« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月に作成された記事

2020年2月25日 (火)

週刊「74式戦車をつくる」製作記3:M2重機関銃と、ローダーズハッチ兼排莢ポート、砲手/装填手用ペリスコープの製作。しかしなぁ。(大汗)

(その二からの続き)

Photo_20200224154403

・・・、二号纏めての発送のようですな、今後は。(送料がタダだから、ケチっているのか?(笑))

ソレで、先日届きましたな、四号と五号。

4 5

だが!(驚)

書店で見かけましたがネ、五号はシュリンクパックに成り、異常に軽かったんですが。(汗)

送られてきたものは、外箱を排した、正に中身のみ。(部品と、冊子しかない。)

しかも、冊子も五号からかなり薄い感じとなり、何だか寂しいですな。(部品も少ない)

そして、書店では、六号以降が入荷されなくなりましたな。(涙)

ま、イイか。(笑)

外箱なんて単なる「ゴミ」になるだけだから、良しとしよう。(苦笑)

さて。

今回組み立てるのは、近接での歩兵等制圧兼対空用の車載重機関銃M2及び、装填手兼排莢済みの空薬莢等を棄てるローディングハッチ、そして、装填手と砲手用のペリスコープですな。

で、今回も、ABS樹脂パーツは全て塗装する事に。

ですが、今回は迂闊でしたが、この戦車は二色迷彩、と云う事は前回購入した濃緑色意外に茶色も追加で購入しないといけないと。
また、重機関銃自体は塗装済みですが、黒色なので、ガンメタルでは塗装できないので、ココも黒色で塗装するしかないでしょうなぁ・・・。

Photo_20200224154301

しかし、今回またしてもワタシはミスをしましたな。(汗)

それは、部品の洗浄ですな。(泣)

中国製で、かなり強力な離型剤が残っている様で、ナイロンプライマーとサフェーサーをかけても剥がれまくる塗膜と。(号泣)

今回はドウかな?(笑)

結論としては、ダメでしたな。

ソレに、部品精度が非常に低く、排莢用ポートが真面に閉まらないし(血涙)、重機関銃の初弾装填用ハンドルが嵌らない。
塗膜が剥がれた上からは、アクリル塗料でリタッチしましたがネ、艶が違うし、やや色調も・・・。(泣)

Photo_20200224154402M2

各パーツの接着は、シアノアクリレート系と、ABS樹脂用を使うのですがネ、問題はそれ以外にも有るんですなぁ・・・。

例えば、ハッチ類は、大き目のビスを通してナット等で締めるんですがね、組立説明の方式ですと非常にやり難いので、逆方向でやるしかない様ですな。

また、やはり、付属のドライバーのみでは舐めてしまいそうになるので、今回からBERA社のマイクロドライバーでいきましたが・・・。

やはり、ビットがシュコっと入り、舐めそうになる事もなく、快適に締め込めますな。(苦笑)

Photo_20200224161701

写真の右側の大きめのビス、もうやや変形していますがネ、こちらが付属のドライバーで締めた物で、左がBERA社の物。

違いが歴然ですな。

他には、ピンセットに、プラハンマー等が今のところ、必要になりますな。

何だかんだで、一応ココまでは完了ですが、次回とその次は・・・。(大汗)

Photo_20200224154302

何とその案内すら、五号から消えている。(涙)

ま、楽しみに待とうか。

(その四に続く)

2020年2月24日 (月)

こんな状況で、旅行に行くなど!!(悩)

今年になってから、突然降って湧いたかと思えば、瞬く間に世界で蔓延しつつある、武漢カゼまたは、新型コロナウィルス。
(中国傀儡組織にまで腐った能無しWHOの付けた「忖度名称(COVID-19)」は個人的に不使用。(怒))

・・・下手をすると、ワタシも「もう拾っている」かも知れない。(恐)(なんせ、症状が出ない場合もあるらしい。厄介ですなぁ。(汗))

何故か?

ソレは、ワタシの通勤路での電車の路線は途中、東京や品川を経由するので、先月の下旬以前から、非常に沢山の地元中国人(或は地元韓国人)観光客が、車内で勿論マスクもせずに大声でけたたましく喋りまくり、それ以外の(外国人も含。)人々からは顰蹙を買う訳ですがネ、勿論、彼らにはンな事は関係が無い、という状況がほぼ、日常茶飯事だからだと。(怒)

十数年前、マダ息子が生まれていない時期に嫁とハワイに行った時も、世界はSARSで大騒ぎであり、空港で体温測定の検査が物々しかった事を覚えており、当時から、職場の机にアルコール消毒液(携帯用の)を据え、帰宅時には同じく消毒液に、厳重な手洗いとうがいをしていましたが。

実は、ソレが癖になり、未だに当時から現在まで続けているんですなぁ。(消毒液の携帯用ボトルはもう九個も交換している。(汗))

(部下)「〇〇長、流石ですね、こうなる事を見越して今まで続けていたんですね。(驚)」

(私)「ソンなワケないでしょう。(苦笑)単に習慣化されてきただけです。マスクなんて、今月に入り、ようやく少量の製品を買えたので付けているだけだが、君たちも自己対策を急いでほしいですね。場合により、会社が自宅での勤務を(半ば)強制化するかもと人事の連中から何となく声が聞こえてきています。時差出勤などはナンセンスでしょうね。しかし、君たちの業務内容からは、自宅勤務ではなぁ・・・。(悩)また、苦労を掛けるのですが、〇長以上で、早急に自宅勤務時の業務遂行マニュアル及び緊急時の対応フローマニュアルの一部を改訂して三月からなら即時移行できるようにするべきでしょうね。」

(部下)「しかし、他部署はこちらの様な対応をすぐに取り、準備ができるのでしょうか?(謎)イヨイヨになってからではないでしょうか??(汗)」

(私)「・・・その通りだろうなぁ。まぁ、オリンピック時の対応こそが本来の話だったワケでソレが前倒しになると考えればイイのでしょう。他部署と連携がうまく取れない時期の想定対応策の策定も頼めますか。まぁ、想像の範囲内では限界があるとは思いますが。(悩)」

(部下)「私たちは関係がないですが、下の者の残業が・・・。(悩)」

・・・全くなぁ!(怒)ナニが、働き方改革だ!政治屋がクダラン上に要らんコトばかり押しつけやがって!!(激怒)

などと、憤りつつ、帰宅すると。(疲)

(嫁)「・・・お疲れ様。でも、明日の旅行、大丈夫?」

(私)「(疲)?あ、そうか、〇〇(息子)が、また大洗のあんこう鍋が食べたいとかで去年から予約していたんだっけ?しかし、この状況では、大洗も御多分に漏れず、観光地だし、中国人も来ているだろう。恐らく泊まるとこだけは問題ないと思うが、それ以外の所はドコにも立ち寄れないぞ。(汗)それでも行くのか?」

(嫁)「でも、もう、キャンセルすると違約金が。(汗)ソレに、あの子楽しみにしているし。」

(天の声)「アホか!(怒)ンなモンはサッサとキャンセル料払って止めるべきだろう。わざわざ、(ドコかで)ウィルスを拾って、(オレ達に)移すようなことをするな、ボケ!!(怒)」

・・・、仰る通りですなぁ。(泣)

しかし、今回は、民宿(料理が旨い)から一歩も出ずに、正に泊って料理を食べるだけの為に出かけましたな。(涙)

・・・下手をするとコレを最後に向こう半年は旅行など無理かもしれないですなぁ。

途中、大黒ふ頭の横にかかる橋の上から十二月に大桟橋で見た時にはまさかこんな話になるとは夢にも思わなかったダイアモンド・プリンセス号をチラ見しながら、大洗町に途中、トイレ休憩時にも正にトイレ以外には一切立ち寄らずに、と云う残念な内容で到着と。(泣)

Photo_20200224101002

てっきり、お客は、七組まで泊まれるこじんまりした所なんですが、私達だけかと思いきや、三組でしたな。(汗)

前回から感心していましたが、部屋の清掃は異常なほどに行き届いており(安堵)、後は、持参した加湿器を使用、マスク着用の上、しつこく換気をしてこれまたトイレと食事と、入浴以外は部屋から出ないと云う、正に何しに来たの?状態で、家族でUNOとカードと将棋をして過ごしてましたな。(号泣)

しかし、久々のあんこう鍋は、ワタシには相変わらず謎な味でしたがネ、息子は刺し身と共に食べまくっていました。

帰りがけには、コレではあまりに寂しいので、民宿の前に広がる海水浴場に行き、海だけ見て、帰りましたな。

Photo_20200224101001

個人的には、水戸の納豆と、海鮮食品、なにより、地元の焼酎(前回とは別の)を買いたかった。(血涙)

(息子)「少しだけリフレッシュできたけど・・・。もう旅行は無理なの?」

(私)「分からん。だが、世界中で大流行するのは、もはや避けられんだろう。当分はキャンプ等も以ての外だな。それに、学校がヘタすると休校になりかねん。となると、〇〇さん(=彼女)とは学校で会えない可能性も有るし、第一、外出を制限されるだろう。」

(息子)「そうなんだ。(意気消沈)」

全く、迷惑千万ですなぁ。(怒)

株価も下がり、非常にヤバい感じですがネ、YENも本質的に売られているようで、円安とはなぁ。(マジにヤバい。)

責任感など皆無な超個人主義の中国人にSARSに続き、今回の責任を追及しても無意味だし、寧ろ、イヨイヨ本質的に距離を色んな意味で置き始めて、やがては二十年程度前の状況に戻して無視しても良いのではと感じますなぁ。

なんせ、チャイナリスクとは実に他方面に渡る事が今回の事で明らかになって、しかもソレをなるべく自国で何とかするような能力は無いし、日本も相変わらずの緩さで防疫給水方面の無能ぶりは、今回のダイアモンド・プリンセス号での対応を見るとあの悪名高い旧日本陸軍関東軍所属の石井731部隊の創設の理由にもなった大正時代(当時は結核や天然痘等対策)から何も変わっていない様ですからなぁ。(怒)

コレで、世界の経済活動が滞る様では、勿論、ビジネス面からは特にですがネ、離れて然るべきでしょうなぁ。

泣けるを通り越して、不安ですな。




2020年2月 5日 (水)

映画「オーバードライブ」を観てみた。だが!!(驚)

Wrc

実はもう二年も前になりますがネ、映画館でこのラリー物という非常に珍しい邦画を観ておりましたな。

車は、最近に日本でも発売が開始されたヴィッツの後継車ヤリスを使用した物で、走行シーンの八割方はCGなので迫力はイマイチですがまぁ、割と楽しめる内容ですな。

確か、観客は、二十代中頃から四十手前までの女性が多く、「何故だ??」(謎)と思いつつ、無知でお人好しのワタシは「ラリーが流行っているのか??(スゲェ!)」等と思っていました。

ですが。(汗)

ソレは大き過ぎる間違いで、彼女らの目当ては俳優なんですな。(涙)

世界のサニー・チバ(=千葉真一)(笑)の次男坊と、モデル出身の俳優が主役と準主役を固めており、彼らを観るのが目的なんだと。(納得)

最近、偶に書店で立ち読みしているラリー雑誌のラリープラス誌の別冊にこの映画の特集号が有る事を知り、酔狂にも購入してしまった。

ソレを読んで居ると嫁がですな。(汗)

(嫁)「エ!あの人が出ている映画の本?何の話??」

(私)「見りゃわかるだろ、ラリー。ナンチャッテJRCみたいな。(笑)だが、マサハル氏(=福山雅治氏ね)は出ないがな?」

(嫁)「そうじゃなくて!(怒)アノ不倫騒ぎの・・・。」

(私)「ハ?不倫だァ!?まぁ、芸能人だし、普通だろう。」(笑)

(嫁)「ソレが、大バッシングが、今も絶賛進行中なんだけど。何で知らないの?(呆)」

(私)「ボクは芸能人ネタには一切関心が無いし、意図的に情報を入れない事は知ってるだろ?で、なんで、そんな程度の話でソコまでヤラレるんだよ?(謎)」

で、暇つぶしに嫁の話を聞いてみると、どうやらバッシングされているのは皆に慕われ、メカマンとしての腕も良く、気配りの男である兄貴役の俳優の様ですな。

驚きですが、彼はアノ渡辺謙氏の長女と結婚しており、三児のパパなんだと。(驚)
更に、業界内ではオシドリ夫婦(この鳥知らないなぁ。)という認識の下、子煩悩なイクメン(何でもメンを付けるなよ、アホに聞こえる)パパとしても認知されていたそうな。(まぁ、映画でもそう云うイメージですなぁ。(苦笑))

清廉潔白にして、穏やかな感じの爽やかさがウリのヤングパパさんと云うワケだ。
とても自分にはつかないイメージだなぁ。(号泣)

そんな彼が、十歳くらい年下の同業者の女優と三年前から不倫関係を持っていたそうで、その当時、嫁さんは。三人目を妊娠中であり、出産前のキツイ状況下で上の子の育児にも追われ、実際には彼はイクメンでも何でもなく、家事と育児をほぼ嫁さんにやらせていたそうな。(アリがちだなぁ。)

1.仕事人(芸能人としての)イメージと、更にはソレを前提とした私生活面でのイメージからも大幅に乖離していた本来の姿は、所謂ダメ男としての姿。

2.身重の嫁さんを差し置き、当時未成年の小娘と不倫関係を持ち、三年も継続させていた不誠実さ。

コレに裏切られたと、ファンを始めとして主に三十代の既婚女性の一部と未婚女性達の大いなる不興と怒りを一手に集めて連日、マスコミが記事を次々と載せるので大フィーバー状態なんだと。(呆)

全く以て、理解出来ん!(大マジ)

こんな程度の話なんて、一般人ベースでもそこら辺に吐いて捨てるほど有るではないか!

過去に、職場内での不倫関係の挙句に、妊娠させ、職場の規律と風紀を乱し、迷惑なために日本の労働法規ではその程度の話で会社から強制的に解雇は出来ないカラクリになっているので、別の手で「諭旨退職」的な退職勧奨を人事部と組んで行い、何人か辞めさせた経緯も経験でありますがね、この話だと、別に相手の小娘は妊娠はしていないし、ソモソモ不倫に至る過程ではエセイクメンに言葉巧みに騙されて不倫関係を持ったワケでもなさそうですなぁ・・・。

つまり、不倫とは民法上の不貞行為による慰謝料請求等の損害賠償請求や、離婚事由の適用による訴訟か調停、離婚手続き時の財産分与や親権の振り当て等の問題は発生しても、刑法上では何も問題が無いので、犯罪者ではないですな。(汗)


なのに、何故にココまで犯罪者扱いされにゃいかんのだろうか??(謎)

それになぁ・・・。

過去の経験から、「何故そんな事に?」という部分を聞いてみると、一方的に悪いのはナニも不倫関係にある当事者二人だけとは限らない様ですな。

夫側ではなく、驚きですがネ、嫁さんの暴言や暴力(!)が酷くてキツイので、他にまともなイイ相手を見つけたとか、嫁さんの性格が最悪で、家で自分を無視されていて家に居場所がないとか、別れたいのに、嫁さん側が「プライドの問題」で離婚に応じないので、やむを得ずやはり他のまともなイイ女と・・・、等々。(苦笑)

不倫なんて、外国なんかではあの英国の王族(ソレも王位継承権者というヤバさ。(笑))ですらやるくらいですからなぁ、そんなに大問題なのか??

(怒れるファン)「でも、(今まで抱いてきた)イメージと(全然)違うし、(子育てに必死で罪も落ち度もない良い)妻を蔑ろにするなんてヒドイ!!(怒)」

イメージなんて、その俳優の所属する事務所のプロモーション(=売り込みの為の営業ツール)だから、本来の姿と大きく違うのは全く当然では??

ソモソモ、どのようなイメージを持つかなんてファンの勝手であり、当事者には全く関係が無い話で、正直、この感覚は訳の分からん一方的な女性弱者を前面に立てた正義感、或は押しつけがましい倫理観の暴走としか感じられず、非常にキモチ悪い。

それに、えらく同情されている嫁さんは、妻、母親としては本当に優秀な人なんだろうか??(大いなる謎)

ココにも疑問が有りますし、このままバッシングが続くと寧ろ、この瓦解寸前の家族には更に不幸が襲うのでは??

例えば、まだ小さい上の子がイジメに遭う(凄くあり得る)事で、不登校や精神異常を来す事が考えられるし、この件で結局、離婚ともなれば、子供の心には更にデカ過ぎる傷を負わせる結果となるでしょうなぁ。(コレは子供の将来を鑑みてもかなりヤバい。)

そうならないためには、コレは個人レベルの問題であるのでそっとしてやるべきだし、ソレが当たり前だろうになぁとしか思えませんな。

最終的に、この手のニンゲンは、性根と云うか、本質と云うか、そう云う部分が不倫をさせているので、まず治らない。

だが、離婚は父親としての責務の全うとしてはあまりに無責任であるとも感じる。

三十年くらいかかろうとも、何とか夫婦関係を修復させつつ、創った家族としての関係単位を壊すのだけは止めた方が良いと思いますが、そのためにはもう外野は黙るべきですな。

特に商売しか考えていない、マスコミには是非に自粛を。

・・・無理だろうなぁ。(涙)














 

2020年2月 4日 (火)

Canon EOS-1D X MarkⅢ購入に際して、CFexpressを考慮するとPCも買い替えが必要?(汗)

Index

・・・。(悩)

ワタシのPCは購入してから既に六年半。

しかし、スペック的には、実働的に全く不満もなく、珍しく買い替えもしていないし、考えても居ない・・・。

だが!!

今回、EOS-1D XⅢに買い替えると、イロイロと問題を感じますなぁ・・・。

と云うのも、今回のマイナーチェンジは、予想を大幅に裏切り(笑)、かなりの高性能になり、その中で一番違うのが記録メディア自体が今まで使用していた物は別物に変わる事ですな。

圧倒的な、ファイルの転送/書込み速度を誇る化け物みたいなCFexpressカードに変わるんだと。

しかも、有線接続ではUSBケーブルを使うのですがネ、これが3.0(GEN2)という規格でないと高速で大容量のデータを転送できないらしい。(汗)

しかし、ワタシのPCのUSB規格は未だに2.0だし、ストレージ部分は物理動作記録式のHDDだと。

どうやらこれでは、折角の高性能をPC側でサポートは出来ないかも知れないと気付いたんですなぁ・・・。

それに。

この六年、デスクトップ機で運用していますがネ、やはり撮影旅行時にはノートの方が圧倒的に使い勝手が高く、機動性も高い。

しかし、冷却等の部分で、ノートはその性能ではかなり劣る。

今回要求されるPCの性能は高速演算能力と安定性も欲しいですからなぁ、悩んでしまいますなぁ。(苦笑)

少なくとも、CPUのクロック数、メモリーは現在でも16G有るので特に問題はないが、32Gに増設し、ストレージはこの際は電気動作記録式のSSDに変更し、そして、グラフィックボードを強化し、USB規格は3.0が最低でも一系統は無いと辛い、イヤ、辛そうですな。

SSD装備であるなら、ノートでも冷却問題は余り気にはならないだろうし。

しかし・・・。(汗)

カメラだけでもこのままでは八十万少し。

其処に、PCともなると更に二十万は掛かりそう・・・。

結局、百万円かよ!!(怒)

まぁ、PCは騙し騙し行くとしても、やはり来年にはイヨイヨ買換えかも知れませんな。

泣けますな。


2020年2月 3日 (月)

週刊「74式戦車をつくる」製作記2:コマンダーキューポラの製作。しかし。

(その一からの続き)

Photo_20200202175401

さて、今日は第三号の組み立てですな。

・・・と、考えていたらですな。(驚)

なんでこんな、デカい箱で??

あ、特典第二弾の、ディスプレイケースの台座か!

Photo_20200202175702

今頃送られてきても、多分、箱から出すのは二年弱先ではないだろうか・・・。(汗)

重さもそれなりなので、キャンプ用具庫の後ろに立てかけておこう。

ソレで、今回は、コマンダーキューポラ―の組み立てですな。

Photo_20200202175703

ですが。(汗)

ハッチ、前号迄の砲身等は無塗装。

しかも、ABS樹脂製。(泣)

コレは塗装しかないでしょうなぁ。

ソコで、塗料はタミヤの自衛隊戦車の新色の濃緑色を購入し、塗装する事にしたんですがネ、ABSはラッカー塗料のシンナーが載ると「割れやすくなる。」
なので、ナイロン用プライマー→ラッカー用プライマー→濃緑色の順で進めていきましたな。

Photo_20200202175801

しかし。(血涙)

既に、一部が剥げてしまいましたので、次回からは超音波洗浄機を使うしかないくらいに離型剤がベッタリの様ですなぁ。

ま、ソコはともかく、一応、色合いはかなりの近似色で、やや艶消しが強めに出ますがネ、コレなら使えそうですな。

キューポラ―への部品の接着は、ABS樹脂なので、スチロール系接着剤(普通のプラモ用)は使えないので、ABS樹脂専用の物か、多用途接着剤、またはシアノアクリレート系接着剤を使うしかないですな。(メンドクサイ!!)

組み上がると、割と、質感良く仕上がるのでコレは嬉しいと。

Photo_20200202180201

さて、次はこのキューポラ―のヨコに搭載される、歩兵制圧兼航空機攻撃(現在ではまず無理だが。(苦笑))用のブローニングM2 50cal重機関銃ですな。

今号でも、銃身と、機関部が何故かダイキャスト製で付属して来ましたがね。

この流れでは、まずは砲塔を先に進める様ですな。

(その三に続く)




2020年2月 2日 (日)

ハァ!?(呆)わくわくゲートレスだとぉ?(謎)

Photo_20200201215101

先日、HONDAは売れない(泣)RP3/4ステップワゴンの恐らくはラストマイナーチェンジとして、この車の最大の特徴である分割開閉式の後部扉(リアゲート)のわくわくゲートを排したグレードモデルを追加した様ですな。(呆)

・・・ん?

待てよ。

そもそも、二〇十五年に出たばかりの時にはゲートレスが在った様な気がしましたからなぁ、要するに元に戻っただけカモ?(笑)

それ以外は、確かにもう完成された車だからデザインも含め、(或は売れていなくてカネが回せないから?(涙))変更はないと。

それにしても・・・。(呆)

この装備は、本当に使えるのになんで、要らない、などと云うユーザーが存在するのか謎でしかない。

実は、この話題を巡り、価格.comでスレが建っていまいたが。

そもそも、要らない派の言い分というか、理由は以下の通りの様で。

1.扉の分割線が邪魔で、後方視界が良くない。
2.後方からの様子が分割線が縦に走り、且つ、ワイパー取付け部含めたドアノブ部が黒く一段下がった様な意匠でダサい。
3.バンパー一体型だから、追突事故時の修理代がその分嵩み(ドアのヒンジ等の細々した部分も更に乗る)、「コスパ」最悪。

・・・。(笑)

マジに理解出来んですな、まぁ、3の前半部分はともかく。

実際に、運転していて、分割線は確かに目には入るモノの、ルームミラーの角度調整が真面に出来ていれば、その線、と云うより柱はミラーの右端に在る訳で、ほとんど気にはならない。
恐らく、ルームミラーをある意味驚きと共にお笑いですが、もしかして後方に対してミラー面を「相対」にしているからでは??(謎)

ドコの初心者運転手なのかと、疑いたくなるでしょうがネ、コレなら確かに柱が中央に在り、且つ、もうこれは運転手の資質に拠る話ですがネ、瞬時での空間把握能力、及び動体視力(兼知能的な分野)が貧弱な人だと、柱に後方の車両等が重なると混乱し、「???、見えん!(怒)(運転中で常に短時間での判断に迫られるため、余裕が無く慌てるので)、コレは使えん!!(怒))」となるのではと思いますな。

・・・まぁ、確かにこの部分は脳の構造的な問題も有るので、限界はあるとは思うモノの、この車の場合、ルームミラーは二つ在り、車内後方の確認はサングラスホルダーにあるワイドミラーでソモソモ確認すれば良い訳で、本来のルームミラー自体は勿論、相対にしては、右半分方向は殆どが自分の像を含めた「死角」部分を映しているだけで、役に立たないのが分からないのでしょうかネ。(マジ謎)

2に関しては、単にセンスでしょうか?(笑)

なんでも、このワイパー駆動部分等を含めたドアノブの「黒い部分」を車体色と同色の樹脂製プレートで塞ぐガーニッシュ(?)みたいなモノが有るそうですが、まぁ、お好きにどうぞと。

後方の窓は横に長方形型に四角く「揃わんと」いかんのだろうか??

一応、家族に聞きましたが。(汗)

(嫁/息子)「エ!?そうなっていたっけ?(笑)気にもしていなかった。アレがカッコ悪いの??」

・・・全く同感ですな。
ですが、個人の趣味を認めないのは愚かなので、まぁ、この部分は今回のマイナーチェンジにはカンケー無いし、ミニバンごときにリアビューが云々なんてドーでも良いような・・・。(苦笑)

3に関しては、確かにそうなんでしょうが、ココでもコスパか。(呆)

最近のワカゾー(小娘含)共は口を開くとスグにこの単語が出るんですがネ、そんなにカネが無いのか??(謎)

コスパとはコストパフォーマンス、日本語では費用対効果ですが。

車輛運用とは、ソモソモ非常にコスパが悪い。

特に燃料費がネ。

ソレで、追突された時、実際にはリアゲート一枚のユニット交換で済むのか?

んナ訳はない。(笑)

実際は、本来のバンパー周り、車体の歪みの修正板金工作等々にお金がかかる・・・。

多少、可動部が増えたトコロで、一枚板との差は僅かに数万円程度で、そこら辺を走る運転手の八割は任意保険で免責外の金額を多少の負担で解決するだろうから、問題なのは残り二割のリスクヘッジが出来ない、そう、任意保険に入らない(コスパが悪すぎて入れない?(笑))恐ろしい方々だけでしょうな。

任意保険未加入ですと修理代金は十万円台後半程度でしょうからなぁ、多少、代金が上に跳ねてもイミ無いのでは??(笑)

この車のリアゲートは、先の記事にも書きましたがネ、バンパー部分まで開くので「長大」ですな。

更に、開口部をより大きく開けるためにヒンジ部分は上にせり出すように開きますな。

すると、もうこれは立体駐車場や、地下駐車場では、わくわくゲートが無いと車をかなり前に出さないとリアゲートは開けられない。(泣)
気にせず全開に空けられるのは我が家の場合はキャンプ場だけですな。(笑)

自宅駐車場でも後方に空間が余り無いので、わくわくゲート無しではとてもやってられませんな。

また、背が高いので、状況により、車の天井のやや上に木の枝なんかが有ると、リアゲートを開けるとソレに当たりキズが付きかねない事態も有るんですがネ、そう云う時にもやはり有用ですなぁ、わくわくゲート。

・・・、売れない理由の一番の要因としては、ズバリ価格設定の高さだから、次世代車が出るまではもう無理かもしれませんな。

購入前に、TOYOTAも日産も乗りましたがネ、TOYOTAの一枚板のリアゲートは車体からしてペラペラに剛性が無いので、非常に軽く、且つ、上にせり出すように開くようには作られていないが、それでも長いから開けにくいし、日産は上下分割式ですがネ、やはりアレは腰に来そうだし、背の低い人にはやや使い難い。(泣)

その点、わくわくゲートはその様な問題はなく、独自性の詰まった良い装備ですからなぁ、コレに懲りずに次世代車でも是非に残してほしいモノですな。(マジ)








« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ