« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月に作成された記事

2020年6月25日 (木)

OLYMPUS、遂にカメラを投資系ファンドに事業売却する。(悲)

・・・。

まぁ、あの会社の場合は、例の「粉飾決算」が常習の会社だからなぁ、ある意味、驚かない。

(OLYMPUSユーザー)「何故ダァ!!(怒)RICOH(PENTAX)が先だろうがぁ!!(発狂)」(号泣)

イヤ、決算を粉飾する時点で、それはナイ。(キッパリ)

ウソつきには、「ウソをつくだけの理由」が元々あるのだから。

だが、次は解からん。(涙)

さて。

粉飾を繰り返したその会社のまぁ、株主総会が終わらないと正式に決まらない利益準備剰余金(=当期純利益)と云って、事実上、儲けで黒字なら、出来た「浮いたお金」を配当金他等にどう使うかが決められていないのでソコを除いた決算書類の速報のようなモノである、決算短信をみてみましたな。(笑)

Photo_20200625181101

まずは、セグメント情報(各部門ごとの経理上の報告事項みたいなモノ)を見て、売上構成を見て見たんですが・・・。(血涙)

カメラは映像部門なんで、ソコを見て見ると、カメラの映像部門だけが唯一、(大)赤字ではないか!!

しかも!

同じ穴の狢的な、カメラ系としては、他に内視鏡部門があるんですがネ、売上はカメラの十倍あるが、営業損益は倍額、つまり、カメラの減益分が、内視鏡の利益分を吹き飛ばしている・・・。(泣)

Photo_20200625181002

それで、カメラ部門単体の動向を見ると、全体では、OLYMPUSの売上も、営業損益(要は、社員の皆さんが販売で頑張って上げた利益部分)は増加しているのに、ひたすらそれの「伸び」の足を引っ張る唯一の減収減益のカメラの映像部門だと。(悲)

そして、経費なんですが。(汗)

OLYMPUSとしては、それでも、(当然だが)会社の貴重な経営資源を最大限生かすために、カメラの製造設備を全部、ベトナムに集約をして、営業経費(人件費とか、材料費とか)をその他営業経費に計上して、2019年度に起死回生を図ったんでしょうなぁ・・・。

Photo_20200625181001

その額は実に61億円。

因みに、同社が抱えている例の訴訟対策費用が200億円程度だから、コレは決して安くないのに。(血涙)

結局、大きな経費を負担させ、一方で利益部分ではグループの売上から、営業利益からひたすら、やはり足を引っ張りまくる映像カメラ部門だと。(恐)

Photo_20200625181003

2019年度(つまり今回の決算)は、OLYMPUSにとっては、全体で売上増加、一方で、売上原価上昇ながら、営業経費をかなり圧縮して、営業利益を前期比2.5倍に増加させたのに、圧縮した挙句の営業経費額の実に半分が、件のベトナム工場への集約のための経費なんですなぁ。(大汗)

最終的には、法人税の納税コストが前期比で倍加して、当期純利益(今期の儲けで浮くお金。)は減益となる事態で終わった様ですなぁ。

(経営)「映像部門は何だ!!(激怒)コストを喰うだけのゴク潰しではないか!!今後も、商売として必要なのか、この会社にィ!(謎)」

株価と数字にしか興味が無い、詰まらんクソ取締役であれば、ドコの会社でも当然、経営内容の改善策として赤字部門の事業縮小、或は売却等を取締役会の議題にあげるのは全く当然だと。

カメラ映像部門の不冴えによる減益と、嵩張る専用のコスト計上が原因で、当期純利益が減少すれば、自己資本は基より、各株価、および経営の効率(つまり収益性)に関する指標(ROA、ROE、OHR等)に強烈に影響が出ますからなぁ、堪らず決断した様ですな、OLYMPUS。(血涙)

多分、(会社としては)ヤルだけはやったんだと思いますがネ、ソレでもダメだったから、ファンドに売った、逆に云えば、通常の経営資源の譲渡手続きではドコからもお声が掛からないからこそ、売ったんでしょうなぁ。(涙)

そして、来年三月の2020年度決算では、その売却部分が特別利益にでも計上となるんでしょうなぁ。

投資系ファンドの営業目的は勿論、会社やその事業を安く買いたたいて、ソコに何かしらの「付加価値(と云う名の騙しの材料)」を付けて、他の会社にM&A等で買い取らせる事ですな。

まぁ、今回は、ファンドは某メガバンク発祥の処の様なので、目先のカネの金額以外には興味も無いボケの中国系、或は白人系ファンドとは違い、その「付加価値」の付け様を少しは真面に考えて売り払うのでしょうがネ、どうせ、中国か、台湾辺りの訳の分からんトコロに買われるしかなさそうですなぁ。(号泣)

連中に、「日本人の心(意気)」がその製造に大きく影響している根幹技術の結晶たるカメラ等の映像技術をカネしかない軽薄な中国人共の間でドウコウこうされるのは非常に悲しい・・・。(泣)

コレで、日本に残るカメラメーカーは、Canon、Nikon、SONY、Panasonic、RICOH(PENTAX)、FUJI、シグマとなったか。

OLYMPUSと同じ様な決算内容を持つRICOH(PENTAX)が心配だが、まぁ、あそこは経営陣が企業としての事業精神性からして「クソ」ではない事を祈ろう。

・・・泣けますなぁ。(マジ)












 

 

2020年6月23日 (火)

PS4用戦術シュミレーションゲーム、「戦場のヴァルキュリア リマスター」をやりましたな。(驚)

Photo_20200621133001

巷では、どうやら次世代ゲーム機のPS5のお話も出ているようですがネ。

お値段、一台推定八万円は凄すぎる。(涙)

さて。

最近、新しいゲームでもしてみようかと、私の場合は息子とは違いゲームには殆ど才能が無いので、専ら、昔からシュミレーションゲーム一筋できたキャリア(笑)から、今回もソレ系で、探していたトコロ・・・。

なに!(驚)

お値段二千円弱だとぉ!
別に不人気作で、「投げ売りタイトル」ではなく、逆に人気作でのオトク価格だと。

戦場のヴァルキュリア リマスター

元々は、PS3のディスクで、その後、第二作目と三作目がPSP、四作目がコレも安いですが、PS4で製品化されているようですな。

今回購入したのは、その一作目だと。

ゲームの背景は、架空の時代の欧州で、強大国に挟まれた、しかし、重要戦略物資のラグナイトと呼ばれる石化鉱物燃料資源を豊富に産出する小国でありながら有数の資源国でもあるガリア公国。

ソレに目を付けた、北方の軍事大国の東ヨーロッパ帝国は、突如、その重厚にして強大な機甲戦力を以てガリア公国に軍事侵攻を開始し(実はこれが二回目)、国境の軍事要塞ギルランダイオを橋頭堡にして、ガリア領内の海岸、ラグナイト採石場、砂漠地帯の戦略拠点を次々に占領していった状態で、その矛先は、辺境の田舎都市のブルールにも及ぼうとしていたと。

そこには、先の第一次侵攻作戦で帝国軍を撃退した用兵巧者ギュンター将軍を父に持つ生物科の大学生、ウェルキンは、そうとも知らずに帰省していて、近くの河で魚の観察をしていたトコロ、自警団の小隊長の少女のアリシアにスパイと間違われて、拘束されるが、程なくて現れた帝国軍との戦闘に巻き込まれ、実家に逃げ込む。

ソコで再会した義理の妹で太古は世界(ヨーロッパ)を統治していたが、世界を亡ぼしかけた亡国の民族ダルクスの末裔で、亡くなった父親の親友の娘のイサラと合流し、双方の父親の形見の試作中戦車エーデルワイスで出撃、見事帝国軍を制圧して、義勇軍(ガリア正規軍の下部軍隊)に入隊し、第七小隊長として着任したウェルキンと、その部下となったアリシアとイサラ達。

この時代のヨーロッパには、世界を亡ぼしかけたダルクスを逆に平定して、世界を再び平和に導いた高貴な民族とされるヴァルキュリアの伝説があり、実はその民族の末裔が本人も気づかぬまま、一定数、存在していて、ヴァルキュリア文明の遺産(オーパーツみたいなモノ)を手にした時、無敵の力を発揮して、軍事力に転用したら、あらゆる敵国の抵抗も排除できる事から、帝国が再び軍事侵攻をしたのはガリアに眠るラグナイトという資源は基より、ヴァルキュリアの遺産を手に入れんとしたためであったと。

ゲームは、兵隊を自身の戦略目的により編入、編成し、武器の開発や、練兵により部隊の戦闘力を上げながら、アクションゲームのように兵隊を個人ごとに操作して、敵兵や敵機甲戦力を撃破しつつ、重要拠点等を制圧しながら進めていくんですな。

ただ、兵隊には、驚きですがネ、チャンと兵科が分かれていて、偵察(斥候による索敵)、突撃(主戦闘担当のOP)、対機甲(対戦車)、工兵(現地修理や弾薬補給確保、地雷等の除去作業等)、狙撃兵、そして、衛生兵だけは自分で自由に操作が出来ないんですが、一応、通常の軍隊の小隊編成が組めるのが良いですな。

遺憾ながら、ココに中距離支援用に榴弾(迫撃砲で可)チームが有れば最高かと最初は考えていましたがネ、ソレを加えると却って詰まらないかも知れませんな。

戦闘は、兵科ごとに基本的には倒せる対象がハッキリしていて、例えば敵戦車は、自軍の中戦車か対機甲科の兵でしか撃破は出来ないし、銃座やトーチカは突撃兵科にしか基本は破壊できないなど、凝っていますな。
尤も、後半では、練度が上がると、欧州風に「猟兵化」すると多少は変わりますがネ、基本は変わらない。

戦術面では、独自に構想が出来、早い速度での制圧が任務になりますが、応用が色々と出来て、面白い。

唯一の不満は、小隊唯一の対機甲打撃力の中核にして、歩兵支援戦闘車両のエーデルワイスの対戦車戦闘力の低さですな。

当初は、敵戦車群は、中型のみですがネ、後半は火力が大きい重戦車や駆逐戦車が出てきて、エーデルワイス自体は開発により、強化改修をするんですがネ、とにかく主砲の火力が不足気味で一撃で撃破が出来ない。

ま、画(笑)を見ると主戦場は市街戦も多いので、大口径(88mm)砲だが、短砲身では、砲弾を強化しても現実的には発射初速と、弾道の定伸性が・・・。(苦笑)

そして!(怒)

快速性はあっても、操作しづらい。(涙)

「おとーさん、ヘタすぎ!!(怒)貸して!!」(息子)

・・・上手に敵戦車の背後に回り込ませる息子と。(やはりウデが。(涙))

という感じでは有りますがネ、かなり楽しめますなぁ。(画も綺麗だし。)

もう十年以上前のディスクですが、ご興味のある方は是非。

因みに、攻略本を中古で購入してみましたが、無しで進める方が面白いでしょうな。




2020年6月22日 (月)

大変だ!(笑)私のAmazonアカウントとやらが、またしても発送先住所が勝手に変えられているらしい。(呆)

1_20200621131501

マタかよ。(呆)

またしても、送り付けられてきたAmazonアカウントとやらの変更のお話メール・・・。

今回は、ワタシが、購入した事もないアイフォンを東京で使用した際にAmazonとの取引で商品を送らせるための送付先住所を何者かに勝手に変更されたので、添付ファイルを開いて内容を確認しろ、と云うモノ。(呆)

で、メールを観ると、Amazonの偽装ロゴは無いものの、問い合わせ先のボタンが、偽装感アリアリで、写真のようによく見ると、AmazonのOとNの間にスペースが入り、謎のドメインで名前がある。

更には、コレも慣れましたがネ、文面の日本語がそもそもおかしい。

2_20200621131501

文面の単語の間が、何故かスペースが開いている。(笑)

全く馬鹿にしているとしか思えませんがネ、コレを疑いも持たずに、添付ファイルを開いてしまったら、多分ウィルスに感染して、PCは汚染されるんでしょうなぁ・・・。

しかし、唯一、驚きは、この形式だと高い金を払って維持しているウィルスバスタークラウドでは止まらない、という事実ですな。(汗)

やはり、こういう謎な犯罪メールはヨクヨク内容をよく見てから開くようにする自衛手段が最後の砦になるんでしょうなぁ。

皆さんも、ドウかお気を付けを。

2020年6月21日 (日)

週刊「74式戦車をつくる」製作記10:砲身と防盾、砲塔底部への固定とアンテナの取付け。

(その九からの続き)

74_20200621100701 Photo_20200621100807

今回は、まぁ、第一号からの取り置きパーツ(笑)の防盾と砲身を接続し、更に砲塔底部に砲架(主砲を砲塔に取付ける台座部)を取付けて、主砲を固定する作業と、アンテナを砲塔上部に取り付ける作業なので、塗装は一切無しと。

ただ、今号までで、工程的には25%と云う処で、マダマダ先は長いと。

しかし、今後は、こういう作業が増えていくのかも知れませんな。

さて。

Photo_20200621100702 Photo_20200621100802

上の写真が、英国製ロイヤルオードナンスL7 105mm対戦車ライフル砲を日本の日本製鋼社がライセンス生産品した砲の砲機関部、ではなくて(笑)、射撃時の砲身の後退を再現するための「リコイル」用モーター兼、カウンターウェイトだと。


先に取付けた砲の俯仰角作動用のモーターと違い高速で回らないといけないタイプだから何だか物々しく、且つ周りを囲っているホルダーは重たい金属製ですな。

まずは、付属のモーターと、砲と防盾を接続するカバーの部品をそれぞれ取付て、ビスで留めていくだけですがネ。割とドライバーが真っすぐに(要は真上から押し付けにくい状況で)入らずに、締めにくいですなぁ・・・。(汗)

因みに下の写真のモーターカバー横の「台形的」な穴には、砲俯仰角作動用モーターに繋がっている例の回転する突起を挿し込む穴なんですな。

Photo_20200621101101 Photo_20200621100804

その後、砲塔底部に、まずは受け側の台座をビス止めするんですがネ。(汗)

コレが、砲架とは。(やや頼りない)
この受け部はヤスリで磨いて、シリコングリスを念のために塗布すべきか悩みましたがネ、止めました。

そして、下の写真のように砲身を受け部に載せてから更に上から上部受け部を被せてビス止めするんですが、真ん中の穴にもビスで止めないと撓んでしまうと思いましたが、よく考えてみればココには恐らく次号以降に防盾と砲塔部のスキマ(このスキマ部分で砲身は上下する。)に嵌め込む防水・防塵カバーを止めるための穴なんでしょうなぁ・・・。

Photo_20200621100803

こうして、砲塔底部と主砲が接続されましたが、次は砲塔上部のアンテナと、見るとお分かりの通り砲塔部の作動を中継するコントロールボックスの取付けですな。(話が前後して申し訳ない。)

Photo_20200621100808 Photo_20200621100701

砲塔部の作動信号を中継、統括するコントロールボックスはこの様になっていて、単にこれを砲塔底部の後部にビスで止めるだけの話ですがネ、各コネクター部には例により「何号(で付属してきた)のコネクターを挿し込む為の番号が割り振られていますなぁ。

見ると、砲塔俯仰角作動用が15号(今は、電池ボックスと中継基盤を繋いであるんですがネ、多分これは誤りなんでしょうなぁ。(苦笑))、砲身後退用が23号、という具合ですな。

因みに、最初にこの箱を砲塔底部に寄り付けた時は、砲塔底部は後ろに倒れていましたが、砲を積載すると確りとバランスするようになりましたな。(重量均衡が取れないと、今後の砲旋回にも影響が出るので、これは当然。)

あとは、まぁ、個人的には懐疑的ですがネ、車長と装填手用の「踏み台」のパーツをビス止めすると。

Photo_20200621100705Photo_20200621100806

しかし。(怒)

通常、ビス類等は呼び一個、余計に付属してくるんですが、今回は不良品が付いてきましたな。
流石、中華製。

Photo_20200621100703 Photo_20200621100704

最後は、アンテナの取付けですが・・・。(大汗)

既に、砲塔上部には細くて細かいフックやら、ラックやら、50cal重機関銃が取り付けられているのに、裏を向けて取付作業とはこれはキツイ。(タダでさえ、砲塔部分は金属製で重たい。)
そして、ビスには、またしてもドライバーのビットが真っすぐに入り難い位置で、締めにくい。(怒)

アンテナ基部と、アンテナ線は金属製で塗装済みですから、折損のリスクは低いモノの、線まで塗装されているのはイマイチなんで、アトでブラックに塗り直すとして、取付時には、基部にはビニールチューブを挿し込んでから、砲塔のアンテナ基部に差し込んで、裏からワッシャ付きのビスを締め込んでいくので、後々、アンテナが走行時の振動や、パーツ間の「摺り込み」でグラグラにはならないし、角度も自由に決められるので、これは良いと。

因みに左側のアンテナにはリモコンからの受信用アンテナを兼ねるので、ビスには座金を挿し込んでから締めるんですが・・・。(悩)
指示書には、ブチルチューブで覆われているコネクターの出っ張りのある方をアンテナ側に向けろとあるが、ソレだと確りとビスを締められないので逆向けで取り付けましたな。(ナニに問題が有るのだろう??(謎))

最後に、二か月前に塗装していた、アンテナ基部の保護ラックを接着して完了ですな。

Photo_20200621100805

さて、次は何だろうか?

(その十一に続く)

2020年6月10日 (水)

さらにデキるようになったな、ザク。(驚)

Photo_20200609175601

「今日ねぇ、面白いモノを買ったんだよ♪」(息子)

「何だ!?まさかその歳でもいまだに緑のヘンなおもちゃかよ?(呆)」(私)

「違う!コレだよォ!!(怒)」(息子)

「ナニィーー!!(驚)」(私)

そう、マダ、製品化され続けていたとはなぁ。(苦笑)

数年前に、そう、当時は北海道在住時に大流行りしていたアノ「ザク豆腐」(相模屋謹製)シリーズ。

今回は、統合整備計画(笑)の所以か否かは知りませんがネ、ザク改ですな。

味は、勿論、枝豆風味なんだと。

そして!!(驚)

100

赤い彗星の偽装(苦笑)MSの百式豆腐と。

「どうやって食べるんだ!?何味よ、コレ?(謎)」(私)

「カレー風味で、カレーペーストを塗るみたいよ。(笑)」(嫁)

なんだとぉーー!!(絶叫)

100_20200609175601

マジにか!(塗装モデルとは)

ですが。(大汗)

カレー味ってさぁ・・・。(汗)

何だかよみがえる、あのビグザム豆腐で、メーカー推奨料理法の「B丼」(涙)

余りにもアレな味は、拷問でしかなかったが・・・。

今回もなのか??

ま、今日は、酒を出して、最悪、またしてもB丼同様に、「酒の力で」食べきるしかないかも知れませんがネ、取り敢えず楽しみですなぁ・・・。

そして、運命の夕飯時。(大げさ)

100_20200609195001 Mkei

「実は、それぞれ三人分買ってたみたい。(苦笑)アタシ達は「無難な」ザク改で逝くわね♪」(嫁)

「・・・オレは、100式か?(怒)」(私)

「当然でしょ、ヒトバシラは、おとーさんの役目だから。(笑)」(嫁/息子)

で、いよいよ、豆腐を皿の上に出すんですが・・・。(落胆)

100_20200609194902 Photo_20200609194901

・・・失敗して、グシャグシャに。(号泣)

「ヘタすぎじゃん!!(激怒)」(嫁/息子)

「ウルサイヨ!酒を飲んでないと、やってられないかも知れんから、ツイツイ、飲んでからやったんだ!ショーがないだろう!!(怒)」(私)

気を取り直して、更に小皿に金箔入(驚)の塗料を出しましたな。(筆は、お好み焼きソース塗布用のシリコンブラシと。)

100_20200609194901 100_20200609194903

で、ペーストを塗りましたが、「百色感」は余りありませんなぁ・・・。(血涙)

因みに、この豆腐、驚きですがネ、三週間は持つらしい。(驚)

「で、味はドウよ?」(天の声)

そう、正に清水の舞台から飛び降りるような気分で、スプーンですくい、食べましたが・・・。

以外に、食べられるアジだぁ!!(安堵)

「ナニィーー!!(驚)ヒトクチ、頂戴。」(嫁/息子)

・・・オレに味見させてから、ソレかよ!!(怒)

「さっき、あのコにおとーさんが失敗前ところを動画にして送ったら、「(あなたの)おとーさんはプラモデルとかで慣れてるから凄くうまく塗装して食べるの?(笑)」と云ってきたんだけど・・・(汗)」(息子)

「ウルサイヨ!!(怒)」(私)

「ま、アタシ達は、カレー抜きで逝くわ♪あなたは、ツマミにザクでね♪」(嫁)

・・・イヤ、百式豆腐に刻みネギとショウガに醤油は逆に違和感アリアリだが・・・。(汗)

因みに、百式豆腐は、プレーン(=なんちゃら風味は無い)タイプですので、ご興味のある方は、お近くのスーパー等で是非。(笑)





2020年6月 7日 (日)

閲覧カウンター数、160万件まで、あと少し。(汗)

Photo_20200606125801

・・・気付いていなかった。(汗)

当ブログをご覧になっていただけたご奇特な方々で積み増されている閲覧件数が、ふと見ると150万件を既に突破し、あと少しで160万件に及ぼうとしている様ですな。

ありがとうございます。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

お気軽にコメント等、お寄せください。

2020年6月 6日 (土)

受験予定だった、今年度簿記二級の6月期試験、中止に。(落胆)

Photo_20200606125701

・・・。(号泣)

当然と云えば、当然ながら、今月受験予定だった簿記二級の試験が、中止になりましたな。(血涙)

昨年の十一月期に息子と共に横浜駅近くの某専門学校にて簿記三級試験を受験していた訳でしたが。

当時からして、試験会場内はギュウギュウに詰められており、当時の状況下でも空気が悪くてその密度感をかなり高めに感じていたくらいですからなぁ、当然でしょうなぁ・・・。(苦笑)

この分だと、個人的予想では、十一月期も恐らくは武漢カゼの第二期流行現象(今までの世界の状況経過を鑑みるに、当然にその時期には更に変異を繰り返しているだろうから、その毒性と感染力はイヤな方向に大幅にバージョンアップされているだろうかと本気で心配している。)が起き始めていて、また、中止し、翌二十一年二月期は本格流行で三度、中止になるかも知れませんなぁ・・・。(大汗)

・・・当分は、簿記を取り敢えず取ろうなんて、夢みたいな話かもしれませんな。(涙)

「・・・今流行りの、「リモート受験」は無理なのかしら??」(嫁)

「一応、計算が有るし、あらかじめ用意した回答を選択する方式でやるなら有り得るかも知れん。だが、リモートでやるとなると、カンニングが当然横行するだろうなぁ。ま、教科書を盗み見ながらの回答では時間が掛かり過ぎて、逆にダメかも知れんがな。(苦笑)」(私)

しかし、試験関連での問題はソコでは無いですな。

冬場の本番時期には、イヨイヨ息子の高校受験が待っていると。(悩)

・・・コレはどうするんだろうか?(自分にも全く分からない。)

「そうじゃん!(驚)でも、どうなるかなんて、先生は何も云わないし、ボクにもわかんないよォ!(焦)」(息子)

「落ち着け!(怒)お前は何で、目先の状況変化に対してそこまで落ち着きがないんだ?(謎)」(私)

「繊細で多感な、アタシの血(DNA)ね。(笑)あなたのテキトーで、他の人達には「肝が据わり過ぎている」と感じさせる神経の無さが似れば良かったのに♪」(嫁)(←(怒))

その方面に関しては、当然役所仕事(管轄省庁の方針意向)が絡んでくるので、受験は来年の夏以降か?(十分あり得る。つまり、学年期の例外延長措置等を国会で決めれば良いだけだが、ソコまで行くのも非常に時間が掛かる。(大汗))

ま、実際は、中坊の受験ごときと云うより、より重大な問題は今年高三になっている子達でしょうがネ。(もういい加減に大人になりつつある年ごろであるが故に、大変不安で、心配だろうが、そこを敢えて、意図的に注意を向けないで無視して、やるべき事(受験のための試験対策。コレは、経験からは単に受験先の大学に即した試験の点取り対応策の策定と実践に過ぎず、本質的には「本来の意味での勉強」ではない。)を今の内に沢山しておくべきだと、助言しますな。)

いずれにしても、もはや息子は簿記の試験は受けられなくなりましたがネ、ワタシは一応、受験する予定では居ますが、ソレは果たしていつになる事やら・・・。

また、問題集とかを買い直さねばならんのだろうか?

・・・泣けますなぁ。(泣)






 

2020年6月 3日 (水)

ようやくかよ!(呆) ウワサのアベノマスク、受領しましたな。

1_20200603211101 2_20200603211101

・・・、やっと来たか。(苦笑)

去る、四月。

首相自ら発表なさった、マスク不足に対する政府支援策の、布マスク二枚セット、通称「アベノマスク」。

今はもう、六月で、しかも腐ったテンバイヤーや、チャイニーズ、コリアン共に食い物にされてきた中国製の粗悪な紙マスクも遂にバブルは弾けて嫁の話では薬局に、「運が良ければ」(苦笑)一応、最低限の「規格品」の紙マスクも購入できつつあるこのタイミングでか?

まぁ、遅すぎますなぁ。

さて。

このマスクは、二枚入りで有るのは当然として、中には取説付きで、事前情報によれば面積が小さく、私のように顔も大きい人では、花が隠れないという事でしたな。(大汗)

しかも、耳に掛けるヒモは伸縮するものではないので、やはり顔の大きい人はソモソモが装着不可なんだと。(落胆)

そして、不良品が多発していたため、その検品作業だけでも更に血税が注がれる羽目になったんだと。(血涙)

だが!(驚)

Photo_20200603211101

私の物は、伸びるゴム製なんだが・・・。

確かに面積は小さいが、ワタシでも何とか使えそうですなぁ。

ま、少しでも大きめに首を動かすとはなが出そうなんですがネ。(大汗)

Photo_20200603211103

外観は、何の変哲もない、そう、小学生時代を思い出す、正に「給食係用マスク」そのモノですな。

Photo_20200603211104

ガーゼは、普通のモノで、勿論、ウィルスの「食い止め防壁」としての機能はかなり低いが、何も無いよりは遥かにマシですなぁ・・・。

ただなぁ・・・。

これからどんどん気温が上がる今の季節では、やや苦しいかも知れませんな。(汗)

私の場合は、未だに社員の殆どで在宅勤務が続いていて、自身も出勤は精々が週一程度ですからなぁ、その時に使うのではなくて、チョットした買い物程度の用途で使うとしようか。

ご丁寧に、取説付きですな。

Photo_20200603211102

トコロで。

「学校!学校♪」(息子)

「浮かれて、気を緩めるなよ!!(怒)」(私)

息子には、長過ぎた休校の様ですな。

今月に入ってわずか数日ですがネ、今日、電車に乗ったんですがネ、人が増えてきていますなぁ。

まぁ、秋くらいまではソレなりに(もはや、コウとしか言えない)持ち堪えられそうだとは思うものの、冬に更に変異したヤツが大流行をしやせんだろうかと、心配になる今日この頃と。

世界に目を向ければ、予想通り、アメリカでは人種差別を「発端」とした、暴動が起きているんだが、関係ない略奪、強盗が大流行りとは、ホント、アメリカの本来の姿が次々露呈している様で、呆れるしかない。

しかも、もう、十万人以上の死者が出ているのに、マスクもせんと大声で怒鳴りまくる暴徒を観ると、一月後にはどうなっているんだか、恐ろしくて仕方がないですなぁ。

しかも、中国をひたすら攻撃して、経済制裁等の範囲で済んでいるウチは良いが、頼むから軍事行動にだけは発展しないでほしい・・・。

本当にイヤな世の中になりましたなぁ。(号泣)



« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ