ書き込み速度規格U3の性能がありますからなぁ、問題にもなりませんな。

だが!!(怒)

アノAmazonですら、売っていないと。(驚)

ソコで遺憾ながら、同一商品の32Gを一枚購入する事にしましたな。

今回は、更に(ようやくですがネ。(汗))、教科書で本気で勉強をしてみました。

Photo_20191221223202

・・・ナカナカ、分かり易い本ですな。

それにしても。(大汗)

自分では一応、航空法と無線法、ソレに小型無人機等の飛行禁止法(だったかな?)は調べて理解してい居たつもりが。(泣)

恐らく、この本の説明が正しければ、機体重量が200g切ろうと、要するに当局に飛行許可申請が必要なのか?(謎、と云うよりは、更に確認中)

このままだと、ヘタすると、上記の規制法規の他には、迂闊でしたがネ、道路交通法に加えて更に、上位法である刑法部分は基より、民法の権利侵害に該当する。(汗)

・・・(場合がアルかも知れない、つまり、訴訟沙汰になる)様な気がする。

ただなぁ。(疲)

申請を出す事自体は、若干メンドクサイ程度で良いんですが、警察と国土交通省に出すわけで、お役所仕事だから凄く時間が掛かると。(血涙)

しかもその申請理由が、単に「趣味のため」では、とても許諾が降りるとは思えない。(苦悩)

何れ、平日に休暇を取った際は、警察等に行き、申請用紙を手に入れて話を担当官に聞きつつ、「ドウいう感じなのか?」と云う事を聞き出してみよう。

何れにしても、今回、本体のキット以外に買い込んだ装備は以下の通り。

1.マイクロSDカード(32G)1枚
2.風速計1個
3.ヘリパッド1枚
4.送信機に装着するスマホホルダー(金属製)
5.スマホに装着するアンチグレアシールド1枚
6.付帯装備を含めた装備品一式を全て収納出来るショルダーバッグ1個
7.DJI純正、化粧プロテクターシート1セット(二月発送だそう。(泣))
8.DJI純正、プロペラホルダー(同上)

・・・コレに、ジンバル付きカメラのレンズを保護する、及び、光の乱反射を抑えるCPLフィルターみたいな物が必要なんでしょうがネ、コレに限っては適切な製品が無いんだと。(号泣)

本来であれば、早速にも初期設定すべきなんでしょうがネ、未だに上記の1から6までの装備品が届かないので、取り敢えず、スマホに飛行制御用アプリのDJI Flyとやらだけインストールして置こう。

装備の到着が待たれますなぁ。

(その二に続く)


2019年12月 6日 (金)

DJI Mavic Mini Fly More コンボ、購入。しかし・・・。

20_l

(息子)「ナンでなんだ!!(激怒)」(←そして、甚く意気消沈)

(嫁)「残念ね、多分おとーさんのセイね。(苦笑)」

(私)「・・・、スマン。(血涙)彼女のご両親は、快諾だったのに・・・。(号泣)」

何の事かと?

ソレは、先日、息子の彼女(他称)を招いてのキャンプの予定が・・・。

雨の予報で、中止に。(号泣)

先方のご両親は、何故か快諾(マジに謎)で、且つ、父親とは、割と職場が近い事が判り、実はお互いによく知っている新橋某店の飲み屋で待ち合わせして、飲んだくらいでしたが・・・。(無念)

その週の木曜日までは、週末は快晴の予報であったのに・・・。(涙)

金曜には、週末は雨だと!(怒)

(息子)「本当に残念だよォ。」(意気消沈)

(私)「今度、彼女を家に呼べ。イヤなら、ドコかでお食事会だな。」

(嫁)「・・・。そうね。」(←なんだか、嫁の様子が変なんですなぁ。(謎))

ソレで。

彼女の父親と飲んだ時に、ドローンの話になりましたな。

彼女の父親は、飛行機の機動制御装置のシステムエンジニアだそうですな。

それで、アノ操縦が非常に難しいワタシのDRONE X Proの話になったんですが・・・。(汗)

(父親)「・・・その内容では、難しいでしょう。第一、機体の四隅に搭載されるモーターのトルクと回転数、それに、プロペラの回転方向、右は左方向、左はその逆に回ることで偏心を打ち消したうえで、各モーターが「全て」同じ性能を常に(←ココがミソですな。)発揮できないと、推進力のトルクバランスが保てないから、機体は垂直に浮く事もないでしょう。やはり、ソレなりのメーカーのソレなりの機体を買う方が良いのではないですか?」(笑)

・・・。(驚)

成程!
だから、ホバリングが安定しないし、操縦がとにかく難しくて息子ですら、苦戦するということだったのか!!(納得)

しかしなぁ・・・。(汗)

「法的」に、機体重量(=機体+電池込みの機体重量のコト)が、200gを越えると、警察に申請が必要になるし、飛行技術がそれなりに無いと飛行要件を満たす事も儘ならない・・・。(悩)

有名なメーカーのDJI社を始めとして、真面な機体のその殆どは機体重量が500g越えの製品ばかりで、要するにお手軽に楽しむのはほぼ不可能だと。(ついでに価格が、十万円以上で、高過ぎる。(泣))

などと、考えていたらですな。(驚)

なんとその、DJI社から、一般ユーザー向けの機体のMavicシリーズのMiniを発売するのだとか。(彼女の父親から教えて頂いたんですがネ。(苦笑))

機体重量は本国仕様の電池の重量を半分以下にして、「軽量化」し、なんと、199gだと。(驚)

送信機との信号受信可能距離は実に2000mで、低温時でも安定した飛行が可能!

コレに、プロポ、予備電池二本、多数個充電対応用の充電器、コード、予備プロペラ三セット、キャリングケース、止めにプロペラガードと云うよりはケージ(汗)付きの「Fly More Combo」キット、実に六万円・・・。(悩)


DRONE X Proに要した資金量のザッと三倍か。(呆)

199gと謂えどもココでも重量はほぼ倍増だが、飛行可能時間は18分、つまり、15分・・・。(悩)

(彼女の父親)「あのう、私もキャンプにご一緒して良いですかネ?」

(私)「モチロン、大歓迎ですが、テント他の装備が無いから、レンタルしてください。または、ご家族皆さんでなら、いっそ買っちゃうとか?(笑)」

(彼女の父親)「お勧めあれば、教えてください。それとMavic Miniが有れば、イロイロと撮れますよね♪」

・・・あ、イカン!!

ヨドで、思わず、購入ボタンを。(しらじらしい。)

今回は中止には成りましたがネ、来春のキャンプが楽しみになりましたな。

年末年始の帰省時には、実家の近くの飛行可能空域で練習ですな。

だが!!(怒)

(ヨド)「製品の発送は、2020年の1月20日ごろになります。」(笑顔)

・・・間に合わんじゃん!!(血涙)

仕方ない、暫く待つとするか。

楽しみですなぁ。













その他のカテゴリー

ARAYA RALEIGH(Bike of British manufacturer) ATM-09 STTC スコープドッグターボカスタム Bicycle maintenance tools BOEING F-15E STRIKE EAGLE Canon Digital SLR/Instamatic Canon EF Lenses DDV192 海上自衛隊いぶき級多用途運用護衛艦 DJI Mavic Mini(JP) GUNDAM Barbatos Lupus HONDA FIT Shutlle1.5X(4WD) HONDA Motorcycle HONDA STEPWGN SPADA 1.5DSTurbo (2WD) HONDA JADE1.5RS DSTubo (2WD) Hyperstech DRONE X PRO (POCKET DRONE) J.G.S.D.F. M.B.T. TYPE74(アシェットコレクションジャパン週刊) KUOTA(Bike of Italian manufacturer) MARUSHIN INDUSTRY 1/1MODEL GUN Memory of The Wuhan virs(cold) MINOLTA Hi-end Instamatic ModelingTools(PlasticModel) MS-14F ゲルググの系譜 My AudioVisualSystem My Family AutoCamp Nikon Digital SLR/Instamatic PENTAX DA Lenses PENTAX Digital SLR Review of MINOURA product RGM-79 GM RX--93-ν01 νガンダム (Ver.Ka) RX-0 ユニコーンガンダム1号機 ユニコーン S.F.3D ORGENAL/Ma.k Z.b.v.3000 Talk of bicycle Talk of Digital Camera TAMIYA 1/10 RC HOLIDAY BUGGY(2010) TAMIYA 1/16 King Tiger (2010) TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRX TAMIYA 1/48 Ⅵ号重戦車 TigerⅠ THE Kakaku. Com unpublishing review TREK(Bike of American manufacturer) WATCH and Goods その他 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ゲーム ゴッドケロン スマートフォン パソコン・インターネット 妖怪ウォッチ 宇宙戦艦ヤマト2199 旅行・地域 日本帝国陸軍キ-84-1A四式戦闘機疾風 映画・テレビ 眼鏡 馬鹿なオッサンの退屈な日々

カテゴリー

無料ブログはココログ