2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

カテゴリー「パソコン・インターネット」の21件の記事

2020年9月17日 (木)

マイPCシステム到着サル。だが!!

Newpc_20200916200101

今回は、結構悩みましたなぁ。(疲)

ですが、本日(土曜日でしたがネ。)ようやく届きましたな、私のNewLIFE BOOK(=ノートPC)と、EIZO製のモニターと遮光フードと。(嬉)

ですが。(大汗)

今回は、もう歳であることも災いし、かなりキツイ設置作業となりましたな。(涙)

まず、当日は、自室の掃除の日なので、古いデスクトップPCと、モニターをどけるために机に張り巡らせてある(苦笑)、山田照明のZライト三種類を撤去し、部屋中のキャンプ道具やら、模型道具やら諸々を室外に移動させ、掃除機をかけ、雑巾がけや埃を取りまくり、とどめにそれらを戻した後、AVシステムのクリーニング、ラストはバイクの洗車と調整整備でほぼ一日がかりだと。(バカですな。)

疲労困憊の中、いよいよお楽しみのセットアップだと。

だが!!(怒)

Windows10での初期設定はこれが初めてで、一応、マニュアルも読み、驚きでしたがネ、初めて電源を入れるとビープ音とともに「ネットには繋がないで!!」という注意書きが出るんですな。

妙な感覚を持ちつつ、セットアップが始まると、途中で「ネットに繋ぎましょう」的な画面が・・・。

ココで、マニュアルをもう一度確認すれば良いものを、「いつもの調子で何も考えず」にネットに繋いでしまったワタシ。(血涙)

ココは、ネットに繋がない方法で行わないとどうやら、無駄に時間がかかるようなんですな。(だから、注意書きが出るというワケだ。(涙))

後悔先に立たず、覆水盆に還らず・・・。

のっけから、そう、まだ、何もしていない状況からF12キーで、初期化かよ!(激怒)

ですが、一応、OSのセットアップは完了したので、まずは、セキュリティのウィルスバスタークラウドを入れ直して、余分な付属ソフトを根こそぎアンインストールしてから、逆に必要な、Canonや市川ソフトラボ(SILKYPIX Developer Studio9他)のソフトを入れまくり、壁紙やら、なんやらを設定してから、今度はモニターを設置して、カラーキャリブレーションなんぞは後回しにして、PCと接続して映るか確認したら、問題はないと。

ココで、コーヒーを一杯飲んで休憩後、いよいよ問題の外付HDD二基からの写真のファイルの引っ越し作戦なんですが・・・。

手許にあるのはたった8GのUSBメモリー(USB2.0)のみ。

デスクトップ内にある必要なファイルはこれに移して、移動させるしかないのですがネ、やってられないので、HDDに移動後、HDDを直接取り付け、移動させることに。

Newpc_20200916200102

ですが、USB2.0規格の転送速度では精々が、20MB(血涙)という速度で、2Tの移動には3時間、500Gでも一時間程度はかかり、疲れましたな。

「で、ソレ(=HDD)は捨てちゃうの?でも、中身を見られたら??(謎)」(嫁)

・・・、そうか、HDDの消去な。

今までは、初期化してPCなどは富士通のお抱え業者に頼んでいたが、今回はコレの処理を考えてみないとなぁ。

それで、その消去するためのソフトを買いましたな。

Newpc_20200916201101

なんでも、ファイルの抹消の規格にはグレードが6種類あるようで、それが選択出来て、あとはお任せで消去してくれるとか。(ホントかな?)

一応、会社のIT部門の人に相談したら、別に最高グレードなんてイイケド、最低でも真ん中くらいにしたら、との事だったので、とりあえずグレード3とやらで開始と・・・。(大汗)

無茶苦茶、時間がかかるではないか!(驚)

Newpc_20200916201102

感覚的に、1T消去するのに、真ん中のグレード作業で15時間だとぉ!(呆)

コレだと、最高グレードではドンだけなんだ??(苦笑)

最終的には、最後の方でブーストが掛かったのかは知りませんがネ、2T消去に23時間程度を要しましたな。

これを書いているところでは、500Gを消去中ですが・・・。

終わったらまだ、本命のPCの作業がなぁ。

こんなに時間がかかるモノとは。

驚きですな。








2020年9月13日 (日)

七年振りにPCを買い替えようと思いますな。(苦悩)4:外部メモリーバンクを考える。

(その三からの続き)

Pc-ssd

さて、今回は、二〇二〇年以降の私の新パソコンシステム(大げさ過ぎ)の最後の検討部分の外付け式メモリーバンクの再検討ですな。

何故それが必要となるのか。

ソレは、現行のシステムでは当然、外付けHDDを使用しているからですな。

Hdd

コレが、私が今使用している外付けHDDですがネ、二基を使っていますな。

右側の黒いのが二〇十二年購入(汗)のUSB2.0規格の2Tで、息子が三歳くらいの頃からの写真から現在撮影したファイルが入っていますな。

左側の白いのは、二〇〇八年購入(大汗)の同一規格の500Gで、これはフィルム時代の写真(プリント済み)から、息子が誕生して二歳くらいまでの写真を複合機プリンタで強引にScanして入れているモノが殆どですな。

肝心のPCには今までのモデルだとHDDにアレコレ入れると、それだけで起動時間やソフトの計算時間が遅くなるために一時保管ファイル以外には何も入れて居ませんでしたな。

勿論、別途でDVDディスクに定期的に更なるバックアップを取り続けてはいますがネ。(苦笑)

そして、一般的にはHDDの寿命とは概ね五年程度と云われている。
それ以前に、メカニカル駆動方式のHDDは壊れやすい。(汗)

という事で、もう寿命を大幅に経過しているHDDユニットを使い続けるのには無理がある。

今回購入したPCでは、ソフトとOSの計算部分は256GSSDが担当、主にファイル保管用に1THDDを割り当てられるし、この際は、外付けメモリーバンクの容量を削減して、且つ、壊れにくい(と、云われる)SSDにでもしようか。

メーカーは、I/Oデータ社や、サンディスク社辺りから凄く小さい(思わずビビる)上に防塵防滴、耐衝撃性能に優れたポータブル式のが多く出回っていて、容量と共に悩みましたがネ、ココは当然、今迄の使用実績からの信頼感でサンディスク社製の1Tのポータブルタイプ(二万円程度)にしましたな。

因みに、コレに感化された嫁もI/Oデータ社製の500GのSSDを購入しましたな。(汗)

Pc-ssd_20200912223402

箱からして、ムチャクチャ小さい!(驚)

バスパワー駆動で、電源が要らない。

但し、接続するUSB端子はUSB3.1(Gen2)TYPE-Cのみだと。

Pc-ssd_20200912223401

一応、付属品にはコネクタをC-A変換アダプタも付属しますがネ、コレは止めた方が良いような気がしますな。(苦笑)

本体は、正に名刺サイズで、超々軽量で、撮影旅行時にも普通に持ち運びが可能なんでしょうがネ、ココまで軽くて小さいと、思わずホテルとかに置き忘れてしまいそうで怖いと。(苦笑)

それより何より問題なのは、付属のケーブルが10cmしかなく、短すぎるので、50cmのケーブルを追加購入する事にしました。

さて、あとは、肝心のPCとモニターの現物が届くのを待つだけですなぁ。

楽しみですなぁ。

(終)

2020年9月12日 (土)

七年振りにPCを買い替えようと思いますな。(苦悩)3:外部モニターの検討。

(その二からの続き)

Photo_20200912212201

さて、今回は、外部モニターの買換え検討ですなぁ・・・。

現行使用機種は、二〇十二年製のCX240CNX(ColorNavigator6ソフトとカラーキャリブレーションプローブEX-2同梱版:十万円程度。)の24.1ichのIPSパネル液晶バックライト方式のモニターですな。

再現できる色域はAdobe規格中間広域色から、sRGBの色域まで網羅でき、細かい調整も可能で、入力もDP、HDMI、DVI-Dの三系統を装備し、二台のパソコン間の使い分けも出来るように、別途A-BコネクタのUSB2.0アップストリーム二個、A-AコネクタのUSB2.0のダウンストリーム二個を装備したUSBハブ機能も持つスグレモノと。

最大解像度は1920×1200(WUGAX規格だっけ?)で、私のAVシステムの様な4Kモニターにでも接続しない限りはこれでも最高の性能が出せる上に、動画再生時でも残像現象が少ない不満が少ない良いモニターでしたが・・・。

今回買い替えた富士通製Lifebook AH WA/D3 KC W3A3のノートパソコンの映像出力用端子はHDMIのみだと。(号泣)

このモニターの場合、HDMI接続の場合は、調整機能自体が制限、Adobe規格の色再現は不可能になるので、コレでは宝の持ち腐れ状態だと。(涙)

使用時間は七年も使っているので、15000時間程度でもあるし、この際は買い替えようと思いますな。

要求性能は以下の通り。

1.画面の大きさは変えない。
2.sRGB色域までの再現性の確保
3.解像度も変えない。
4.入力も同じモノを装備している。
5.USBハブ機能はUSB3.0(Gen1)規格に。
6.スピーカー装備
7.重量は将来的にモニターアームに装着出来るよう100mm×100mmM4ネジ穴が装備され、6キロ以下。
8.消費電力が、小さい。(今のはすごく大きい。100W)
9.カラーキャリブレーション機能が有る事。

EIZO社の製品には大きく分けて、写真や、病院の手術等に使用する専門業務用モニターのColorEgeシリーズ(現使用)、一般使用や事務用にFlexScanシリーズが有り、私の場合はこれらのシリーズの内の24.1ichを探す事に。

FlexScanシリーズは、極薄ベゼルでかなり軽量(精々三キロ程度)で、低出力ながらスピーカー装備、その上、かなりお安い(三万円から五万円)が、勿論、カラーキャリブレーションなどできない。
DP、DVI-D端子も無い。

一方で、ColorEgeは、今と同じ様なデザイン、端子類やハブ機能(規格はUSB3.0)も現行と同等で、要求する色再現性と調整機能は当然、有しているが、なんせ高くて(八万円以上。:ソフトやプローブ抜きで。(泣))重く(五キロ以上)て、スピーカーが無い。

安いモデルになると仕方ないが、セルフコレクション機能(自動色調、輝度調整機能)が無いのがイタイ。(血涙)

更に、その中では、高性能機種のCGシリーズと廉価シリーズのCSシリーズでは機能に差が大きく、その分お値段も大きく差が・・・。(汗)

ま、今回は、DP接続はしないので、別にCGシリーズは要らないだろう。

だとすると、CSシリーズでいくとしてもなぁ・・・。(悩)

最低で八万円はなぁ。(涙)

だが!!(驚)

EIZO社直販モデルのCS-2410は、五万円台か!
FlexScanと余り変わらないが、モニターとしての機能が違う。

・・・と云うワケで、即決ですな。
因みに、一万七千円程度したのですが、今回も遮光フードを購入しました。

カラーキャリブレーションは、旧式だが使えることは使える、EX-2を新ソフトのColorNavigator7を入れて、時間がかなり掛かりそうだとは思うが、やろうと思いますな。(現行は高速処理型EX-4:一万七千円。)

Sp

なお、最近、現行使用のPCスピーカー(ロジクール製の千二百円。四年くらいで端子が壊れるので、一度買い換えていた。)が、壊れかけている感じだったので、サンワサプライ製の防水機能付き、バスパワーでも充電でも動くBluetooth接続スピーカー(五千円程度)を買いましたな。(コレ、JBLのClip2同様に、キャンプ等でも使える。)

USB3.0ハブ機能は、遺憾ながらアップストリーム用端子が一系統だけ(在宅勤務時に仕事用のPCが繋げんではないか!(怒))になったのはムカつきますが、ダウンストリームは三系統(内、一個は充電専用に設定可)でイロイロと使えそう。

重量も5.1キロ、消費電力は半分以下か。(嬉)

さ、あとは、USB3.0規格のA-Bコネクタのケーブルと、同規格の高速充電専用のUSBケーブルを仕入れよう。(苦笑)

PCと接続するHDMIケーブルは付属品でいくか。(多分極太で、長さ2Mは長過ぎるかもなぁ・・・。(悩))

さて、あとは実物が来てから見てみるとして、残りは・・・。

外部メモリーバンク問題だけですなぁ。

(その四に続く)

2020年9月 8日 (火)

七年振りにPCを買い替えようと思いますな。(苦悩)2:デスクトップか、ノートに回帰か。(悩)

Photo_20200908220701
(その一からの続き)

前回に挙げた問題点を考慮して、新PCシステムはどうするのか?

答えは、勿論、1.デスクトップで現状維持のスタイルか、2.ノートに戻り、従来回帰のスタイルかの二択でしょうなぁ。

現在、外部モニターとして使用しているのは、EIZO CX240CNX(OPとして、遮光フード付)。

EX2型カラーキャリブレーションプローブを使い、同社カラーキャリブレーション用ソフトcolorNavigator6(現行では7)を経由してAdobeの色規格の97%をカバーする広域中間色をも正確にカバーでき、しかも、キャリブレーション時の色調や、経年劣化による謎の色ノリ(=白い紙が黄色く見える等)を阻止する為に内臓コレクションセンサー二基を搭載してセルフコレクションする事も出来るスグレモノだと。

だが!

ソコまで、このモニターの性能を引き出すためには、PC側にDP(=ディスプレイポート)と云うインターフェースが必要になる・・・。(汗)

他には、DVIと、HDMI端子が有るが、それを接続すると、sRGB色域しかカバーできないし、微妙な微調整も出来ないと・・・。(血涙)

しかし、DP端子を装備するのは、富士通製の場合、デスクトップにしかその装備が無い。(悩)

ノートは嫁の「実物」で確実に確認できますがネ、映像出力は何と、HDMIのみで、新規格であるはずのUSB3.1(Gen2)TYPE-Cですら、映像出力機能がないとはなぁ。(ショボ過ぎ)

そして、画像投影能力と、動画再生時の処理速度確保のためには、アノ爆音冷却ファンを付けるしかなくなるNVIDIA系のグラフィックボードは無いよりは有った方が良いのだが、ノートには搭載できない。(物理的なスペースが無いから?(謎))

・・・。(苦悩)

しかし、デスクトップのままではデュアルモニターでもなく、機動性は皆無。
加えて、バックアップも出先では無理であるため、利便性が低い。

「そんな、写真絡みの(ド~でも良い)ワケ解からん部分はともかく、カネはよ?(謎)」(天の声)

共通部分は、メモリー32G、CPUインテルCore7i9750H、ストレージ容量256G SSD+1T HDD(予備)は同様にして。

デスクトップ・・・グラボ付(NVIDIA:4Gメモリー)、Blu-rayディスクドライブ付き、オフィス付で、約十九万円。

ノート1・・・モニター4K、UHD Blu-rayディスクドライブ(驚)、オフィス付で、約二十二万円。

ノート2・・・FullHDモニター、Blu-rayディスクドライブ、オフィス付で約十九万円。

「じゃ、デスクトップか、ノート2のどちらかかネ?(笑)」(天の声)

そうなんでしょうなぁ。

「・・・どうでも良いけど、そのテレビで出せる色は、他の人が持っている普通のテレビで出せるの?(謎)」(嫁)

「普通のモニターではムリ。どちらかと云えば、プリント(印刷)で最大の効果が出るな。」(私)

「じゃ、別に、ソレ(=広域色)が出ようと出まいと実質は関係が無いと云う事じゃん。(笑)」(息子)

「いや、現像の時に正確な色がな・・・。(汗)」(私)

「ソレは、写真で食べてる人には絶対だけど、週末だけのカメラマン(=ワタシ)には、要らないねぇ。(苦笑)」(嫁/息子)

ヒ、ヒデェ。(血涙)

しかし、WEB上で正確に色が出せれば良いと考えれば(レベルダウンだなぁ。(泣))、sRGBまでで十分か???(悩)

ならば、端子はソモソモがHDMIで良いし、どうせ最大解像度も1920×1200だし、それで良いのか。(泣きそう)


「おとーさん、パソコンも昔みたいに持ち運べる方がカッコいいし、便利じゃんか。(笑)ボクはその方が良いと思うけどな。」(息子)

・・・。

まぁ、そうするか。(呆)

優柔不断にも程がありますがネ、今回は家族の意見(多分に感覚的)を容れ、ノートで逝く事に。

機種は、春に嫁が購入した物とやはり同じですがネ、頭に来たので千円余計に出してメタリックブルーにしましたな。(苦笑)

来週には、届くと。

となると?

七年、既に15000H使用している外部モニターも、もはやソコまでの高性能は要らんし、買い替えか?(←オイ!)

悩みは尽きませんなぁ。(苦笑)

(その三に続く)






2020年9月 6日 (日)

七年振りにPCを買い替えようと思いますな。(苦悩)1:現状での問題点は?

Pc_20200906075601

・・・。(怒)

嫁の仕事机の机上は何でこうまで、汚いのか!(呆)

「イイでしょ!(怒)アタシの勝手です。」(嫁)

「・・・おかーさん、勉強(←仕事だろ!)終わって、机の上の本とか整理整頓もしなくてさ、コレで出来るの?(汗)」(息子)(←全く同感)

「うるさいわね!(怒)なんで家のオトコは、男のくせにこうイチイチ細かいの!?(怒)」(嫁)

「違うと思います!」(私/息子)

「・・・だから、ハモらないで頂戴。(苦笑)」(嫁)

ま、それはともかく。

私も、いよいよ七年振りに買い替えようかな?(苦笑)

現状で使用しているのは、デスクトップパソコン。

デジタルにカメラシステムが移行後は初のデスクトップで、それまでは基本的にはノートでしたな。

利点は、一も二も無く、「機動性」と、「バックアップ」ですな。

撮影旅行時には、まだ、ホテルにWi-Fi等の通信装備が無くても(十年くらい前まではソレが普通。)、携帯経由で通信できればそれで、周辺情報をTV以外で取れるし、撮影データをカメラに装填されているCFやSDカード内に置きっぱなしはかなり危険(特にCanon機ではネ(血涙))なので、PCのHDDにバックアップも取れるという事でノートを使用していたんですが。

半面、熱排出性能が低い、基本的にUSBポート部等からの故障が発生すると、修理が高額、と云うよりは即買い替えになるという部分が致命的で、且つ、小さく薄い筐体にデスクトップ並みの部品を詰め込むので、余裕が無く、特にメモリーやCPUの容量には限界があり、通常のNETや、オフィス系ソフトを使う分には、特に問題は感じないのですがネ、問題は写真の画像編集ソフトで、ROW現像等を行う時ですな。

これはかなりPCに負担と高性能化を要求してくるんですな。

私は、現状では、市川ソフトラボラトリー社製の画像編集ソフトのシルキーピクス9というソフトで、ROW現像をし、ブログ等の写真(大げさ)の画像編集には、同社のJPEGフォトグラフィー9を使用し、Canon純正のDPPや、過去にはAdobeの、フォトショップやライトルームというソフトも試してみましたがネ、イマイチなので、シルキーピクス3以降、ずっとバージョンアップを繰り返しながら、使い続けていますな。

ここ数年は、ネットで検索や確認作業しつつ、一方ではHDDから写真のデータを呼び出し、それを編集、オフィス系のソフトで情報整理のための操作もして、メールを確認しつつ、更に上の写真の様に不要な部分や隠したい所を消すようなソフト(今日、新バージョンにしたのに寧ろ、性能が落ちた様な。(涙))も使うので、其処を問題視して、デスクトップパソコンにしたんですな。

ついでに、ノートの時までは、デュアルモニターにしていて、これは便利でしたが、モニターの性能が低く、モニターもEIZO(ナナオ製)のカラーマネージメントシステムを装備した業務用カラー液晶モニター(CollarEdge)に変更もしていましたな。

PCとの接続は、このモニターの性能を最大限引き出せるディスプレイポートで接続しています。

デスクトップでは、非常に余裕があり、この七年、不具合等でPCを初期化する事も一度もなく、安定した動作で、ストレスも少なく快適でしたが・・・。

半面、機動性が大きく損なわれ、旅行先で撮影データのバックアップは出来なくなり、ビビりながらの撮影はややストレスでしたな。

また、NET動画を滑らかに再生でき、且つ、画像編集ソフトも高速で表示編集を出来るようにするために、グラフィックボードはNVIDIAとか云うモノを搭載したんですがネ、コレがかなり熱を持つようで、冷却ファンの音が超爆音です。(怒)

今も、私の横に置いてあるPC本体は「グォオ――!!」と、スゴイうなりを上げている始末と。(涙)

更に、モニターがシングルなのは、まぁ、この七年で慣れたとはいえ、やはり不便さがなぁ・・・。(汗)

メインで使用しているカメラのEOS-1D Xもイヨイヨ新型への移行を視野に入れた今年、武漢カゼ禍に見舞われこの分だと今年の購入は無いと思いますがネ、そのカメラも通信装備が新型の規格に追い付ている様だし、恐らく今年一杯は少なくとも旅行なんて論外だから、仕方ないが、まず先にPCを一新しておこうと考えた訳ですな。

要求する性能は以下の通り。

メモリー32G
CPUは、ドコのでも良いが、高速並列処理能力に長けているもの
ストレージはSSD
グラフィックボードは出来れば、高性能でありたいが、あの音では・・・。(汗)
モニターは、カラーマネージメントシステム抜きでも良い(デュアルモニター化も検討)
USB3.1(Gen2)TYPE-C端子を最低1個装備(EOS-1DMarkⅢとの通信には必須。)

こんなトコロですが、まずは色々見てみよう。

(その二に続く)

2020年8月10日 (月)

嫁の誕生日プレゼントに、I/Oデータ社製液晶モニター(21.5ich)と、モニターアームを贈りましたな。

Photo_20200810114302

今月は、嫁の誕生月。

前に記事にも書きましたがネ、ワタシは嫁と息子には「ナニが欲しいのか?」(←ニーズ)を確認もせず、自分の勝手な判断でプレゼントを決めて贈ることを続けていますな。

ソレで。

今年は何にしようかと考えてみると、最近、嫁の商売は武漢カゼのせいなのかは知りませんがネ、顧客ニーズの高まりが有り、新兵器のPCの装備充実もあってか、ナカナカ多忙のご様子と。

見ていると、ノートPCに装備されている15.7ichモニターだけでは何かと不便ではないかと言う事ですな。

ソレで、いつものように(苦笑)Amazonを眺めていると、タイムセールで一万円程度で見つけましたな、液晶モニター。

最早、中国製や韓国製品には殆ど用は無いので、当然国内メーカーのI/Oデータ社製の製品にしましたな。

接続端子が、出来ればDVI端子が有ればいいのに、VGA1系統と、個人的には接続の安定性が殆どない大嫌いなHDMI(AV機器もそうだが、とにかく接続の認識を「忘れる」、「誤認」が多い最低の規格ですな。(怒))の計2系統に加えて、彼女には必須のスピーカーとオーディオ用のモノラル端子1系統装備で、モニター自体も多少の画質調整が出来る様ですな。

重量も3キロ程度で、キャリングハンドルも装備した軽量型で、コレは余り嫁には関係はないが、一応は反応速度もマァマァなADSパネルの製品だと。(形式EX-LDH221DB)

台座には、スマホを横置き出来る溝、イヤ、スタンドを装備し、それを外せばモニターアームにも取り付け可能な仕様だと。(驚)

最初は、机に直置き方式使えばよいだろうと考えて、モニターのみ贈りましたがネ。(汗)

「だーかーらー!(怒)嬉しいんだけど、いつも何がイイか聞いてからにしてと何十年も前から言っているじゃないの!!ソレにね・・・。(悩)」(嫁)

「何だ?気に入らんかネ。(涙)」(私)

「そうじゃなくて、これだと、テレビ(←モニターだろう!)が大きくて、本とか置けないし、仕事中にモノとかが書けないから・・・。(悩)」(嫁)

そうか、では、その話だと嘗て自分がそうしていたように、モニターアームに取付けてのデュアルモニターでの運用しかなさそうだな。(汗)

Pc_20200810124601

上の写真は、今のシステムになるまでのワタシのパソコンですな。

ノートPCに三菱電機製のパネルにモニターアームを取付けて運用していましたがネ、このスタイルで行くしかないか、嫁よ。

ただなぁ・・・。(悩)

当時は、このモニターアームが非常に高かった事を強烈に覚えていて、今回もそうなるとコレはとても「贈り物」では済まんだろうなぁ。(大汗)

だが!!(驚)

今時は、すごく安いのがそこら辺に有るじゃないの!

・・・中国製なのが大変不安だが。

Amazonで見つけた製品の中で、比較的中庸な価格帯と性能を見て、ショックがガス式(中国製ではすぐ抜けそうで怖いが。(汗))でもたった四千円程度と。

・・・軽いモニターだし、コレにするか。(←テキトー)

で、本日、長すぎる梅雨が明けた途端に超猛暑でクーラーが真面に効かない部屋で取り付けた物がコレと。

Photo_20200810114301

「コレで何とかなるかもね。ありがとう。でも、来年は聞いてからにしてね!(←しつこいね。)」(嫁)

コレで、効率が上がり、ますます商売に邁進できればイイな、嫁よ。







2020年8月 1日 (土)

キーボードをFILCO製から、地元横浜企業のPFU製Happy Hacking Keyboard Professional JP(墨)に買い替えましたな。(血涙)

Photo_20200801143101

・・・、最初のモデルを購入してから、通算で四年程の付き合いでしたがネ。(汗)

使い難くて、というよりは些細な仕様がどうしても煩わしくてもう我慢が出来ない!!(怒)l

何の事かと?

ソレは、パソコンのキーボード、FILCO製マジェスティックMINIRA Airの事ですな。

当初はフルサイズの有線式の製品を購入したんですがネ、「軸」特性が合わずに、デザインは同じだが、軸が違うモノを購入して使用していましたがネ、二年前にテンキーレスのコンパクトな製品で且つ、無線式であるこのキーボードを購入して使用していたのですがネ。

冒頭の通り、現状では最早、限界と。

ドウいう事かと?

ソレは、無線仕様の恐らく他社製品に於いても共通の現象であろう、PC本体との「繋がり(=接続通信)」の部分ですなぁ・・・。

無線式は、主にBluetooth接続で、PCと接続される仕様なんですがネ、使用し始めさえすれば特に問題は無いモノの・・・。

一旦、入力作業を止め、一定時間が経過後、再度、入力作業を再開しようとする時、或は、最初にPCを立ち上げ後にスグ入力作業をしようとすると、PC間のBluetooth接続が為されずに、入力時の最初の数文字が入力されないんですなぁ・・・。(泣)

「は?ソンなの、少し待てば良いのでは?(謎)」(天の声)

・・・イヤ、そうは頭では分かるものの、実際の使用時にはコレがかなりイラつくし、待つことを「良く」忘れるので、作業冒頭からイラつく。(怒)

ソコで、購入時に有線式の同一商品が有ったはずだと思い出して調べてみると。

ナンテコトだぁ!!(絶叫)

・・・有線式は既に生産終了だとォ!

時代は、無線式なのね、マウス同様に。(血涙)

だが!(悩)

この製品と同じ大きさのキーボードがナカナカ見つからないと。

ソレは、ここまでコンパクトさを追求する必要が多くの他社には設計段階で必要が無いだろうから。(汗)

ですが、最近(←遅い!)になりようやく見つけましたな。

New

横浜に本社があるPFU社のHHKプロフェッショナル日本語配列仕様。(何と、二万五千円程度)

だが!(驚)

価格で難色を示していたものの、偶々Amazonのタイムセールで一万七千円(ほぼ、FILCO製のと同価格)であったので、飛びつきましたな。(苦笑)

当然、有線(USB)、Bluetooth接続の選択式で、有線式で接続するやり方で使う訳ですな。

New_20200801150801 New_20200801150802

色は、単純に黒ではないダークブラックグレーとも云うべき、墨色で、キーの印字はこれまた純粋な艶消し黒で印字された正に究極のロービジ仕様だと・・・。

通常のキーボード配列から更にコンパクト化するため、MINIRA Airでは独特のキー配列になっていましたが、この製品も更に独特化されているのでですな、更に慣れが必要なんでしょうなぁ。(苦笑)

キーの打鍵は、FILCOのメカニカル式ではなく、今回は静電容量非接触式とやらでコレは自分には大丈夫なのかと思いきや、今このキーボードでこの記事を書いていますがネ、すごく良いですなぁ。(安堵)

また、購入前には、レビューでこのロービジキーが見難いので別途のカラーバリエーションにある白色用キー(白とライトグレー)に入れ替えたと有ったのでそれも購入するかと考えましたがネ、コレはPFU社のオンラインショップ限定品で且つ、売り切れなので諦めていましたがネ、イザ使用してみるとコレは単にブラインドで打てない人には必要かもしれないという程度の話で、私には特に問題は無いのでこのままでいこうと思いますなぁ・・・。

ま、FOLCOの場合は、下の写真の様に別売りのキーを一部に取り換えて愛用していたんですがネ、今回は仕方ないか。(苦笑)

Photo_20200801143102

デリートキーが無いのが謎(尤も、OPのキー配列変更で設定は出来るが、その場合、今度はカーソルキー各種が消えるという謎仕様)ですがネ、まぁ、良いだろう。

もう、新しいPCを購入しようとも、キーボードはコレで終わりにしたいものだ。

・・・完全に潰れるまでは。(苦笑)

P.S.:ワタシがこのキーボードを購入した直後にFILCO社はMINIRA Airの新型で、有線無線両方に対応するコンパクトキーボード、MINIRA-R(一万七千円程度で、今月末からデリバリー)を発表していますな。(涙)









2020年6月22日 (月)

大変だ!(笑)私のAmazonアカウントとやらが、またしても発送先住所が勝手に変えられているらしい。(呆)

1_20200621131501

マタかよ。(呆)

またしても、送り付けられてきたAmazonアカウントとやらの変更のお話メール・・・。

今回は、ワタシが、購入した事もないアイフォンを東京で使用した際にAmazonとの取引で商品を送らせるための送付先住所を何者かに勝手に変更されたので、添付ファイルを開いて内容を確認しろ、と云うモノ。(呆)

で、メールを観ると、Amazonの偽装ロゴは無いものの、問い合わせ先のボタンが、偽装感アリアリで、写真のようによく見ると、AmazonのOとNの間にスペースが入り、謎のドメインで名前がある。

更には、コレも慣れましたがネ、文面の日本語がそもそもおかしい。

2_20200621131501

文面の単語の間が、何故かスペースが開いている。(笑)

全く馬鹿にしているとしか思えませんがネ、コレを疑いも持たずに、添付ファイルを開いてしまったら、多分ウィルスに感染して、PCは汚染されるんでしょうなぁ・・・。

しかし、唯一、驚きは、この形式だと高い金を払って維持しているウィルスバスタークラウドでは止まらない、という事実ですな。(汗)

やはり、こういう謎な犯罪メールはヨクヨク内容をよく見てから開くようにする自衛手段が最後の砦になるんでしょうなぁ。

皆さんも、ドウかお気を付けを。

2020年5月25日 (月)

「チョットぉ!(驚)スゴク速く動くんだけど!!(興奮)」(by嫁)

Newpc

そうだろう、そうだろう。(汗)

発注から二週間もかからずに届きましたな、嫁の「新兵器」(笑)

今回は、商売用のハイスペックノートPCと云う事で、CPUはインテルCORE i7の高速仕様、メモリー32G 、ストレージも255GB SSD(予備は1TB HDD)付きのワタシが欲しいくらいの高級機編成ですな。(苦笑)


モニターの大きさは従来使用の15.7ichながら、最近のテレビモニター同様に薄いベゼルになっており、パソコン自体の大きさは寧ろ小さくなっていて、これは良いと。


また、キーボードのボタンが上により突き出た格好にしつつもヒンジの構造等を見直しつつ、モニターの横にアンカーリブを成形して、モニターを伏せて閉めた時にはキーボードのボタンに干渉しないように工夫されている・・・。(驚)

Photo_20200523115903 Photo_20200523115904

また、ヒンジの構造変更により、モニターを起こして開いた状態にするとキーボード部(つまり底面)が浮いた状態になることで、キー打刻がやり易く工夫されているのも良いですなぁ。


接続端子も、2.0USB、HDMI、LANを装備し、3.1(Gen2)のUSBも一系統装備していて、コレは、私の場合なら購入する予定のEOS-1D X Mark.Ⅲとの有線接続でも何も問題もない。(ウラヤマシイ)


ただ、メインストレージをSSDにしてもやはり多少は冷却ファンの音がかすかには聞こえますがネ、こんなのはホボしないと同義のレベルで驚きですな。

嫁は今、PCの引っ越し作業を終え、初仕事に使用した様ですがネ、処理速度の速さにスッカリやられたようで、喜んでいますなぁ。(笑)

良かったな、嫁。

・・・次(来年)は、ワタシが同じ物(一部は違うが)を買うかも知れないな。



2020年5月16日 (土)

「去年買ったパソコンじゃ、ダメみたい。(泣)」(by嫁)

Pc

「なんかねー、Zoomとかが急に落ちたり、とにかく動きが鈍いんだよねぇ。(悩)」(嫁)

嫁は、自分のPCは頑なにノート派ですな。

実は、彼女は五年程前から一旦は、専業主婦を休業し(笑)、外に出てパート勤めをしていたんですがネ、別に稼いできた金は家計に入れる必要が無いので、彼女はソレで貯めた資金を元手にネットビジネス(コンサル系←「何か、カッコイイかも!」(嫁))を二年前から始めて、引っ越しを機に、バイク(自転車)通勤が出来なくなってパートはお辞めになっていましたな。

ですが。(驚)

当初は、どうせスグにも行き詰まるだろうと、半ば馬鹿にしていたところ(私はコンテンツ系ビジネスモデルには公私共に否定的で、職場では「化石人間」扱いされている(汗))が、意外に善戦していて、現在では月次決算ベースでもパートで得ていた収入以上の金額を挙げており、最近は税申告(青色ですな)の手続き方法をしつこく私に聞く程なんだと。

なお、経理は息子が簿記計上をしていますなぁ・・・。(大汗)

因みに、彼女の「仕事机」は、写真の通り、結婚当初から使用しているアイロン台(笑)に、Amazonで買った安い折り畳み式の長机を組み合わせたものですが、コレで商売が出来てしまうとはなぁ・・・。(呆)

それで。

商売のツールとしては、パワポと息子も彼女との逢瀬(笑)や、友達との会話に使用しているZoomというテレビ電話みたいなアプリケーションを中心に、MSのオフィス系の基本アプリケーションに加えてイラストレーター等も駆使するようになっていますなぁ・・・。(汗)

つまり、商売する時には、複数のアプリケーションを開き、且つ、メモリーを喰う映像制御系兼通信系アプリケーション使用がメインとなると、中々にパソコンの作業負担は増大すると。

現在、嫁が所有しているノートPCは三台あるのですがネ、一番古いのは十年前に購入していた物で壊れている。
二台目は、六年前に購入したが、現在では立ち上げに異常に時間が掛かるようになり(初期化しても直らない)、現在は三台目に接続して二画面用モニターとして使用している。(苦笑)

そして、三台目はまだ10か月前に購入したばかりで保証期間中なんですがねぇ。(涙)

富士通が、近年にPC事業で自社開発製造から撤退し、またしても中国絡みですがLenovoのOEMを供給する所以なのか知りませんがネ、三台目のPCは動きが鈍いと嫁には不評なんですなぁ・・・。

尤も、スペック的には、メモリーだけでもたった8Gしかなく、CPUも遅い安モンしか搭載されていない上に、ストレージもノートPCでは大問題になる熱問題がネックとなるHDD(1TB)ではそりゃ、大変かもなぁ・・・。

「ほぼ、一月分の売り上げが消えるけど・・・。性能の良いPC買うわ。どれが良いのか分かんないから、選んでくれる?」(嫁)

「良いけど、営業経費で落とせる程度の話なのか?経理担当殿、どうか?」(私)

「大丈夫だと思います。お金はね、三十万円までにして下さい。(マジ)」(息子)

ナニィ!!(驚)

ソコまで出せるとは驚きだと、一応、帳簿を確認してみましたがネ、概ね二十万円程度でイケそうですなぁ。(息子の経験値では「リスク計上」が理解出来ていない。)

こんなトコロに商才が有ったとはなぁ、マジに驚きですな。

それで、Lenovo製なのは大いに不満ですがネ、ドコでも同じようなモンだろうと、またしても富士通で逝く事に。(苦笑)

今は、日本、イヤ、世界中で「在宅勤務」MODE一色でですな、メーカー直売りの通販サイトでは「在宅勤務応援キャンペーン」なる物を展開しており、割と安くなるようなので、迷わず逝く事に。

しかし、今回は「一般普及機」は論外なので、商売用最強スペックで勝負ですなぁ。

メモリーは32G、CPUはCorei7の最高速型にして、256GのSSDと1TBのサブHDD付きのストレージ、USB3.0(Gen2)付きの、だが、モニターなんぞはFullHD程度の解像度も有れば十分だし、ディスクドライブもDVDまでにして、カネを浮かせましたな。

MS Officeは、パワポ付きのホーム&ビジネスとやらだけは付けましたが。

これで、税込みでほぼ199000円だと。

「さすが、こう云うトコだけはキッチリね♪」(嫁)

「減価償却費の計上、宜しくな。(イヤミ)」(私)

それにしても・・・。

このスペック、来年にワタシ用に購入してみたくなる内容で。(ウラヤマシイ)

ま、商売繁盛のためには生産性向上の対策は不可欠だから、今回の投資は悪くない。

大事に使え、嫁。


その他のカテゴリー

ARAYA RALEIGH(Bike of British manufacturer) ATM-09 STTC スコープドッグターボカスタム Bicycle maintenance tools BOEING F-15E STRIKE EAGLE Canon Digital SLR/Instamatic Canon EF Lenses DDV192 海上自衛隊いぶき級多用途運用護衛艦 DJI Mavic Mini(JP) GUNDAM Barbatos Lupus HONDA FIT Shutlle1.5X(4WD) HONDA Motorcycle HONDA STEPWGN SPADA 1.5DSTurbo (2WD) HONDA JADE1.5RS DSTubo (2WD) Hyperstech DRONE X PRO (POCKET DRONE) J.G.S.D.F. M.B.T. TYPE74(アシェットコレクションジャパン週刊) KUOTA(Bike of Italian manufacturer) MARUSHIN INDUSTRY 1/1MODEL GUN Memory of The Wuhan virs(cold) MINOLTA Hi-end Instamatic ModelingTools(PlasticModel) MS-14F ゲルググの系譜 My AudioVisualSystem My Family AutoCamp Nikon Digital SLR/Instamatic PENTAX DA Lenses PENTAX Digital SLR Review of MINOURA product RGM-79 GM RX--93-ν01 νガンダム (Ver.Ka) RX-0 ユニコーンガンダム1号機 ユニコーン S.F.3D ORGENAL/Ma.k Z.b.v.3000 Talk of bicycle Talk of Digital Camera TAMIYA 1/10 RC HOLIDAY BUGGY(2010) TAMIYA 1/16 King Tiger (2010) TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRX TAMIYA 1/48 Ⅵ号重戦車 TigerⅠ THE Kakaku. Com unpublishing review TREK(Bike of American manufacturer) WATCH and Goods その他 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ガリア公国義勇軍第七小隊指揮戦車エーデルワイス号 ゲーム ゴッドケロン スマートフォン パソコン・インターネット 妖怪ウォッチ 宇宙戦艦ヤマト2199 旅行・地域 日本帝国陸軍キ-84-1A四式戦闘機疾風 映画・テレビ 眼鏡 馬鹿なオッサンの退屈な日々

カテゴリー

無料ブログはココログ