カテゴリー「妖怪ウォッチ」の11件の記事

BANDAI プラモデル他

2017年5月16日 (火)

やはりなぁ・・・。(汗)

バンダイナムコHD社は最近の決算発表で、思わず納得するお話がありましたな。

ソレは何かと?

オモチャの売れ行きに於いて、一時は狂乱状態であった「妖怪ウォッチ」関連の売り上げが前年比で三割程度にまで激減したそうですなぁ。

・・・やはりなぁ。(納得)

子供が大好きなアニメとは。

1.ドラえもん
2.クレヨンしんちゃん
3.ポケモン

・・・辺りに加えてウルトラマン系が続くと思いますがネ。

今、息子が熱中( 六年生だろ?熱中するなよ(泣))している、アニメのケロロ軍曹がそうであった様に、結局コレも国民的な子供向けアニメには成れそうにないか?

あ、コレもBANDAIアニメか。(笑)

ケロロ軍曹はともかく、妖怪ウォッチは、余りにも内容にパクリが多過ぎる。

最近では、何だか画風を変え、ゲゲゲの鬼太郎のパクリに走っている様でですな、ウォッチは「黒いウォッチ」とか云っては新しいおもちゃを乱発状態でリリースだと。

・・・。

こうなってはまず、状況の好転は無理でしょうなぁ。

在庫調整して価格を釣り上げるどころか、不良在庫の処分自体が現実の課題となるでしょうなぁ。

思うに、ケロロの場合はガンプラを前面に出しすぎ、失速したんだろうし、妖怪ウォッチも過去のネタをパクる事でしか話を企画する事しか出来ずではやがてネタ切れとなり、つまらないのでオモチャが売れなくなったと云う処か?

実際、映画版の話が呆れるほどツマラナイ。

今年の年末はどうなる事やら。

(息子)「おとーさん、大変だ!(汗)」

(私)「なんだ!?」

(息子)「ウォッチのデータ更新、去年から忘れてた。」(←メダランドとやらのサービスがあるんですな。)

(私)「は?もうイイんじゃないの?」

(息子)「そんな事無い、頼むね。」

・・・、ま、まだ当分は続くかも?

2016年2月15日 (月)

・・・、息子よ、やはりお前もか。(号泣)

昨年十二月十八日。

スターウォーズEP7を観に行った翌日に息子と行きましたな。

妖怪ウォッチの新作映画。(涙)

既に、お題目から始まり、話の内容は忘れましたな。(汗)

ただ、去年の映画の予告編とは全然違う話で、私はもう五分で観る気が失せ、そのママ昨年同様に爆睡だと。(怒)

実際、当日の映画館は疲れた表情の親御さんと目を輝かせているお子さんの集団で一杯でしたがネ、上映中は親御さん達もモチロン爆睡だと。(笑)

で、今回も映画に行くと貰えるのは子供限定の妖怪メダル。

閻魔大王ですな。

閻魔大王というのは、中国の確か十王信仰だかなんかの中に出てくる神様であって、妖怪ではないのでは??

(息子)「そんなのド~でもイイの!」

・・・確かに。

ソレで、帰宅後。

(息子)「アレ?」

(私)「どうした?」

(息子)「ナニも(時計が)云わないよぉ!」(泣)

それで、故障の可能性も考えつつ、BANDAIのサイト見ると。

ナニィ!

妖怪ウォッチU1プロトタイプ(←ナニが、プロトタイプだ!)でないと駄目だとぉ!!(怒)

またかよ!

また、新しいおもちゃを買えと云うのか、フザケンナ、BANDAI。

だが!

U1

息子は、正月にお年玉でサッサと購入しましたな、U1。

価格は2800円だそうなんで、量産型のDXとゼロ式の半分位の価格でスグに購入できるとは。(呆)

SDカードで、専用サイトからデーターをDLし、バージョンアップでき、電池は高いボタン電池からエネループ対応となりましたな。(一応、要望は聞いた訳だ。)

どうやら、データーは毎月更新される様で、息子に毎月頼まれそうでめんどくさいですなァ。(号泣)

だが!

今度は、妖怪パッドの新型が出るだとぉ!!(激怒)

息子の眼にとまらない様にするにはどうすれば?

・・・泣けますなぁ。

2015年5月31日 (日)

BANDAI NONスケール BIGり!ジバニャン製作記3:ペーパー掛け完了しましたな。

(その二からの続き)

あのまるで運河のような溝をワザワザ自分で作ってしまった状況を、一体ドのように修正するつもりなのか??(血涙)

答えは勿論、一つのみ。(ワタシの場合は)

イザと成れば、(合法的範囲内で)手段選ばず、情けも、議論も無用という状況で力で制圧。(ガキの時分からいつも最後はコレだった・・・。(汗))

で、どうするのか?

ホルダー上のパーツの全端部を、デカいニッパー(電気工事用)で、突き出してしまった長さの分だけバキバキ(汗)と切り飛ばして、あとはペーパーで整えると。

上手く行きました。(安堵)

で、今日は、ペーパー掛けですな。

Photo_3

何でブロワーが有るのか?

コレはもう九年も使用して居る通常は、レトロスペクティブ50のバッグに入れっぱなしの物ですが、削りくずを吹き飛ばすために使って居ますがネ、面倒なんで、先程、ヨドで「専用」を注文しましたな。(笑)

更に今回は、何でも「専用で、職人が一級の材料を用いて限定で造るハケ(模型用)」とやらを三千円弱もするブラシも買いましたが・・・。

イマイチですな。

Photo_4

ペーパーは最近は、スジボリ堂の張替式に、ゴッドハンド社の神スポンジヤスリとやらを使いながら、行いますがネ、スグに終わりましたな。

クリヤパーツの「人魂(?)」は、大のジバニャンだろうと小だろうと付属していますがネ、接合面が出る以上、透明なままではムリなんで、端から塗装するつもりですな。

Photo_5

BIGな、胴体パーツや耳、そしてウィスパーに関しては割と段差が出ていましたがネ、コレも終わりましたが、ウィスパーがともかく面倒でしたな。

Photo_6

さて、ココまでくれば、あとはまずは目玉パーツを塗り切ってから頭部を貼り合わせ接合面のペーパー掛けさえ終われば、塗装のみとなりますが・・・。

ナカナカ、マスキングが面倒な感じですなぁ。

頑張るとしますかな?

(その四に続く)

2015年5月30日 (土)

BANDAI NONスケール BIGり!ジバニャン製作記2:どうすれば・・・。(トホホ)

Photo_4

・・・。

一体どれくらいご無沙汰なんで有ろうか?

久々に製作しましたな、BIGり!ジバニャン。(大汗)

今日は、取り敢えずゲート処理後のパテ盛りですな。

その殆どをラッカーパテで行いつつ、ポリパテで埋めたパーツ類は気泡を埋める、つまり目止めの為にもパテ盛りをします。

それにしても、パーツ類の一つ一つがまぁ、ヤマトやRX-0 ユニコーンガンダム程では無いとしても、大きいのでパーツ同士の合いは悪くはないモノの段差が出来やすい様ですな・・・。

今の段階では、尻尾のパーツはかなりの段差が出来るので場合によりポリパテで修正に出た方が良いかも知れませんし、胴体部にも出ますな。

Photo_5

それに、ウィスパーの場合は、私が購入した製品では割と隙間も出来そうな感じで、彼のトレードマークのウ○チみたいな、イヤ、「トグロ」の様な頭頂部及び脚(?)のトコロがもう、早速にペーパー掛けが面倒な感じと。(号泣)

何だかそれなりに時間が掛かりましたがネ、パテ盛りは終わりました。

実際にはこのキットを完成させる場合は、この後、まずは目玉のパーツを先に塗装後、デカい、いやデカ過ぎな頭部のパーツを貼り合わせてから又しても接合面を消して塗装する必要が有りますな。

ダボ等は割と径の大きい物で構成されるとはいえ、デカいですからなぁ、どうしてもたわむし、接合面が割れやすいのは自明なんで、取説だと単なる嵌め込みだけのキットでしょうが、私の場合は接着できる、又はした方が良い部品は全て接着する事にしていますな。

これで最低限の剛性を確保するという事ですな。

だが!!

ココで重大なミスが。

目玉のパーツを入れ込む巨大なホルダーの様なパーツを頭部外装パーツと挟むように製作するんですがネ、このパーツもモチロン接着しているんですが・・・。(号泣)

やはり歳で、目がなぁ・・・。(←云い訳)

Photo

シッカリ奥まで差し込まれていない状態で、接着されてしまった!!(涙)
隙間が出来ているではないか!!(血涙)

当然、この隙間の分だけパーツが前に出るので、パーツが合わなくなる。

落胆しながら、外装パーツの前後を取り敢えず合わせてみると、やはり、運河の様な隙間が・・・。(号泣)

Photo_2

何と云う事だ!!
これをどうやって修正すれば??

・・・泣けますなぁ。

(その三に続く)

2015年3月 1日 (日)

超合金「ジバニャン」購入。(汗)

Photo

オモチャの「超合金」・・・。(汗)

記念すべき第一弾の商品とは、アノ「マジンガーZ」(アイアンカッターとジェットスクランダー付)でしたな・・・。

今の息子より小さい頃、親にねだりにイヤ、交渉に交渉を重ねて買って貰いましたが・・・。

「ロケットパンチ」が、正にピーンとどこかに飛んでいき、ロストした後は家中を捜索するのが日課と成ったのがその苦い思い出でしたがネ。

ソレから、四十年近く・・・。

最新作を購入しましたな。(汗)

ジバニャンですな。(四千五百円程度)

台座は、ウォッチを模した台座に、専用妖怪メダル(ウォッチやパッドに装填する物より二倍は厚く、直径も一回り大きいので使えないのでタダの「飾り」ですが、コレを装填し、更に本体固定用スタンドを取り付けて完成しますなぁ・・・。

Photo_2

コレが、台座。

で、メダルがコレですな・・・。

Photo_3

上の台座に装填して、固定用スタンドを取付けると完成ですな。

Photo_4

本体は、ズッシリと重いのは、「超合金」の証ですがネ・・・。

最新のものは金属部分は要するに脚部と「腹巻」部分でですな、ソレ以外は樹脂製ですな。

目は、後頭部の摘みを引き出してから回転させる事で、三種類の表情を持たせられます。
また、頭部は上を向かせると口が(ほんの少し)開きます。

首と腕は可動出来るし、腕は「百裂肉球」用の交換用パーツも付いています。

Photo_5

後部の尻尾は人魂部分はプラモデル同様クリアパーツですが、根元ノミが可動出来、根元を左右に回すと腰が左右に連動して振れます。

Photo_6

因みに、オプション(笑)として、水筒が付いていますな。

(息子)「あ、映画でジバニャンがしてた♪」

おとーーさん、寝ちゃったんで知らんなぁ・・・。(泣)

Photo_7

最後に、アクションとして百裂肉球(腕は標準で)を。

Photo_8

さて、息子はもう夢中で遊んでいますがネ、こちらも早くプラモデルを何とかせんと、ですなぁ・・・。

2015年2月10日 (火)

妖怪メダルおみくじに参加。だが!(疲)

ようやく最近は、普通の価格で手に入れられる様になったようですな、妖怪ウォッチ・・・。

ま、ソレが当然と云えば当然何でしょうがネ。

そうなると、次に問題となるのが、「妖怪メダル」の、枚数だと。

当然、現状では本体はようやく手に入れられてもそのメダルは中々手に入り難い。

息子は、概ね二〇枚程度しか保有して居ませんな。

(息子)「近所の、○○君は八〇枚位持っているのに、ボクは少ないんだヨォ。(泣)」

(私)「ソレだけしか持ってないんだったら、我慢するしかないぞ。」

しかし。

ウォッチが、まだ無かった頃(に限って)、ガシャポンでメダルを買う事が出来たんですが・・・。

最近は、それが無くなったんですな。

しかし。

(息子)「おとーさん、今度よどばしに行こうヨ。」

(私)「ミドリのオモチャは買わないぞ!」

(息子)「ちがう!おみくじに行くんだ♪」

(私)「ナニ、ソレ!?」

・・・と云う訳で、行ってみるとですな。

持っているメダルを三枚組み合わせてバトルさせてくじを引かせ、大吉が出たらレアメダルとやらを入手する事が出来るモノ、それが「おみくじ」と云うモノだったんですなぁ・・・。

・・・スゴイ行列。(血涙)

一センチたりともアホ面を下げて並ぶ行列に参加することは私にとっては精神的にも肉体的にも苦痛以外の何でもないんですがネェ。

・・・、折畳椅子を持ち込み並ぶ親子(ソレも5人家族と。(冷笑))も居たりしてマジに疲れますなぁ。

お一人様一回限りとあるんですがネ、この親子は要するに何回も「回転」しているわけで、ドンだけヒマなんでしょうなぁ。(苦笑)

また、例により「ルール違反」を公然と犯して、何回もやり続ける居座り組(タイプは二種類で、頭の悪そうなワカゾーパパとそのガキ組か、或はデブなイイ歳したオタク)と、後ろに並んでる親子とのトラブルも有り、ナカナカ順番が来ないと。(怒)

(息子)「おとーさん、ガシャポンして来るから並んでてね♪」

(私)「ナニ!自分がやるんだろ?なら、並んでろ。おとーさんを使うな!!(怒)」

(息子)「イイじゃん!退屈だヨォ。(泣)」

・・・全く困ったもんですなぁ。(疲)

その後、ようやく順番が来て、息子の能力が遺憾なく発揮され、大吉を出してレアメダルをゲットし(スゴイ!)、且つ、何とガシャポンでメダルの奴が復活していたらしく、今日は全部で五枚ゲットして帰りましたな。

それにしても・・・。

この妖怪ウォッチ商法はいつまで続くんだか?

(息子)「おとーさん、本当はねぇ、妖怪パッド欲しいんだけど。」

・・・またかよ?

(私)「でも、どうせすぐには買えないんじゃないのか?」

(息子)「さっき、売ってたけど?」

マジ?

・・・だが嫁は当然、反対だろうからスグには買えないぞ、息子。(汗)

ソレで、また翌週。

(息子)「行くよーー♪」

ハイハイ。(疲)

しかし!

メダルのガシャポンはもう終わりになっていましたな。

(息子)「もうおみくじはメンドクサイし(←安堵)、こまったなぁ・・・。(泣)」

仕方ない、パシフィックリムのをもう一回やって帰るか。

で、奴はプラズマキャノン発射時のジプシーを当てて取り敢えずは満足と。

ですが、コレはコレで、一回四百円は異常としか云い様が無いし。

何と云うか、もう子供のオモチャの話ではないような気がして親としては複雑な気分に成りましたなぁ・・・。

2014年12月23日 (火)

BANDAI NONスケール BIGり!ジバニャン製作記1:やっちまったよ。(汗)

Photo

我ながら・・・。(苦笑)

マダマダ、未完成キットが文字通り山積み状態なのに。(汗)

購入して(やって)しまいましたな。

BANDAI BIGり!ジバニャン(2100円程度)

全高は、MGのガンダム程度の大きさで、息子の製作したキットのほぼ倍の大きさと。

内容は。

Photo_6

今回は、頭の上に小さいジバニャンが載せられるとの事で、止せばいいのに(笑)ソレもついでに購入し、早速、パーツを切り出して、早速、ゲート処理しましたな。

何だかんだ云っても、ロボット物ではないのでですな、秒殺状態で完了でしたな。

組立説明書は、小さいのといずれは五十歩百歩の出来で、大して違いは無いですし、クリヤパーツ等の構成も変わらない・・・。(汗)

Photo_7

ただ、今回は、ウデと尻尾は多関節構造のポリキャップ可動だし、目も口も稼働するので表現も多彩ですなぁ。

あと、簡単に完成させられる様に相変わらずの塗装不要でもカラーリング的に問題がない様にパーツ割が配慮され、仕上げ用のシールも付いているので安心ですな。

Photo_9

遺憾ながら、「チョコボー」が付いてないですが。(号泣)

ソレに。

妖怪執事とやら云う、ウィスパーも付いていますな。

取り敢えず、目と口のパーツは塗装してから、頭部部品を張り合わせてから接合面を消すしか無いので、ソレ以外の部品は全て張り合わせましたな。

因みにウィスパーは完璧な表裏の貼り合わせ式で、全く気合が感じられない内容で、ややガッカリでしたがネ・・・。

しかしそれ以外の部分では、部品の軽量化のための肉抜き加工された部品が有るので、今回は、車のバンパーや板金修理に使用する多積層素材のポリパテ(当然模型用)を盛り付けましたな。

Photo_8

塗装乾燥用に使用する食器洗浄機に掛け、アッサリと乾燥させてから、カッターで荒削りしてから、ペーパーで成形しましたな。

Photo_10

・・・バンパー修理より数段簡単でしたな。(苦笑)

あとは、ココに出来た気泡と接合面が出来る他のパーツ類にラッカーパテを盛って成形すれば次はいよいよ塗装ですなぁ。(早っ!)

(息子)「なんか、ガンダムとかヤマトを作っているみたいだね、おとーさん。」

(私)「そうじゃない、プラモデルをどう作るかと云う事を考えて作業すると当然同じやり方になる。そう云う事だな。」

(息子)「ふぅーーん。まぁ、良いけど(←なんだぁ!?)、早く完成させてね。♪」

気楽ですなぁ・・・。(泣)

(その二に続く)

2014年12月10日 (水)

妖怪ウォッチ、旧と零式、(コッソリ)購入。(涙)

・・・エラそうな事を云ってみたトコロで、所詮は私も人の親の一人に過ぎないと云う事か。(号泣)

遂に買ってしまった。

Photo

BANDAI 妖怪ウォッチ DXと零式。

そう。

息子が、正に喉から手が出るほどに、欲しいモノにして、今、巷で最も人気がある玩具商品ですな。

ソレで、幾らで購入したのか?

定価ですな。

「ナァニィィーー!?(怒)」(←恐らくは多くの方々のご意見(笑))

プレミアバンダイと云うサイトを、未だに製作しても居ないRX-93-ν2 Hi-νガンダム ver.ka用の増加武装パックのキットを購入する時に知りましたがネ。

そのサイトで知りましたな。

定価販売の、「抽選販売コーナー」が!(フザケンナ、BANDAI。ンなヒマが有るなら、サッサと増産を強化すべきだろう!!)

それで。

私と違い、くじの「引き」が異様に強い、息子。

「このパソコン画面のボタン押せ」(私)

「なんでェーー?」(息子)

「イイからッ!」(私)

で、一撃で、二種類とも当選と。(凄過ぎるぞ、お前!!(驚愕))

「○○長!ドーやって当てたんですか?ウチは、ソレをもう十三回も落選してますヨォ。(泣)」(二児の父親の哀れな部下)

「・・・まぁ、必ず当ててやる、と云う気合だな。」(私)←エエ加減なヤツですなぁ。

コレで、奴のクリスマスプレゼントは万全と・・・。

だが!

「おとーさん、クリスマスはサンタさんでも、ゼロ式はムリだからボクは、妖怪パッド(←ナンだ!ソレはッ??)でいいや。」(息子)

オイィーー!!(血涙)

簡単に諦めるな、お前にはおとーさんにない才能がある。

クリスマスを楽しみにしていろよ、息子。

2014年9月 1日 (月)

「おとーさん、プラモデル買いに行こう。」(by息子)

・・・。(汗)

コレに付き合ったばっかりに、例のキットを二個も購入してしまった。(言い訳も甚だしい。)

先日、息子から提案(笑)され、ヨドバシに・・・。

最初は、ユニコーンの正に変形前のユニコーンモードを買うとか云って居たんですがネ・・・。

(私)「おとーさんは、もうおカネ出さないぞ。1200円なんてお金を、小学三年生のお前が持っているとは思えないけどな。」

(息子)「こないだ、オジーちゃんちに行った時に、お小遣い貰ったんだよ。あの時は妖怪メダルのガシャポン二回だけして、後はおカネ貯めてた。ソレに、最近、おかーさんから貰った500円のお小遣いも残してたんだ♪」

・・・流石人生ゲームで発揮した「計画的資金管理能力」のようですなぁ。(苦笑)

まぁ、その方が私の様に「ついつい」散財してしまう浪費家よりはナンボかマシでしょうがネ。

さて。

早速、二人で現地売り場に向かいましたが。

ソコには、妖怪ウォッチ関連のプラモデルが。

1.ジバニャン(ニャン♪)←息子の口から出てくるモノ(号泣)
2.ロボニャン
3.ブシニャン
4.キュウビ
5.コマさん(ズラ♪)
6.コマじろう(もんげーー!)
7.万尾獅子

・・・ナニ!?

価格が概ね、600円から700円の間と。

こないだ嫁が購入した時は確か1200円だと聞いた記憶が・・・。(汗)

コレも、「吊上げ商法」かよ!!(怒)

(息子)「おぉ!!あるニャーーン!!!(大興奮)」

(私)「・・・妖怪ウォッチだと簡単すぎるだろ?止めとけよ。」

(息子)「ボクのおカネで買うんだから、何でもイイじゃん♪」(←正論)

(私)「おとーさんは、ユニコーンがイイと思うがなぁ。」

(息子)「止めとく。(製品)番号順にコレ(このプラモデルシリーズ)を買う事にするよ♪」

と云う訳で、2のロボニャンを購入しましたな。

それにしても、シリーズの番号順に計画購入とは律義者メ。

結局、ユニコーンの半額程度のコストなので息子はこのあと、超々長蛇の列の妖怪メダルのガシャポンに並び、二回やって何でも「キラキラメダル」とやらを一枚入手して大満足と。

だが、別途で行われるメダル交換器みたいな物の方は、その列の長さにですな、元々並ぶのが大嫌いな私としては正に「我慢できない」長さなので止めようぜと提案したらですな、アッサリ「そうだね」と云う事で助かりましたな。(汗)

私はその後、ゼロ戦の製作に必要なエッチングノコギリと鉛のワイヤー(ブレーキライン用)を購入するだけと決めていましたがネ、結局、一万円近く散財し、RX-93 Hi-νガンダム ver.kaとクシャトリアを・・・。((うれし)涙)

帰宅後、又しても秒殺状態で完成。

また、シールを貼れと云ってきましたがネ、訓練(笑)のためにも、「耳(実は難しい)だけはお前で貼れ」と云いましたが、チョッピリしわになる程度で出来上がりましたな・・・。

Photo

・・・云いながら、私もウマく貼れませんでしたが。(血涙)

折角仲間が出来ると楽しみにしていたのに、駄目になったユニコーンが頭を垂れている様で、笑えますなぁ・・・。

因みにモデルは、ロケットパンチのウデとチョコボーが付いていますな。

(息子)「次は、キュウビかぁ。楽しみだけど、何時買おうかなぁ。」

・・・キミなら、おとーさんと違い、計画的に最適時期に購入できるさ。

次の課題は、ピンセットを使いながらのシール貼りだな。

早く、一人で組み立てられるようにガンバレ、息子。

2014年8月 4日 (月)

・・・。幾らなんでもなぁ・・・。(怒)ヒデェ!!

・・・。

最近の息子の言動にやや不快感が・・・。(怒)

「・・・ニャン♪」

「・・・ズラ♪」

・・・ニャンはともかく、次のは、住んだ事も無い東北辺りの方言か??

(私)「ナンだ!その口の利き方は?正しくしゃべりなさい!!(怒)」

(息子)「エ?コレは妖怪ウォッチで出るんだよ?」

(私)「妖怪ウォッチ?ジバニャンか?」

(息子)「そうだよ♪」

私には妹の子供の甥(11歳)が居ますがネ、彼はゲームマスターなんだそうな・・・。

(甥:電話)「伯父さん、こないだ伯父さんとこで見たデカいヤマトの代わりにガンダム買ったんだけど、うまく出来なくてさぁーー。」

(私)「そうか・・。良く説明図を見て慎重にな。ところでさ、伯父さんの所の○○(息子)がさ、妖怪ウォッチに夢中でさ、アレはゲームのか??」

(甥)「そうだね、ボクは、流行る前にスグにゲームクリアしてたんで、興味も無かったけど。(笑)」

九州は福岡の会社のレベルファイブとか云う会社が製作したようですな。

私が兵庫に居た時にはガンダムAGE(商売的には大失敗だった様ですがネ。(汗))とかも企画で手掛けた会社の様で・・・。

さて。

(息子)「おとーさん、欲しい物があるんだけど。」

(私)「・・・買わないぞ!」

(息子)「何もマダ云ってないんだけど。(汗)」

(私)「ミドリのオモチャか、さもなくば妖怪ウォッチだろ?」

(息子)「サスガ、おとーさん♪ソレのゼロが欲しいの。」

ソレで、息子に内緒でツタヤディスカスで借りましたな、「妖怪ウォッチ」・・・。

・・・。(怒)

ナンだコノ企画??

要するに、ポケモンとガシャポン関連と、ソレにドラえもんの要素を詰め込み、正に「死角無し」企画だが、その一方では「イイトコ取り」な猿真似な企画だとも云える内容で、やや辟易しますなぁ・・・。(泣)

確かに、まず確実に売れるんだろうが・・・。

ソレで、息子の欲しいオモチャには実はバージョンが有るようで・・・。

ゼロは要するに「2」で、その前には「1」の規格が存在する。

ですが、ソコで使うアイテム(妖怪メダル)は1と2とでは規格が違い、使えない。

つまり!

親は一々とシリーズごとの「時計」を買い替え続ける羽目に。(血涙)

しかも!

カメラの限定版製品でもそうですが、ゴミの様な「転売業者」のお蔭で株価の様にオモチャの価格が釣り上がっているではないか!!(怒)

ナニ!?

3500円が、9000円だとぉ!!(激怒)

え?

ネットやTVでも報道されている様ですがネ、ヤフオク方面での最高値は15000円だそうですなぁ・・・。(呆)

ソレでも、「我が子(孫)可愛さ」にこのクソ暑いのにヨドバシとかでは親(祖母/祖父)が並んで購入と。(涙)

・・・転売業者には行き渡ってもマジに欲しい子供は買えないし、買うとなると定価の何倍ものお金が要ると。

・・・幾らなんでもなぁ、酷い話だし、間違って居ますなぁ。

尤も、生産調整しているバンダイ(ガンプラ、タマゴッチ、そしてこれですからなぁ、正に「常習犯」だが。)と商社、そして程度の低い転売業者に対しては「規制」を設ける様に今後は動くんでしょうがネ。

(私)「高過ぎて買えない。諦めろ。」

(息子)「なんでだよーー!(号泣)」

(私)「外で出来るラジコンより高いんだよ!ムリだろ?それくらい解かる子に成りなさい。」

(息子)「エ!?そうなの??・・・ならイイや。」

(私)「いいぞ、我慢するんだ。その代り、本を買ってやる。」

彼には「妖怪ウォッチ百科」とやらを買い与えましたがネ、貪る様に読んでますな。(大汗)

しかし・・・。

こんなオリジナリティも何にもない話が売れるようでは、業界としてドンだけ人材が不足しているんやら・・・。

何か泣けますなぁ。(泣)

より以前の記事一覧

カテゴリー

無料ブログはココログ