« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月に作成された記事

2019年12月26日 (木)

映画「スター・ウォーズ最終回 EP9 スカイウォーカーの夜明け」を観に行きましたな。

Sw

第四話が映画館で公開されていたのはワタシが小学生の時・・・。

第五話は、息子と同じくらいの歳で、第六話は高校生の時に嫁と観に行き。

第一話から、第三話まではDVDで誤魔化し。(汗)

第七話から、スピンオフ判二話目の全ての話は一人で観に行き。(疲)

今回、完結話であるはずの第九話は息子と観に行きましたな。

スターウォーズ第九話、スカイウォーカーの夜明け。

勿論、今回は、IMAX 3Dのフルスペックにて。(笑)

(息子)「・・・字幕はねぇ、なんだか、僕の翻訳とビミョーに違っていてイラつくんだよォ。(悩)」

知るか!!(怒)

息子は、初3Dムービーと云う事で、緊張気味と。

・・・だから、ゴジラの時に観ようと云ったのだ。

(息子)「だから、翻訳がさぁ。(汗)」

・・・あ、そ。(呆)

ソレで。

映像自体はですな、流石の音響で、3D効果もあり、非常に楽しめましたが・・・。(悩)

やはり、ストーリーがナァ。(汗)

カイロ・レン(ベン・ソロ)とは、いったい何がしたいのか?

また、登場の段階で、宇宙の指導者???

全然、実感と威厳を感じられない。(泣)

今回のシリーズ序盤から常に違和感しかないこの人物・・・。(別に俳優には問題を感じない。)

やはり、アクション以外の脚本構成に問題が大アリなのではと感じずには居られない。(怒)

しかも、シリーズ九作中では屈指のチャンバラ(ライトセイバー)シーンの詰まらなさ。

やはり、主役を女性にした事こそが最大の失策か。(女性蔑視ではない。)

ソレから感じるのは。

世界観という事では、ディズニーに買い取られるまでは、ヨロズの(笑)宇宙人がそこかしこに居て、割と雰囲気を出していたのに。

本シリーズでは、それをほぼ感じず、出てくるのはヒューマノイドと、ストームトルーパーばかりで、コレはゲームを売らんがタメだと感じずには居られない。(怒)

本編三部作に、スピンオフ二作を観て面白かったのは、スピンオフの方なのが非常に残念だと。

だから、未だにDVDを購入していませんな。

現時点では、ネタバレになるから一切書きませんが、ラストも非常に微妙ですなぁ、日本人の感覚としては、ですがネ。

やや残念な、完結となり、寂しくなりましたな。

2019年12月25日 (水)

「お前なぁ(呆)、豊かな老後は、健康な歯にこそあるんや。」(by父親)

Photo_20191223210701

最近、歯が痛むんですなぁ。(泣)

ですが。(血涙)

嫁で云う処の、ネズミ、息子で云う処の幽霊並みに私にとっては大の苦手が「歯医者」なんだと。

アノ、小径高回転型歯科医専用のリューターの音を聞いただけでもう帰りたくなりますなぁ。(汗)

ソレで。

歯を触るとグラグラと動く。(驚)

(嫁)「ソレ、歯周病の重症の状態なんじゃ!(怒)スグに行って!!」

(私/息子)「とても、恐くてイケナイ!!(マジ)」(号泣)

(嫁)「バカな事を云わないの!!(激怒)」

ですが。(大汗)

歯医者はマジに苦手なの!!

そんな時に、父親から怒りの電話が。(驚)

(父親)「お前なぁ、幾つやねん!!(怒)歯医者行けや!ハァ(=歯。大阪の言葉では、歯はハァ(語尾は↓))は、ほっとくとホンマにコワいで。それになぁ、お前ももうジジイになるんやから、入れ歯にするなんてめんどくさがりのお前が、上手くやっていける訳ない。正月に帰ってくるまでに行け。行かへんかったら、帰って来んでエエ!!(怒)」(←チクったな、嫁!卑怯者がァーー!!(怒))

(私)「云われましても・・・。(涙)」

(父親)「・・・情けなーー。(泣)〇〇さん(=嫁)も心配しとるのになぁ。今も痛いんかい!(怒)」

(私)「イヤ、少しマシになっている。」

(父親)「医者には、絶対に行け!せやけどな・・・。」

(私)「何だ?」

(父親)「まぁ、最近は技術も進歩しとってやな、歯ブラシも電動でシッカリ磨けるもんも有るみたいやから、それを買え。気を付けつつ、後は医者に任せとけばエエやろ。」

で、購入しましたな、Panasonic社の電動式歯ブラシ等の製品ブランドDOLTZ。

正に、死刑囚の気分で、医者に行った際にしつこく歯磨きの方法を教え込まれ、そのように磨ける唯一の製品の様ですな。

System_20191223210701

歯ブラシ自体は、超音波振動のヨコ磨きで歯周病菌とその病巣を削り落とすモデル(診断ではかなり歯周病が進んでおり、恐ろしいですがネ、ワタシの顎の骨はユックリ溶け出しているそうな。(泣))ですな。

骨の病気の様で、歯茎までも磨いて進行を遅延させる効果も狙える模様ですな。

そして、今回は、歯間に詰まっている食べかすやら菌やらを高圧水流で吹き飛ばす(マジ?)ジェットクリーナーも購入しました。

コレで何とかしつつ、行くたびに憂鬱を通り越して、死にたくなるんですがネ(大げさ)歯医者に通うとしよう。

・・・泣けますなぁ。(マジ泣)

2019年12月24日 (火)

DJI Mavic Mini Fly More コンボ、導入までの道のり(別に苦労もそれ程ではないが。(苦笑))2:装備品も揃えましたな。

Photo_20191223210706

イロイロと届きましたなぁ・・・。(安堵)

注文していた、諸装備品が今日に全て揃いましたな。

まずは、ショルダーバッグですな。

メーカー名すら分からない(勿論、中国製)ですがネ、大きさと収納容量と、四千円という価格(笑)に、目がくらみ購入しました。

もう千円も出せば、レインカバー(驚)付きのバックパックタイプもありましたがネ、Phantom等の業務用ドローンならいざ知らず、所詮はトイドローンの大きさでの機体容積なので、ショルダーバッグで充分だと思いましたな。

勿論、ファスナー等は止水機能も無いのでですな、雨が降れば終わりですがネ、そもそも、気象情報を事前に把握してからフライトに行くのは常識ですかならなぁ、航空機運用は。(除:全天候型軍用機)

それで、コンパートメントはこの様になっていますな。

Photo_20191223210704

ディパイダーはこれでは使えないので、エツミ当たりの物と交換予定ですな。(泣)

フラップ裏面には、二つのポケット(内、一つはメッシュですな。)を装備し、背面と、フリップ前面に多数ポケットを装備しているのがイイですなぁ・・・。

更に、今回は、手製のヘリパッド(苦笑)は止めて、形状記憶合金フレーム製で折畳も出来るヘリパッドを購入しました。

直径は550mmで、MavicMiniにはピッタリですな。

Photo_20191223210707

三カ所のグロメットにはペグ(オモチャみたいなプラペグ三本同梱)が打て、強風時にも対策が出来る仕様ですがネ、遺憾ながらこの機体では強風時には勿論使えないと。(涙)

最後は、メディアと送信機+スマホ周りの装備品ですな。

まずは、スマホに嵌め込んで使うアンチグレアシールドですな。

折り畳めますな。

Photo_20191223210703
下の所がゴムバンドになっており、其処にスマホを通して使う訳ですな。

TORQUE G03の厚手の物でも何とかなりましたな。

Photo_20191223210702

それ以外では、送信機の本来はスマホを挟み込むスマホラックに更にベースプレートを挟み込み、更に、ボールジョイントで接続されたスマホラックにスマホを装着して、一段、送信機から飛び出た、そう、モニターとして使い勝手を向上させるためのラック、そして、今回は、以前から気にしていたものの、今回ようやく購入した風速計(教科書のガイドブックにも必携とありましたな。)も購入しました。

Photo_20191223210705

そして、マイクロSDカードも勿論届いていますな。

さて、年末年始は、実家の近くでこれまた少なくとも航空法上は大丈夫な、空域にて初期設定及び、初飛行だと。

楽しみですなぁ・・・。

(その三に続く)






2019年12月22日 (日)

DJI Mavic Mini Fly More コンボ、導入までの道のり(別に苦労もそれ程ではないが。(苦笑))1:早いじゃん!(驚)だが!!(汗)

Mini

オイオイ、発送は二千二十年の一月二十日頃ではなかったのカネ?(驚)

突如、ヨドから発送連絡が来て、本日、受領しましたな、Mavic Mini (Fly More Combo)・・・。

外箱はこんな感じで、白いシンプルな内容ですな。

Photo_20191221223201

発注したのが、今月の二日だから、かなり早いお着きと。(苦笑)

DRONE X Proとはえらい違いだ。(笑)

今回は、イヨイヨ、本格的な機体を手に入れたのでですな、装備をまずは揃えていこうと考えましたな。

まずは、当然ですがネ、記録メディアからですな。

この機体は、滞空時間は公表性能上では十八分ですがネ、勿論、ギリギリまで飛ばせる筈もない事は、DRONE X Proで経験済みですな。

第一、気温の高低で更にブレるハズ。
尤も、メーカーのふれこみでは「低温時でもスタミナ切れがない」等と謳っていますがネ、ンなワケはないでしょうなぁ。(笑)

となると、最高画質で、十五分程度(長くても)動画撮影したとしても、必要なデータ量は恐らくは推定ですがネ、5G程度でしょうなぁ・・・。

電池は、予備も含めて三本だから、要するに16G有れば余裕でしょうな。

ソコで、今回は、現在、ステップワゴン(RP3)のドライブレコーダーにも採用しているマイクロSDカードのサンディスクの高耐久型モデルのハイエンデュランスの16Gにしようと思いますな。

このモデルの場合は、静止画用規格では、HCクラス10で、動画記録規格でもV30、データ書き込み速度規格U3の性能がありますからなぁ、問題にもなりませんな。

だが!!(怒)

アノAmazonですら、売っていないと。(驚)

ソコで遺憾ながら、同一商品の32Gを一枚購入する事にしましたな。

今回は、更に(ようやくですがネ。(汗))、教科書で本気で勉強をしてみました。

Photo_20191221223202

・・・ナカナカ、分かり易い本ですな。

それにしても。(大汗)

自分では一応、航空法と無線法、ソレに小型無人機等の飛行禁止法(だったかな?)は調べて理解してい居たつもりが。(泣)

恐らく、この本の説明が正しければ、機体重量が200g切ろうと、要するに当局に飛行許可申請が必要なのか?(謎、と云うよりは、更に確認中)

このままだと、ヘタすると、上記の規制法規の他には、迂闊でしたがネ、道路交通法に加えて更に、上位法である刑法部分は基より、民法の権利侵害に該当する。(汗)

・・・(場合がアルかも知れない、つまり、訴訟沙汰になる)様な気がする。

ただなぁ。(疲)

申請を出す事自体は、若干メンドクサイ程度で良いんですが、警察と国土交通省に出すわけで、お役所仕事だから凄く時間が掛かると。(血涙)

しかもその申請理由が、単に「趣味のため」では、とても許諾が降りるとは思えない。(苦悩)

何れ、平日に休暇を取った際は、警察等に行き、申請用紙を手に入れて話を担当官に聞きつつ、「ドウいう感じなのか?」と云う事を聞き出してみよう。

何れにしても、今回、本体のキット以外に買い込んだ装備は以下の通り。

1.マイクロSDカード(32G)1枚
2.風速計1個
3.ヘリパッド1枚
4.送信機に装着するスマホホルダー(金属製)
5.スマホに装着するアンチグレアシールド1枚
6.付帯装備を含めた装備品一式を全て収納出来るショルダーバッグ1個
7.DJI純正、化粧プロテクターシート1セット(二月発送だそう。(泣))
8.DJI純正、プロペラホルダー(同上)

・・・コレに、ジンバル付きカメラのレンズを保護する、及び、光の乱反射を抑えるCPLフィルターみたいな物が必要なんでしょうがネ、コレに限っては適切な製品が無いんだと。(号泣)

本来であれば、早速にも初期設定すべきなんでしょうがネ、未だに上記の1から6までの装備品が届かないので、取り敢えず、スマホに飛行制御用アプリのDJI Flyとやらだけインストールして置こう。

装備の到着が待たれますなぁ。

(その二に続く)


2019年12月20日 (金)

「簿記二級(商業と工業簿記二級)」始動。だが!!

Photo_20191217192201

さて。

息子の学校の試験も終わりだし、イヨイヨ始めるとするか、簿記二級の勉強。

試験日は、二千二十年六月の中旬だから、半年の期間を今回は掛ける事にしましたな。

何故か?

ソレは、三級に比べ、もうあり得ないくらいに過去二年の合格率が低いからですなぁ。(泣)

なんと、平均でも15%台ダトォ!(驚)


何故に、こんなに極端に、級が一階層上がるくらいで超大幅に急落するんだ!(謎)


この話では、一級なんて、どうなるんだ??(呆)


それはさておき。(なんせこれを息子に話せば、必ず、集中力が切れて、受かるモノも受からなくなる。)

因みに、前回から私達は、教科書と問題集は、横浜にも実際に専門学校があるようですがネ、TACとか云う学校が独自に作っている合格テキストと合格トレーニング、ソレに、コレはマァ、来年に買うんですがネ、過去問題集を購入して勉強していますなぁ。

他にもイロイロとテキストやら問題集やらが出ていますがネ、ワタシが立ち読みで見て判断する限り、このシリーズが理解度を深く取れて、確実性も高いと感じますな。

一冊、概ね1400円はイタイが。(笑)

それにしても・・・。(大汗)

工業簿記とやらは、恐らく楽勝だろうが。(簡単な町工場規模での生産管理レベルに過ぎん)

商業簿記は、三級からの続きだというのに、格段に難解になっている。

コレはもう、二級を取れば、ワタシが日々取り組んでいる仕事面での企業の情報分析にも十分使えると云うか、ワタシの場合は知らないうちに実経験でモノにしいていた、イヤ、してしまった知識を体系的に整理できうるレベルだと。(驚)

更に一級レベルともなると、チョットした税理士か経営コンサルレベルの話になるのだろうか?

コレは、息子には悪いが、実益(仕事上での)も兼ねて、必ず取らねばなぁ。(激燃)

(息子)「おとーさん、用語からしてメチャクチャ増えてるし、難しそうだねぇ。(大汗)」

(私)「それをなんとか出来るのは、自分の力でしか無理だ。あと半年ある。頑張ろう!」

(息子)「うん。でも・・・。」

(私)「何だ?」

(息子)「工場の話が分からない。ドコか、社会見学したい。」

・・・、社会見学ってなぁ、まだ、小学生気分が抜けんのか?(呆)

仕方ない、大会社の工場の見学を学校と仕事を休んで見に行くか。(バカですな)

しかし、生産技術と経理周りを見学できないと意味ないなぁ。

ドコがイイか、探しておこう。

頑張るぞ!!

2019年12月19日 (木)

豪華大型客船ダイアモンドプリンセス号、横浜大桟橋に接岸。

Photo_20191216220403

嫁の新兵器、GoPro HERO7Blackの試し撮りと云う事で、早朝五時起きで、大桟橋に行きましたな。

ワタシは、知らなかったのですがネ、嫁は当日の早朝に大型の客船が接岸する事を知っていたらしく、気合十分と。(苦笑)

息子は、起きられず、夫婦でいく事に。

ソレで。

風がかなり強く、物凄く寒い!!(マジ)

現地に着くと、まだ写真のように月が出ており、日の出まであと一時間だと・・・。

それにしてもダイアモンドプリンセス号、相当な大型船ですなぁ・・・。(驚)

接岸は、タグボートも使わずに、船首のバウスラスターを使いつつ、ユックリと接岸していましたな。

大桟橋の入り口には、降りてくる観光客が予約したのか、スゴイ、タクシーの列ですなぁ・・・。

Photo_20191216220402

船の反対側からは、ユックリと朝日が・・・。

凄く寒くて、鼻水が止まらず、且つ、迂闊にも冬用のシューティンググローブを忘れ、手が悴んでイタイと。(涙)

(私)「で、どうよ、カメラは。」

(嫁)「朝日を撮ろうと思うの。」

Photo_20191216220401

(私)「エ!?そこに置いて撮るのか?撮れないのでは??まぁ、この風じゃ、三脚立てても多分、風で倒れるかもだが。ネックレス型のはどうした?(謎)」

(嫁)「忘れた。(大汗)」

・・・。(呆)

よく考えれば、三脚座が無いよなぁ。
使い難いな、GoPro。(汗)

そうこうしているうちに、朝日が昇りましたな。

今回は、三脚とレリーズコードを持ってきてはいましたが、この強風では立てられないので、手持ちで撮りましたな。

Photo_20191216220405

対岸の船の船体にも朝日が。

Photo_20191216220404

いい加減寒いので、ココで、帰宅しましたが。

夫婦で、帰り道は鼻水が止まらないと。(泣)

さて。

帰宅して、画像を再生しましたがネ、ちらつきが目立つなぁ・・・。

GoProの画像とはこんなモンなのか?(涙)

もう少し、晴天時とか、使わないと何とも云えないが・・・。(汗)

後は三脚座を買うべきだな、嫁。

一般的には、激売れの定番カメラの様だが、なんだか、疑問があるこのカメラ。

案外、DJIのOSMOの方が良いのか??

もう少し様子を見よう。




2019年12月18日 (水)

「〇△×!、〒♨!!~☆!!!(衣を引き裂く女の悲鳴)」(by嫁)

(私)「朝っぱらから、一体何事か!!(怒)」

(息子)「どうしたの、おかーさん。(驚)」

(嫁)「・・・、で、出たのよォ!!(絶叫)」(泣)

(天の声)「ナニがよ!」(謎)

ソレは・・・。(号泣)

我が家にとり、全く以て招かれざる客、「クマネズミ」ですな。(落胆)

別称、スーパーラットとも云われ、力が非常に強く、場合により罠を抉じ開けて逃走、警戒心の高さに裏打ちされた「知能」も高く、そこら辺の罠に掛からないことに加えて、身体、特に免疫(対薬剤)機能が高く、殺鼠剤も効きにくく、そして繁殖力が激タカだと。(恐)

尿やフンを巣を構築後はそこら辺に撒き散らし、ペスト等の病原菌は基より、ダニやノミも媒介し、そして住居を汚す害獣。
それが、ネズミですな。

今借りている家は旧く、よくよく見てみると壁に穴がある。

どうやらソコから入られたようで、以来、私の部屋の屋根裏が拠点になった様子で、物音がスゴイ。(怒)

被害は、分かる範囲では圧倒的に台所で、ミカン等の柑橘類は除き、「そこら辺に置いておいた」モノをガンガン齧られて、且つ、フンを撒き散らされて消毒が大変だと。

更に、嫁は小娘の頃から「超」が付くくらいのネズミ嫌いですからなぁ、大げさではなく、マジに精神的にやられつつありますな。(悲)

ソレで、取りあえず専門業者を呼ぼうと思ったんですがねぇ。

なに!(驚)

一戸建てだと、駆除に二十万だとぉ!!(怒)

ぼり過ぎではないのか!

チラシにある一万円からはウソかよ!
ボッタくりバーのマワシモンか!!

思わずそう思いましたがネ、一万円は驚きですが、ネズミの死体処理費だそうで。

あのなぁ、死体は住んでいる区のルールだと単に生ごみで捨てろと書いてあるのに、一万円!?

(嫁)「いくら何でも高過ぎるけど・・・。恐くて、夜にトイレにも行けない。(大マジ)」(←幽霊嫌いの小学生かよ!)

(息子)「・・・、おとーさん、ぼくたちで何とかしよう!おかーさんが大変だよォ!!ネズミの野郎、許せん!!!(怒)」

そうだな、暖かかくなると、さらに子供を産んで取り返しがつかなくなるからそれまでに何とかせんと、だな。(燃)

取り合えす、定番の粘着シート、殺鼠剤、穴をふさぐパテと金網類、更に、監視カメラを三脚付きで購入しましたな。

Photo_20191214215701
中国製で、三千八百円ですが、セキュリティー無しの危険なWi-Fi接続でスマホにアプリを入れて操作するのですがネ、アプリは危険でインストールできませんでしたな。
ですが、画像自体はSDカードを抜いてカードリーダーから観られるので、問題は無いし、性能的には赤外線LED装備で、且つ、自動で暗視画像での録画に切り替えられるので、夜中の録画も何も問題はないと。(但し、夜間では三時間のみ。充電には五時間)

ですが、カメラの設置性を確保する為に脚の底面に磁石を装備するフレキシブル型のゴリラポッド(千三百円)も購入して置きましたな。

Photo_20191214215702

まずは、外壁のボイラーの配管周りや、エアコンのホースの引き込み口等の穴を金網やパテで塞ぎ、続いて大量のプラケースを100均店で購入して台所に置いてあるお菓子や食材は全て収納し、最初に食害にあった場所を主に見渡せる位置にカメラを設置して、全ての部屋をドアで閉鎖して、様子を見ると。

だが!!(驚)

その後、台所と壁一枚で裏の位置に在る部屋の作り付けの引き出しに仕舞っていた薬(人間でも麻酔薬由来の鎮痛剤含)を全て食い荒らされ、クロレラも中にありましたが、ソレもヤラレ、止めにフンが・・・。(激怒)

しかし・・・。

引き出しは勿論、締めてあったのにドコから侵入したのか??(謎)

イヨイヨ、台所こそに、「主侵入口」があり、壁の内壁伝いに隣りの引き出し内に「空気抜き」のため(コレが無いと引き出しの出入れが出来ない)の空間から侵入したに違いない。

その後、引き出しの被害はなくなり、勿論、食害もなくなったものの、天井裏からの「騒音」は一向に減らない・・・。

しかし、兵法の基本で、古来から兵糧攻めが効いてくれば、敵は必ず「炙り出されて失策する」。

それで遂に、カメラ画像にも奴らの光る眼と共に進入路がドコか判明しましたな。

この家には作り付けのヒータ類が部屋のあちこちに有るのですがネ、そこの配線引き込み口がカーペットを少しめくると結構大きな穴があり、そこが出入り口だと判明しましたな。

全ての引き込み口には、忌避剤とか云うスプレーを撒き、その後、金網とパテで閉鎖して、台所の所のみワザと残しておきましたな。
そして、出口の奥には餌(米とソース和えの(笑))を混ぜた殺鼠剤のトレー、その横に、ワザと背の高いビン類を並べて置き、そしてビンの「壁」の向こうには、粘着シート(真ん中に餌在り)を二枚置きました。

ココが、軍事用語でいう「殺傷区域(=キルゾーン)」の設定地点と云う訳ですな。

(息子)「おとーさん、二枚でイイの?箱の説明では何枚もびっしりと置くみたいだけど?」

(私)「無駄だ、連中は頭が良い。この二枚で掛からなければ、シートがない道を見つけて歩いて逃げられるだけだ。作戦はな、殺鼠剤でもうろうとした所にビンによじ上らせて、ソコからシート側によろけて落ちて貰ってあの世行きになって貰う事だ。まぁ、見てろ。ソロソロ、腹が減ってしょうがない頃だろうからな。(笑)」

で、翌日。

(嫁)「〇△×!〒♨!!~☆!!!(悲鳴)」

(私)「朝っぱらからマタかぁ?今度は何事か!」(怒)

(息子)「おかーさん、またなの?」

(嫁)「スゴク大きいのが掛かってる!は、早く捨ててちょうだい!!(マジ泣)」

(私/息子)「オゥ!やったじゃん!!(嬉)」

粘着シートの片面半分位もあるデカい目のクマネズミが身動き取れずにピクピクしていましたな。
天井裏を走り回っていたのはキサマか!(笑)

その夜のビデオを見てみると。

作戦通り、殺鼠剤を食べまくり、足元がふらつき始めているのなら、普通は巣(天井裏)に帰ればいいのに、瓶によじ登り始め、足許がふら付いてシート側にダイブして、ベッタリだと。(バカめ!(笑))
しかし、餌をそれでも食べるとはなぁ。(呆)
正に、最後の晩餐か。

まだ生きているので、シートごと外に出し、手袋無しでの使用が厳禁となっている酸性洗剤原液とゴキジェットプロで即刻毒殺処分としてから生ごみのゴミ袋に入れて捨てましたな。

(息子)「もうコレで安心だね♪おかーさん。」

(私)「ンなワケないだろう!油断してどうする。最低、あと十匹は居ると思え。今日も罠を張るぞ。」(怒)

(嫁)「ホントにィ!?(大弱り)」

そして、翌日。(驚)

二枚のシートに更に小さいのが一匹づつ掛かっていると。

映像を確認すると全て、瓶から落ちている。(笑)

アレから、天井裏には静寂が戻り、食害もなければ、監視映像にも一切、奴らの影は映らないが・・・。

油断できないので、敢えて開けておいた出入り口はもう一月はそのままとし、監視も続けよう。

それにしても・・・。

赤外線録画画像に、埃とは違う、なんか白いモノが凄いスピードで目の前を真っ直ぐに横切ったりするんですが・・・。

ネットで調べるとコレは人魂の一種のオーブとやらか?(謎)

それとも、タダの埃か??

(息子)「エェ!?(驚)・・・幽霊は、無理だよォ!(絶叫)もう怖くて、夜中にトイレに行けない!!」

ええぃ!ンなモンにビビってどうするのか、男だろう!!(激怒)

実際に体にも、家にも物理的に実害をもたらす害獣に優る被害がたかが幽霊ごときに有るとでもいうのか!(怒)

(もう生意気に)彼女も居る奴が、何と情けない。(泣)

大丈夫か、もっと気をを強く持て、息子よ。(呆)

因みに、私は、幽霊なんぞは一切、信じませんな、まぁ、友人に云わせると、「ソレは霊的な現象だ。(怖)」と云われた経験が過去にありましたがネ。(苦笑)

更に!(号泣)

最近は三人で、一つの部屋で寝ています、と云うか、寝させられていますなぁ。(汗)

そして。

夜中、彼らがトイレに行くたびに戸口までの「護衛役」に起こされていて、寝不足だと。(血涙)

今は冬で、幽霊の連中も全くのオフシーズンだろう。(泣)

マジに、眠くて泣けますなぁ。





2019年12月17日 (火)

不安なので、念のためSONY HDR-AS300専用のシューティンググリップとライブビューリモコンRM-LVR1購入。(汗)

Photo_20191214205803

嫁が先日購入したGoPro HERO7Black。

ですが、やはりと云うか、ある意味当然と云うかのBluetooth接続不能に加えて、使い勝手が余り良くない様子で、苦戦中の嫁。

コレで、今までは使い勝手がよく、手ブレが多少はある状態だったCanonのiVIS HF M51より、機動性が高いだけで余り恩恵が少ない様子。(汗)

(嫁)「そのうち使い慣れるしかないのかしら。」(悩)

・・・こんな調子では、まだSONYの方がマシではないか。(呆)

最悪の事を考えて、(コッソリ)購入しておきましたな、シューテインググリップ(要するに握り手)と、HDR-AS300の場合は、液晶モニターレスなのでそれを補完し、手許で簡単に録画等が出来るようにするためのリモコン、ライブビューリモコンRM-LVR1

但し、リモコンは四年くらい前に製品化された旧式な製品(その後、サイズが大きめの物(RM-LVR2)が製品化されたが、現在はまず手に入らないため)ですがネ。(苦笑)

リモコンは、このような形状で、同梱のリストバンドで時計のように手首に装着も出来る代物ですがネ、旧式の場合、OSのバージョンが1.0から、2.0にアップデートしないとHDR-AS300には使えない様ですなぁ・・・。(大汗)

Photo_20191214205801  Photo_20191214205701

液晶が装備される天板面には、上下のカーソル移動ボタンに、エンターキー兼録画ボタンを装備し、本体側面には電源ボタンと、メニューボタンとディスプレイのオンオフボタンが有りますな。

また、オシリの部分には、電池の充電ポート口が簡易型のラッチ付きで装備され、同梱のUSBケーブルでないと拙いそうですがネ、ソレをPCに挿し込み五時間もかけて充電しないと満充電に出来ません。(血涙)

電池時自体は、裏蓋をドライバーでビスを外さないと交換できませんが、電池自体はカメラと同じX型とか云うモノですが、何でこんな構造にしたのだろう?(謎)

使い勝手はやはりSONYらしく良くありませんなぁ・・・。(涙)

OSのアップデートは、PCから、ソニーのサポートサイトに入り、プログラムをダウンロードして、リモコンとPCを接続、更にカメラとリモコンをWi-Fi接続をさせておけば、後はダウンロードしたインストーラーを展開していけば自動的になされる様ですな。

だが!(驚)

ワタシが購入したリモコンは既にバージョンが2.0に成っていたようで(大いなる謎)、不要の様でしたな。(大汗)

そして、シューティンググリップですがネ。
コレ、五千七百円位するんですがネ。(呆)

三脚の1/4ichネジ以外はABS系樹脂で、物凄く安っぽい。(号泣)

リモコンをマウントするためのマウントと、取付ラッチを装備し、三脚座は前後角度のみ調整できますが、固定精度が余り高くないので不満ですので、後で、ココだけでも交換するかも知れませんな。

Photo_20191214205802  Photo_20191214205804

グリップ部は、三脚としても使えるように成っていて、リストストラップも装備して、不慮の落下事故を最低限抑えられる工夫が有るのはイイ。

但し、三脚の様なエレベーターはなく、要するに全長はこのままで伸ばせないですな。(残念)

実際は使わないとハッキリしないですがネ、恐らく首から下げるマウントでは上手く撮れなくて、結局は手に持ち、脇を締めて撮影するのがベストの様な気がしますなぁ・・・。

ま、ワタシは、スチルカメラは良く解かっていても、ビデオカメラはトーシローですからなぁ、何とも言えませんがネ。(苦笑)

今回は、ついでに、ハウジング無しで、レンズを保護する簡易型レンズプロテクターも購入しておきましたが・・・。

As300_20191214205801

イヨイヨこうなると、前々から、そう、自転車での走行映像で気に成っていたんですがネ、空の青色の感じを見ていると、必要になるであろうCPLフィルター・・・。

何処かに製品は無いのか?

イカンイカン、ソコまで本気にはならない方が良いでしょうなぁ。(苦笑)

何れにしても、コレを専用機とはせずに、早くGoProに慣れたまえよ、嫁。

 

2019年12月16日 (月)

TORQUE G03 の電池を交換しましたな。

G03

TORQUE G03を購入して、早や二年と半年ほど・・・。

最近、電池の持ちが非常に悪くなりましたな。

私は、余り電話は酷使はしておらず、ライトユーザーなんですが、最近ノーベル賞を受賞された方が発明したリチウムイオンバッテリーは永久電池では無論なく、充電回数(=命数)が有る程度決まっていて、ソコから充電の仕方や使用方法により増減するのが常識だそうですなぁ。

二年以上も使用していると、ソロソロ交換時期でもあると聞いたので、この際は電池を交換するかと考えて、職場近くの携帯電話屋に行くと、専用電池は取り寄せで、いつ来るか分からないと。(汗)

価格もそれなりに高いので、取り敢えず考えることにして店を出て、帰りの電車でヨドのサイトを見てみると、有るじゃないの、G03 専用電池が!(驚)

ソレも、二千三百円程度か。(安堵)

で、早速、注文し、本日、物が届きましたな。

早速に交換して充電して使い始めてみましたが・・・。(怒)

ナニィ!!(絶叫)

殆ど、変わらないではないか。

何という事だァ!

ですが、後悔先に立たずだと。

仕方ない、今後は電池二個を交互に使いまわすとしよう。

(嫁)「やはりアタシもそうだけど、携帯は二年ごとに買い替えるしかないかもね。」

確かに、今は、TORQUE G04が出ているが、性能的にほぼ差がなくて、しかし、重量がさらに増加していると。(呆)

買換えはマダマダ先にしておこう。

残念ですなぁ。(血涙)

2019年12月15日 (日)

「小さいカメラにした方が良いのかしら?(悩)」(by嫁)

Gopro_20191214172302

ハァ!?

(私)「どういう事だい?」

・・・最近、とは云いつつも彼女がユーチューバー(苦笑)になったのは、まだ北海道に居た頃でしたな。

その時には、一旦は当時やっていたブログ用にと一眼レフを買う予定が、(いつもの調子で)気が付くとCanonのビデオカメラとなり、以降、映像を挙げる事に力を注いできていた訳ですがネ。

(嫁)「ビデオカメラの映像がいい加減に揺れ揺れでイマイチなの。それに、重たくて。」

(私)「アレでか?(謎)僕のカメラなんてなぁ・・・。」(呆)

(嫁)「あなたのカメラは常識外れな位に重たすぎるの!(怒)常識的に重いし、揺れるの!!」

・・・、確かにCanonじゃァ、手ブレ機構の性能はイマイチなんだろうが。(苦笑)

その後、嫁はワタシは効果が無いだろうから止せと反対したのにですな、1500円のワケの分からん「ビデオスタビライザー」なる物を購入し、使用していましたが。

その時に私が自転車用に愛用しているSONYのアクションカムHDR-AS300もついでに撮影して、比較させましたが・・・。(笑)

(嫁)「全然、揺れが改善しない!!(怒)それに、あなたの自転車カメラの方が数段良いじゃない。(泣)軽くて小さいし、こういうのが良いのかしら?(悩)」

(私)「まぁ、手ブレ機構はソニーの方がボクが昔から使っていたコニカミノルタの一眼レフ機の事業を買い取り、ソコからモノにした手ブレ機構は強烈に利くしね。しかし、この手のカメラは何もソニーだけではなくて、有名だが、性能が劣るGoProとか、ドローンメーカーのDJIのOSMOとか云うカメラもあるよ。それに、中国製だからイマイチ感全開で超高価だが、電子制御式の三軸ジンバル台装備のシューティンググリップ(兼三脚)なんかも有るネ。」

(嫁)「ジンバルとか云うのはワケ分かんない。でも、GoProは、よく聞くわね。あなたのカメラとどう違うのよ?(謎)」

(私)「まず手ブレが甘い。続いて、画質も甘い、更に値段が五千円程度高価で、且つ、ソニーのですら使い難いのに、輪をかけてWi-Fiが繋がり難く、操作用のスマホアプリが分かり難いと、今の新鋭機から二世代前のHERO6(だったかな?)の時はそう結論付けて大嫌いなSONYにしたくらいだ。」

(嫁)「今はどうなのかしら?」

(私)「大して変わらんだろう。だが良い部分もある。」

(嫁)「ドコが?(謎)」

(私)「ぼくのカメラは見たら分かる通り、モニターレスだから、撮影中に「ドウ撮れてるか?」が分からない。ソレに、GoPro社の製品の最大の利点とは、ズバリ豊富な拡張性、つまり、イロイロと取り付け方を選べる、イヤ、選ぶためのマウント類等のアクセサリーが非常に充実しているという事に尽きる。あなたの使い方だと、モニターレスはキツイだろうな。」

(嫁)「じゃ、時間も勿体ないから、GoProので。安いのお願い。他に買うモノが有れば、ソレも安いのでお願い。」(笑)

・・・自分で探せよ!(怒)

ですが。(大汗)

最新鋭機のHERO8 Blackは、高過ぎで却下。(涙)型落ちのHERO7の最高性能機のBlack(三万五千円程度)か、Silver(二万七千円)か、最廉価機のWhite(二万五千円)かで悩みましたが・・・。

(嫁)「Blackしか、スムーズ何とかとか云う(←(汗))手ブレ装置が無いみたい。泣きそうだけど(マジに泣きそうだなぁ。(苦笑))、Blackで逝くわよ。」

(私)「だが、4K画質での録画みたいだぞ?(汗)ファイルサイズがデカ過ぎる。32GのマイクロSDカードでは心許ないがなぁ・・・。」

(嫁)「ソレは何とか変更が出来るみたい。だけど、スマホ経由になるみたい・・・。」

(私)「また、アプリの利用ありきか?ソニーのなんか全く役に立たんがなぁ。(不安)」

ですが、彼女にしては珍しく「即決」し、購入しましたな、HERO7Black。(汗)

Gopro_20191214172201

筐体は、驚きですがネ、防水構造で「水泳」にも耐えうる性能があり、奥行き方向には厚みが薄いデザインなので、自分の体から始まり、バイクや、車輛等に設置する場合には自由度が高く、面白い。

正面にはオフセットされているのが不満ですがネ、メインのレンズ部と、その隣には操作情報液晶を装備し、背面には液晶パネルを装備してるので嫁には都合のいいレイアウトなんだと。

Gopro_20191214172301

基本操作は、やはりスマホに専用アプリを入れて、Bluetooth接続で操作するようですな。

今回、嫁は本体に、基本のベースマウント(謎)とやらに接続された簡易型の樹脂製プロテクター付きのキットに予備電池とダブルスロット(要するに二個充電ができるタイプ)の充電器付きの物を購入、更に驚きましたがネ、「ネックレス」型のマウント、更には、たった二千円にもかかわらず、防水ハウジングに、シリカ系の曇り止めシート付きのシール、レンズと液晶保護シート(三セットに加えて、汚れ取り用の湿式、乾式拭き取りシートと、ガイドステッカーシール付)、拭き取りクロス、レッドフィルター、レンズカバー、止めにキャリングケース付きの「オトクセット」を購入しましたな。(驚)

だが!(怒)

予想通り、アプリは接続が出来ませんな。

更に!!(激怒)

オトクセットは、まずケースの緩衝材が異様に型崩れしていて真面に収納出来ない上に、どうやら、7Black用と云うよりはそれ以前の方の大きさに合わせて有るらしく、レンズカーバーがサイズが合わない。(号泣)

(嫁)「・・・騙されたのね。(泣)」

・・・ま、世の中そんなモンだろう。(コレだから、中国絡みはなぁ。(呆))

取り敢えず、操作は本体で出来るようなので、スマホコントロールは諦めるしかないのか、嫁よ。(涙)

ネックレス型マウントは、安っぽいABS系樹脂製で、カメラの取付け角度の精度が低いが果たして使えるのか?(謎)

(嫁)「明日の朝早くに、試し撮りに出かけたい。付き合って。」

・・・ハイハイ。

なお、最初、本体を持った時に重たく感じましたが、重量は下の写真の通り。

Gopro

因みに、HDR-AS300は以下の通り

As300

・・・大して変わらんようだが?(笑)

ま、明日の試し撮りで画質や、手ブレはどうなる事やら。

楽しみですな。







 

 

2019年12月 7日 (土)

簿記三級、(ギリギリで)合格。(泣)

Photo_20191206195701

本日、先月に息子と受験した簿記三級検定試験の結果の発表がありましたな。

写真の通り、親子で、無事合格しました。(嬉)

期間にして、六週間、先生役のワタシは行き帰りの電車の中で「理解と、予習」をし、息子と問題集をやりながら、彼が疑問、或は理解できない部分を教えながら進めましたが・・・。

疲れましたな。(汗)

何故か?

ソレは毎日、二時間程度、仕事から帰ってきてから、或は休み中は、自転車から帰ってきてからスグに学習会を開いていたからでですな、結構キツイ・・・。(苦笑)

息子は、売掛とか、或は前受金、仮払金等々、専門用語に加えて、「商売の仕組み」の理解に予想通り苦戦していましたがネ、ソレなりに勉強をしていましたな。

ですが。(苦笑)

決算時の帳簿の締め切りや、肝心の貸借対照表や損益計算書、又は、精算表を作る時に当然必要な「計算時間」が、手計算と彼なりの暗算ではやや足りずに、結局は一個三千円程度もする13桁対応の電卓を買う羽目に・・・。

事務方の元部下からはシャープかカシオ製の電卓を勧められましたので、息子にはシャープ、ワタシは、誰がナンと云おうと、Canon製の製品なんだと。(バカですな。)

簿記検定試験の場合は、何と電卓の使用が認められているので、端から買うべきでしたなぁ・・・。(大汗)

ですが、それ以外には消しゴムと鉛筆以外は携行を許されていない上に、太い字を書くと、要するに「ナニが書いてあるのか分からない」字に私の場合は往々にしてなるので、今回の為に、一本、千円程度の出費にて「0.3mmの極細型製図専用のシャープペン」を買いましたな。

(嫁)「・・・、つくづく、形から入らないと駄目なのね。(呆)」

しかし、極細のシャープペンシルに2Bの芯を仕込んで使うと、正にぺキぺキと芯が折れまくるのであろうことは「自明」。(泣)

ソコで、本体自体は、今、コクヨからの敵対TOBで大揺れのぺんてる社製のオレンズ(笑)とか言う製品を購入しましたがネ、マジで折れない!(嬉)

お勧めですな。

さて。

簿記の試験は過去問を見ると、どうやら出題傾向(又は、範囲)が固定されている様ですな。

ドウいう事かと?

ソレは、出題数が常に5問しかなく、配点が、1問目が、20点、3と5問目(ココが非常に計算量が多い)が、各30点、残りの2、4問目が各10点となっている。

100点満点で、70点以上で合格、過去二回分の合格率の平均は55%(商工会の資料から推定計算)ですから、実際は楽勝ですかな?(笑)

戦術的には、要するに1問目を完全回答し、3と5問目をこれまた、最低80%の正答率を確保できれば、残りで、まぁ、半分の点も取れれば、ソレでOKとなる計算ですな。

しかも、配点が低い2、4問目は過去問を見る限り、そして、今回の「実戦での戦訓(笑)」からも、難し目の問題が出る割には、配点が低いので、半ば無視しても問題無いんだと。

ソコで、息子と話し合って、戦略的には1,3,5問目をひたすらに演習を繰り返し、正に条件反射的に回答できる上に、正答率(平均)を、ドンなに苦戦しようとも80%を維持しつつ、4問目対策(割と、過去には楽勝文章問題が多く出されるため)を正答率60%出来るようにしておきましたな。

だが!!(落胆)

合格発表では、自身の各問題の得点が表示されるんですが・・・。(涙)

ワタシは、事もあろうに、総合得点77点(死にたい。ギリギリではないか!)、目的の3、5問目は90%得点で、2と4問目は共に60%の得点だったので、この時点で、合格が決まる訳なんですが・・・。

最も楽勝であるはずの1問目が・・・。

4割程度しか点が取れていない!(激怒)

何故ダァーー!(絶叫)

(嫁)「あー、ソレさぁ、仕訳を自分の字で書くんでしょ?多分ね・・・。(苦笑)」

(私)「なんだい?」(謎)

(嫁)「きっと、字が汚すぎて、読めなくて、遺憾ながら「×」にしたんじゃないかしら?」(笑)

・・・無礼千万な!!(怒)
ソコまで云われる筋合いは無いぞ!

ですが。(汗)

先日の、職場でのミーティング時に、私が自らの提案事項を電子黒板に文字を書こうとしたらですな。(涙)

((生意気だが、優秀なエース級の)部下)「あ、〇〇長、大変申し訳ないのですが、後で板書をプリントアウトして議事録にするんですが、ナニが書いてあるのか分からなくなりますので、書記に書いてもらって下さい。仰りたい事自体は、何も異論はありません。」(微笑)

・・・ムカつく!
しかし、ソコまで汚いんだろうか、ワタシの字は。(号泣)

(部下の殆ど)「その通りですよ。」(大マジ)

・・・。(血涙)

今時の「文字のやり取り」は、PC上で行う時代で良かったのかもしれませんな、ワタシにとっては。

(息子)「イイじゃん!受かったんだから。おとーさんに色々と教えてもらったから、ボクも出来た。嬉しい。次(商業/工業簿記二級)は、来年の六月だね♪」

(私)「まぁ、二月にもあるみたいだが、無理だろう。来年はお前もイヨイヨ、高校受験だから、六月が限度だろう。明日、二級の教科書と問題集を買いに行くか。」

(息子)「うん。」

(私)「で、お前は、何点で合格だよ?」

(息子)「85点。えへ♪」

ムカつくーー!(怒)

先生(ワタシ)を大幅に「越えて」行きやがったな!

(息子)「そんな事ナイよ、偶々だよぉ。」

なんだ、そのイヤミなガリ勉野郎(死語)がよく言う、「謙遜のつもりが、タダ単にイヤミにしか聞こえないセリフ」はァ!!(怒)

ま、イイか。

(嫁)「・・・、あんなテキトーな勉強で合格なんて。(怒)アタシのアノ時の苦労って一体。(怒)」

(私/息子)「そんな事ナイよ、偶々だよォ。」(笑)

(嫁)「ムカつく――!」

ま、ナンにしても、まずは合格で良かったですなぁ。

なんせ、今回の試験での平均合格率は、六月時の時(56%)から文字通り急落して、なんと43%しかない様でですな、かなり難しい内容だったようですな。(大汗)

・・・確かによくあのテキトー勉強で何とかなったものだ。(呆)

案外マジに「偶々」だったりして。

泣けますなぁ。






2019年12月 6日 (金)

DJI Mavic Mini Fly More コンボ、購入。しかし・・・。

20_l

(息子)「ナンでなんだ!!(激怒)」(←そして、甚く意気消沈)

(嫁)「残念ね、多分おとーさんのセイね。(苦笑)」

(私)「・・・、スマン。(血涙)彼女のご両親は、快諾だったのに・・・。(号泣)」

何の事かと?

ソレは、先日、息子の彼女(他称)を招いてのキャンプの予定が・・・。

雨の予報で、中止に。(号泣)

先方のご両親は、何故か快諾(マジに謎)で、且つ、父親とは、割と職場が近い事が判り、実はお互いによく知っている新橋某店の飲み屋で待ち合わせして、飲んだくらいでしたが・・・。(無念)

その週の木曜日までは、週末は快晴の予報であったのに・・・。(涙)

金曜には、週末は雨だと!(怒)

(息子)「本当に残念だよォ。」(意気消沈)

(私)「今度、彼女を家に呼べ。イヤなら、ドコかでお食事会だな。」

(嫁)「・・・。そうね。」(←なんだか、嫁の様子が変なんですなぁ。(謎))

ソレで。

彼女の父親と飲んだ時に、ドローンの話になりましたな。

彼女の父親は、飛行機の機動制御装置のシステムエンジニアだそうですな。

それで、アノ操縦が非常に難しいワタシのDRONE X Proの話になったんですが・・・。(汗)

(父親)「・・・その内容では、難しいでしょう。第一、機体の四隅に搭載されるモーターのトルクと回転数、それに、プロペラの回転方向、右は左方向、左はその逆に回ることで偏心を打ち消したうえで、各モーターが「全て」同じ性能を常に(←ココがミソですな。)発揮できないと、推進力のトルクバランスが保てないから、機体は垂直に浮く事もないでしょう。やはり、ソレなりのメーカーのソレなりの機体を買う方が良いのではないですか?」(笑)

・・・。(驚)

成程!
だから、ホバリングが安定しないし、操縦がとにかく難しくて息子ですら、苦戦するということだったのか!!(納得)

しかしなぁ・・・。(汗)

「法的」に、機体重量(=機体+電池込みの機体重量のコト)が、200gを越えると、警察に申請が必要になるし、飛行技術がそれなりに無いと飛行要件を満たす事も儘ならない・・・。(悩)

有名なメーカーのDJI社を始めとして、真面な機体のその殆どは機体重量が500g越えの製品ばかりで、要するにお手軽に楽しむのはほぼ不可能だと。(ついでに価格が、十万円以上で、高過ぎる。(泣))

などと、考えていたらですな。(驚)

なんとその、DJI社から、一般ユーザー向けの機体のMavicシリーズのMiniを発売するのだとか。(彼女の父親から教えて頂いたんですがネ。(苦笑))

機体重量は本国仕様の電池の重量を半分以下にして、「軽量化」し、なんと、199gだと。(驚)

送信機との信号受信可能距離は実に2000mで、低温時でも安定した飛行が可能!

コレに、プロポ、予備電池二本、多数個充電対応用の充電器、コード、予備プロペラ三セット、キャリングケース、止めにプロペラガードと云うよりはケージ(汗)付きの「Fly More Combo」キット、実に六万円・・・。(悩)


DRONE X Proに要した資金量のザッと三倍か。(呆)

199gと謂えどもココでも重量はほぼ倍増だが、飛行可能時間は18分、つまり、15分・・・。(悩)

(彼女の父親)「あのう、私もキャンプにご一緒して良いですかネ?」

(私)「モチロン、大歓迎ですが、テント他の装備が無いから、レンタルしてください。または、ご家族皆さんでなら、いっそ買っちゃうとか?(笑)」

(彼女の父親)「お勧めあれば、教えてください。それとMavic Miniが有れば、イロイロと撮れますよね♪」

・・・あ、イカン!!

ヨドで、思わず、購入ボタンを。(しらじらしい。)

今回は中止には成りましたがネ、来春のキャンプが楽しみになりましたな。

年末年始の帰省時には、実家の近くの飛行可能空域で練習ですな。

だが!!(怒)

(ヨド)「製品の発送は、2020年の1月20日ごろになります。」(笑顔)

・・・間に合わんじゃん!!(血涙)

仕方ない、暫く待つとするか。

楽しみですなぁ。













« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ