カテゴリー「ARAYA RALEIGH(Bike of British manufacturer)」の14件の記事

RFL Radford-Limited 2014 (Simano ALTUS)、RSM RSW SportMixte 2015(Shinano ALTUS)

2016年4月23日 (土)

取り敢えず、ロード仕様からクロス仕様に戻してみた。

先日の落車事故で、ロードバイク仕様のパーツ破損が激しかった息子のRALEIGH RFL Radford-Limited 2014改 (Simano Tiagra)・・・。(泣)
 
もうコレは本気で、息子にはロードバイクを買い与えるしかないのかと考え、しかし、ロードバイク一台のみの運用(イヤ、普通は子供の場合は当然だろう!)では、使い難いだろうから、遺憾ながら修理も必要であるし、この際は「元」に戻そうかと考えていましたが・・・。(汗)
 
(嫁)「トーゼンです!」(怒)
 
(息子)「だけど、おとーさんと走る時はド~するのぉ!?元に戻したら走れないじゃん!!(泣)」

・・・。(悩)
 
(私)「だが、自転車無しでどうするんだ?友達と出かけられないのだけはその通りだろ?」
 
(息子)「・・・、そうなんだよねぇ。(悩)」
 
で、結局は自転車店に頼んで再びShimano ALTUSへ戻す事に。

(店員)「ブレーキは如何しますか?」
 
(私)「は?だから、元に・・・。」
 
(店員)「イヤ、かなりムリが有りましたけど32CのタイヤでしたからココはVブレーキのままでしたが、交換しか無いですが??」
 
・・・、忘れて居た、と云うより、何故か気になって居なかった。(汗)
そもそも、こんな事だから事故ったのか?(悩)
 
で、お店にはALTUSのVブレーキが無いと。
 
結局、DeoreXT(!)のVブレーキをフロントのみ付ける事に。(要らんだろ、そんな高いの!)
リアディレイラーとフロントディレイラーも交換しか無いのですがネ、コレはパーツ取り寄せとしましたな。(当然)
 
二週間後に修理完了ですなぁ・・・。
 
しかし・・・。
 
シクロクロスのオンロード用競技タイヤのシュワルベのサミースリックはいずれにしてもタイヤが摩耗(片べりもヒドイ)が酷く、この際はこれも交換だが・・・。
 
何を買えばイイのやら。
 
暫く考えてみよう。

2016年2月 9日 (火)

RALEIGH2016カタログ更新される。だが。

Crs_thum_2016


二〇十六年一月六日、RALEIGHのカタログが(ようやく)更新されましたな。

因みに、KUOTAはまだです。(汗)

さて。

今年は、RALEIGHの場合は、昨年にロードバイクとクロスバイクにやや幅の広い「選択肢(=オプション的に)」を持たせていたのに・・・。

今年はそれすらもバッサリとリストラしたと云うのが正直な印象ですな。(汗)

ロードレーサーは昨年のモデルでは700と650二種類を分けて居た物を一本化し、代わりに画像の「ステンレスフレームセット」を追加と。

・・・ステンレス??

一体、ドウ云う感じなんでしょうなぁ??

真面目に分からない。

が。

ソコは歴史あるバイクメーカーの事だから面白いかも。

アルミよりは耐久性が有り、クロモリよりは耐腐食性に優れ、安価。

だが、振動吸収特性等が良く分からない。

考えてみれば、フレーム素材にステンレスを採用した製品を出しているメーカーは他に在っただろうか??

とは云いながら、価格は安価なはずなのに特殊ステンレス鋼とやらで、そこら辺のミドル級カーボンバイクのフレームセットも真っ青な二十三万円台とはなぁ・・・。(号泣)

これでは、「ま、一つ試しに、一台♪」とは行かないでしょうなぁ・・・。(涙)

クロスバイクは、RFL RadfordSが省略された他は変わりはないですな。

ミニベロは今年もかろうじて生き残っている様ですな。(安堵)

昨年から、サーキット移動用バイクを検討して居るんですがネ、いまだに結論が出ていないが、あと四か月もするといよいよシーズン入りしてしまう・・・。

どのバイクがイイのやら・・・。(悩)

RALEIGHの場合はこうなると、ロードバイクのコレしか無いかも。

Cra_thum_2016


CRA Carlton-A (96000円)

このモデルは、アッパーハンドル部にサブブレーキレバーが有るので、用法上便利なんですがネ。

だがなぁ・・・。

(息子)「おとーさん、ロードレーサー買って!」(真剣)

・・・やはりそっちが先でしょうなぁ。

嫁の攻略(説得)の為の戦略シナリオを策定できないので行き詰っているが。(大汗)

ソレに。

あと、二年我慢させればお前の場合はその体格からイキナリ成人用のフレームでも割と無理がないように思えるのでココで購入するのは正に無駄金になるのは自明と。

・・・やはり、RALEIGHでがんばれないか、息子。

ホントに良い自転車メーカーなんだから・・・。

2015年3月19日 (木)

RALEIGHよ、お前もか。(涙)

嫁のRALEIGH RSM RSW SportMixte2015 (Shinano ALTUS)を購入してからしばらく見ていませんでしたな、RALEIGHのHP。

先月に、昨年の九月に発表はされていたものの、ようやくBIKEの情報が2015年モデルに更新されていたようですな。(汗)

内容を見ると・・・。

RFL Radford系は元より、カールトン系も価格がやはり上昇していますなぁ・・・。

どうにも、円安が・・・。(血涙)

因みにカールトン系は、嘗ての全盛期の頃にツールで活躍した栄光のレッドフレームのレプリカ版や、650Cホイールにサブブレーキレバーを付けたCRAも登場で、中々面白くなっていますな・・・。

問題のRFL Radford-Limited 2015(Simano ALTUS)は57000円から、64000円へ値上げで、一番価格が高騰しましたな。(泣)

しかし、今年は二種類のカスタムタイプを選べるようになったようで。

元からオプションとして用意してある、キャリアとラレー式フェンダーをつけるコンフォートカスタムと、オドロキですが、ハンドルのステムを変更の上でドロップハンドルにブラケット、バースイッチでの変速装置を「別途出費」(泣)で、仕立てるロードレーサーカスタムが新たに提案されて居ますな。

ペイントカラー等は変更はなく、ホイールが精々に変更になった程度のようで、魅力は変わりませんな。
息子のバイクの特色は相変わらず最大サイズのみが非対応の様ですがネ・・・。

ロードレーサーカスタムは、私には都合のイイ仕様なんですがネ、なんせコンポがALTUS(MTB用)なので、Tiagra辺りに乗り換えでもしないとSTIレバーは使用できないので「昔懐かしい」ダブルレバー式の物を使うのが何とも・・・。

嫁のRSM RSW SportMixte2015 (Shinano ALTUS)だけは、価格据え置きですが、MR6、BDC、TRS系のモデルはリストラされ、こちらも残ったモデルは価格が僅かですがネ、上昇とはなぁ・・・。(泣)

うちの家族は、「丁度、イイとこ」で購入したようで・・・。

こんなザマでは、私のバイクのフレーム更新なんて夢の様な話となりそう・・・。(血涙)

それはそうと、KUOTAもINTERMAX社からの発表だと先月末にようやく各フレームセットが入荷の末にデリバリーのようですな。

早い人ですと、嘗ての私同様、来月末には組みあがってテストランでしょうかネ?

横浜では、中々、KUOTA見かけないんですがネ、早くクーガーや、クレヨンを見てみたいもんですなぁ・・・。

お向かいの剣道少年も遂に、来月に、結局、チネリのエクスピエリエンス2015(105)(!)を購入するそうで、こちらも見るのが楽しみと。(注文は出来ても、バイクは有るのか?)

旧モデルを狙っている人はですな、いずれにしても自転車の場合は毎年高騰がおそらく基本となりそうなんで、在庫があるうちに急げ!

・・・なんでしょうなぁ。

2015年3月 2日 (月)

RALEIGH RFL Radford-Limited 2014 (Shimano ALTUS)初期調整をしましたな。

息子のRALEIGH RFL Radford-Limited 2014 (Simano ALTUS)も、購入してから四か月余りが経過しましたな・・・。

フレームは、専用特色なのに・・・。

傷だらけですなぁ。(号泣)

ま、予想されたコトだから、イイんですがネ・・・。

さて。

最近、洗車して居たり、エア充填やチェーンに注油して居ても若干、異音が出始めたり、息子と江の島までのコースの途中まで二人で走るようになりましたが、例の異音と息子の怒号が・・・。(汗)

(息子)「変速がオカシイよぉ!勝手にカチャカチャとなるんだ。(汗)」

・・・ワイヤの初期延びか!?

自転車店に持ち込み、最終初期調整に行く事に。

ワイヤは、変速用ケーブルのみでは無く、ブレーキパッドがリムに当たりシャラシャラと云うので、こちらもかな?

案の定その通りと。

徹底的に、増し締めとワイヤの再展張をしてもらい、完調と成りましたが・・・。

何でも、トップキャップとヘッドセット周りと、ステムの緩みが(やや)大きいとの事で。

(私)「まさか、公園の段差は行ってないだろうな!」

(息子)「行ってないよ。でも・・・。」

(私)「なんだ?」

(息子)「最近ねぇ、おとーさんは急ブレーキは駄目だって云ってたんだけど、今はワザと急ブレーキしながら、自転車を傾けると自転車が拓海(=イニシャルDのハチロク)のみたいにザザーッと滑ってから、反対(側)に体を乗り出してから少し漕ぐんだよ。そうすると、公園では速く曲がれるんだよねぇ・・・。ソレはおとーさんに内緒でやってるんだ♪」

・・・云いながら、オレに「自己申告」してどうするのか、息子!!(苦笑)
ソレで、両方のチェーンステーの傷が酷いと云う訳か!!(泣)

・・・やはりMTBであったのか?(大汗)

それで、後輪のタイヤを改めて見てみると・・・。

四か所も片べりしてる。(泣)

取り敢えず、前後入れ替えで対処するとして。

(私)「ドリフトはもうよせ。」

(息子)「なんでだよぉーー!面白いのにィ!!(大泣)」

・・・疲れますなぁ。

2015年2月12日 (木)

RALEIGH RSM RSW SportMixte 2015(Shinano ALTUS)納車3:カスタマイズ。

Photo_4

(その二からの続き)

さて、今日はようやくカスタマイズの記事ですなぁ・・・。

今回、この自転車は嫁の通勤用兼お買い物自転車として購入しましたな。

なので、最大の特徴は、フロントバスケットですな。
Vブレーキ共締めでの取付をする昭和インダストリー社製のウッドワイヤーラックを今回は購入して居ますな。(取付ステー付属)

Photo_5

底は、木張りで有るので中々オシャレな造形で、色は枠が白と黒が有りますな。
今回は正面からの視認性を考慮して白としました。

ですが。

今回大失態を。(血涙)

耐荷重量はたったの二キロまでと。(大汗)

酒に酔って頭がボケてたのかも。(モーロクしたかな?)

(嫁)「二キロじゃ、ドーすんのぉ?ソレに枠の間隔が広すぎて、小さいものが落ち易いわよぉ!!」(激怒)

・・・誠に申し訳ございません。(泣)

さて。

ソレ以外には、まずは英式バルブでは我が家の場合はポンプは仏/米式バルブ対応用しか無いと云う凡そ「一般のご家庭的」では無いので、スグにチューブを仏式バルブ付チューブに交換し、バルブキャップは、KCNの緑の物を使う事にしましたな。

(息子)「なんで、ボクのはサイコロなんだヨォーー!(絶叫)」(←ハイハイ)

Photo_6

ハンドル周りは、こんな感じと成りましたな。

Photo_7

因みにミラーは、実際に取り付けてみると今一ダサい、ブリジストンBM-ST1ですが、重いのでいずれは、カワスミ社製に変えてもいいぐらいでしたがネ、嫁としてはこれでイイそうで。

ヘッドライト:HL-EL340RC(充電式)
フラッシュライト:TL-LD611-F(充電式)
フロントリフレクタ: Y-4720
ホイールリフレクタ:RR-550WUW-W
テールライト:TL-LD710-R(充電式)
テールリフレクタ:RR-165
ベル:OH-2400 ピッコロベル(ブラック)

これらは、キャッツアイ社製ですな。

フロントライトは当初はヘッドライト不要としていたので購入しましたが、嫁から「ヤッパリ有るとイイ。」の要請で結局、同時装備と云うイミ分からん仕様と成りましたな。(泣)

Photo_9

なお、テールライトはサドルレールに取付をする事にしましたな。

・・・!
ムカつくーー!!(激怒)

Photo_10

また、AF抜けか!!
ミドリのトコロでフレームが合焦したと云ったのに何で後ろに(簡単に)抜ける、PowershotG1X MarkⅡ!!!(怒)

マジに、この系列のカメラは駄目かも知れないですなぁ。
高いだけかも。(号泣)

ロックはABUS1200のピンクで、ソレは340円しかしない(笑)、プロファイルデザインのツールボトルに入れていますな。

因みに、ボトルケージはミノウラのPC-500、色は彼女のお気に入りのオレンジとして、私からのプレゼントですな。(笑)

Photo_11

(嫁)「鍵の出し入れがメンドクサイ!(怒)」

・・・重ね重ね、誠に申し訳ございません。(泣)

ですが、割と気に入ってくれた様で快適なポジションも出て、気持ちよく乗っているようで安心しましたな。

Photo_12

まぁ、コレで「タダの買い物自転車」では無いと周りの人達から認識される事を祈るとしますかな?(笑)

最後に、私からは、もう一つ、非常に寒いのでヘルメットを被った状態でも装着できるイヤーマフラーを贈りましたな。

Photo_13

視認性を考えて、黄色ですがネ。(笑)

毎日の通勤と買い物が少しでも楽で楽しみになればイイな、嫁よ。

2015年2月 9日 (月)

「足と手首が痛い!」(by嫁):だから云ったろ?(号泣)

・・・マヌケな自転車店のお蔭で。(泣)

ヘッドライトが未だに揃わずに「カスタマイズ記事」が書けませんがネ。

まぁ、ライトは「念のための装備」であって、彼女のバイクには必須の装備ではないモノの、「法定上の必須装備ではある」ので、早く来ないモノだろうか??

さて。

一応、快調に自転車通勤を始めた嫁。

・・・だったと、思ったのにですな。(大汗)

(嫁)「足と手首がスゴク痛いんだけど。(汗)」

(私)「筋肉痛か?やはり、ミニベロではムリが有ったと云う事かな??」

(息子)「おかーさんも、おとーさんも坂がニガテだからかなぁ?(笑)」

・・・。(血涙)

しかし、何故だ?

(私)「バイクを引き渡してもらう時にフィッティングは出してたよね?僕も確りと同席しなかったと云うのに問題が有るんだけど、キッチリ実行したのかな?」(汗)

(嫁)「そうなんだけど・・・。途中で面倒になって、テキトーに返事しちゃったのよ。(大汗)」

迂闊!

その時私は、MTBに見とれていたんでですな、フィッティングをシッカリと見ていなかった・・・。(汗)

コレはドウ見ても、ポジションが出ていない。
足がイタイのには、恐らく年から来る翌々日の「筋肉痛」(=やはり小径車で激坂は中年女のソレも無駄に肉が付いた重たい体には辛い(笑))が主な理由でしょうなぁ。

だから、アレほど云ったのに!
後悔、先に立たずですなぁ。(血涙)

ソコで、SS-700スピニングスタンドⅡにRSM RSW SportMixte2015 (Shinano ALTUS)を固定し、嫁に再度、バイクに乗らせて自前でフィッティングを出す事に・・・。(号泣)

案の定、全然、合って居ない。

自転車店もエエ加減すぎる!!(怒)

結局、スレッドステムの高さを上げ、サドルを更に上げて、最適な高さよりやや低くして足の接地性を最低限確保して、ブレーキワイヤはきつく引き過ぎの位置でボルト固定されて居たので、緩めに再調整しつつレバーの引き代も調整しましたなぁ・・・。

その後は。

(嫁)「不思議だけど(←イヤ、当然です)、直ったみたい。もっと真面目にあの時やるべきだったかしら?(笑)」

・・・普通はそうするんだがなぁ、嫁よ。(泣)

ま、後は脚を鍛えて欲しい!

・・・お互いに。(血涙)

2015年2月 3日 (火)

RALEIGH RSM RSW SportMixte 2015(Shinano ALTUS)納車2:FREAM in DETAIL編(その二)

(その一からの続き)

今回は、クランク周りですな。

このバイクは、他社と違い基本コンポは90%方確りした構成で纏められていますな。

RディレイラーはALTUS、VブレーキはACERA、シフター、カセット、チェーン、ハブはShimano。

遺憾ながら肝心のBBはFSAなので、スグにもShimanoに要変更でしょうなぁ・・・。

ソレで、クランクアームと、チェーンリングはSUGINOが付いていて、ダサいシマノのチェーンリングとかだったらブリティッシュテイストを損ねていたかもしれませんがネ(←ナンだ、ソリャ?)、コレがナカナカ合っている様ですな。

バッシュガードは、外側はアルミ製ですが。裏は安っぽい樹脂製です。(泣)

Photo_7

ハンドル周りは、VELOのグリップに、ステム一体型スレッドステムに、スナップ式のシフターにココもやや不満ですがネ、テクトロのブレーキレバーで固められていますな。

Photo_8

レバーはいずれShimanoALTUSに交換するとしても、嫁からの要請で、いずれグリップは交換するかもしれませんな・・・。

センチュリオンのミニベロにもVELOのグリップが付いていましたがネ、このバイクのグリップは私が握っても感じますが、あんまり良くない・・・。

だが!

ココをそれこそ、エルゴンの物とかに交換すると正にブリティッシュテイストが・・・。(号泣)

スタンドは、最初からMASSLOAD社のアルミのVオープンセンタースタンド(収容時には左側面に折り畳まれる)が付属し、買い物の荷物を積んだりするときは抜群の安定性が有りコレもこのバイクの美点ですな。

Photo_9

最後に、このバイクは相変わらずカッコいいデカール類で埋め尽くされて居ますな。
息子のRFL Radford-Limited 2014 (Simano ALTUS)と同じバッジがヘッドチューブに貼られているのは当然として、同じデカールが、シートチューブ上部に貼られ・・・。

Photo_10

なお、写真後方に見えるボルトの出っ張りは2015モデルから追加されたリヤキャリア等を取り付けられるようにする為のダボ穴ですな。

アーレンキーでネジを緩めたら中からかなりの量の塗膜の粉が出ましたので綿棒で洗浄してからグリスを注入して、冷間圧着と、何より防錆対策をしてボルトを取り付けていますな。

そして、フロントフォーク側面にも鳥のマークが・・・。(汗)

Photo_11

(息子)「ボクのにも、ココにマークがあったらなぁ・・・。」(同感ですな。)

更に、息子のRFL Radford-Limited 2014 (Simano ALTUS)の場合はアルミフレーム出ることを示すカッコいい専用マーキングが有りましたがネ、このバイクにも御多分に漏れず、クロモリフレームの証が!

Photo_12

うーーん、イイですなぁ・・・。

孤高の様式美と雰囲気。

他社のミニベロには無い落ち着いた雰囲気が非常にイイ・・・。

コレで、価格57000円(税抜)
重量もスタンドまで込みで12.4キロ。

大人なミニベロをご検討の方は是非、ご購入されるとイイかもでしょうなぁ。

だが!(血涙)

(息子)「なんでだよぉー!!(大泣)・・・色がクロじゃん!!!」

(嫁)「お店の中ではそう見えるわね、でも、おひさまの下だと緑と判るわよ。」(笑)

(息子)「ホント?」

(私)「あぁ、心配するな。」

(息子)「ホントに、ホント??」(←しつこいね)

ソレで、納入して店の外に出すと。

(息子)「ホントだァ!緑じゃん!!(笑顔)」

・・・という位に、ミドリと恐らくは青は濃い色なんでですな、ココは注意が必要かも知れませんな。

次回は、カスタマイズですな。

(その三に続く)

2015年2月 2日 (月)

RALEIGH RSM RSW SportMixte 2015(Shinano ALTUS)納車1:FREAM in DETAIL編(その一)

Photo

今日は、先日納車した嫁の愛車のRALEIGH RSM RSW SportMixte 2015(Shinano ALTUS)のお話ですな。

この車は、正に最新型の2015モデルなので、ご購入検討中の方のご参考に成ればとも思いますなぁ・・・。

さて。

全景はこのような感じで、非常に落ち着いた正に「大人の女性にピッタリ」(笑)な、デザインですな。

Photo_2

このバイクの特徴は、「ミキステフレーム」と呼ばれる女性の為にデザインされたハシゴ状のトップチューブがまず第一に挙げられますな。

このフレームチューブは、異様に長いヘッドチューブの上部から、一直線にシートチューブを抜き、リヤエンドにまで伸びていますな。

リヤエンドはシートステーとチェーンステーとも接続されていて、要するに最低限の振動吸収性を持たせるためのデザインと成るようにも思えますな。

Photo_6

この、下方に位置が下げられているミキステフレームのお蔭でスカートを穿く女性でもバイクに乗り易く工夫されているわけですな。

Photo_3

ペダルは、ウェルゴのアルミペダルが付属し、リフレクターも有りますな。
嫁の話では、踏み易いそうで・・・。(笑)

ソレから、二つ目の特徴は、RALEIGHの様式美とも云えるフェンダーですな。

通称「ラレー式」と云われるアルミフェンダーが最初から前後に取り付けられていますな。

このデザインはRALEIGHならではだそうで。

Photo_4

ホイールは、AlexRimsのVP-15Fのアルミリムで、上部はポリッシュされていて、フェンダー同様にピカピカな感じなのはナカナカの質感ですな。

ハブはShimanoで、ステンレススポークで構成されて居ますな。

ただ、タイヤはアメリカの主に二輪車等に製品を造っているDURO社の現行のカタログにも載って居ない(汗)、ワケの分からんタイヤなのが不満ですが、サイドウォールは昔のリボンタイヤの様な印象を受ける「スキンサイド」のカラーですな。
チューブもダサダサの英式(ママチャリ規格)なので、コレはスグに仏式に変更する予定です。

ブレーキは、ShimanoACSERAのVブレーキですな。

・・・クラブグリーンは非常に深いグリーンで、ソレに金色のデカールは正にブリティッシュテイストでしょうなぁ・・・。

サドルはVELO社のCityと云うコンフォートサドルに合皮のタンカラーで仕上げた(ココもブリティッシュと。(笑))RALEIGHスペックとやらですな。

Photo_5

シートポストはアルミですが、ドコ製なのか良く分かりませんな。(泣)

さて、次回は、クランク周り他ですな。

(その二に続く)

2015年1月24日 (土)

RALEIGH RSM RSW SportMixte2015 (Shinano ALTUS)購入。

先日、仕事を終え、帰宅しようと電車の駅で列車を待っていると嫁からメールが・・・。

(嫁)「お忙しいでしょうから、自転車買いました。深緑の、○○(息子)のと同じメーカーです。」(←凄くトゲトゲな感じ。(汗))

ソレで、帰宅すると、部屋にはKABUTOのヘルメットREGAS-2(Lサイズ)が。

(私)「・・・どうしたんだよ、自分で買ったのかい?」

(嫁)「私の、バイクですからネ。ついでに「大きい」あたしの頭にもピッタリのヘルメットも買っておきましたから。納期は一週間程度ですって!」(超トゲトゲ)

・・・根に持つねぇ、チミも。(大汗)

取り敢えず、先の失言に関しては謝罪申しあげ、「心にも無い」内容での彼女に対しての美辞麗句を並べ立てて、ご機嫌を取りましたが・・・。(疲)

さて。

結局嫁は、私が提示した三機種と自身で調べたらしい機種での検討の結果、お気に入りのRALEIGH RSM RSW SportMixte 2015(Shinano ALTUS)、色はクラブグリーンを購入しましたな。

(息子)「サスガ、おかーさん♪」(←ハイハイ。)

価格は驚きですがネ、店で聞いたところから更に5%ダウンで契約と。

後は一番心配なフロントバスケットの納期がいつ頃になるかと云う事だなぁ・・・。(汗)

(嫁)「他に何が要るのかしら?分かんないから、手配してね♪」

(息子)「手配してネ♪」

・・・謹んで承ります。

今回は、実物を見る事も無く購入となったんで何ともですがネ、納車が楽しみですなぁ・・・。

しかし、あの小径ホイールで、通勤コースを今日、確認がてら走りましたが、キツイ激坂をまともに登る事が出来ればイイがなぁ・・・。(汗)

ま、イイか。(笑)

だが!

ついさっき、自転車店から電話が。

(店員)「先日、ご注文頂いたRALEIGHの自転車ですが、今日入荷しました。」

早っ!!(驚)

車体だけが早く来ても、諸装備品が無いんじゃなぁ・・・。(号泣)

さて、明日に引き取りに行くとしますかな?

2014年11月 2日 (日)

「おとーさんに、怒られるぅ!!(号泣)」(by息子)

・・・。(汗)

オイ!

もう、壊したのか?

(息子)「倒れたんだ。そうしたら、スグにチェーンが、はずれるようになって、走れないんだヨォ・・・。(号泣)」

(嫁)「帰ってきてから、大騒ぎなのよ。(汗)」

・・・。

見てみると1速からホイール側にチェーンがスグに落ちて、カラカラ何かにするような音が・・・。

どうやら、ディレイラーの方に倒れたので、リアディレイラーが逝かれたようだな、息子よ。

(嫁)「(小声)周りの友達から羨ましがられ(=やっかまれ)てたみたいで、ソレが転んで壊れたもんだから、もう直らないよなぁ、と囃されて、ソレに、あなたに叱られるのが怖くて大騒ぎなの。」

・・・まぁ、子供用の自転車と違い、ディレイラーにガードバーは無いからなぁ。

ディレイラーとフレームエンドが逝ってなきゃ、インデックスの調整程度のドライバー一本仕事で事足りるが・・・。(汗)

良く分からんし、勉強がてらお店に持ち込もうと思えば・・・。

また雨か!!(怒)

(私)「壊したもんは、仕方ないがな、次からは簡単にコケないようにするんだ。」

(息子)「直るかなぁ?(不安)」

(私)「自転車屋のおじさんに見てもらわんと何ともなぁ・・・。」

・・・しかし、自転車自体やディレイラーにはそれ程(実際にはもう結構傷だらけですがネ。)には大きい傷はドコにも無いので、大丈夫かもしれませんが・・・。

やはり君にはこの自転車は勿体なかったかな?(笑)

親バカのなせる業だったかも。

ともかく、早く修理して一緒に走るか、息子。

もう一つ君が最近、自転車で私と走る時に拘っているのが、「ボトルで給水」、そして、補給食と・・・。

(息子)「おとーさん、また、きゅうけいで、スポカン(=スポーツ羊羹:井村屋製)食べよう。♪」

子供には、カロリーと塩分が高いかな?
しかし、スッカリお気に入りだし、最近、ニンテンドー3DSとか云うゲームはもう要らない、自転車でイイと云い切るようだから、これでイイのかも知れない・・・。(苦笑)

取り敢えず、コレ以上アノ綺麗なフレームに傷を入れらるのは堪らんのでですな、ACORのチェーンステーガードを付けて、ついでにカギに付けるキーホルダーも贈ろう。

だが!!(血涙)

(息子)「でも、妖怪ウォッチ零式は、ほしいの。」

(私)「未だに六千円もするような、フザケまくったモノは、買わないぞ!!」(怒)

(息子)「なんでだよぉーー!!」(号泣)

・・・、お互いに辛いな、息子。

カテゴリー

無料ブログはココログ