« 2019年9月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月に作成された記事

2019年11月30日 (土)

NITTO 1/20KORAD製作記6:マスキンゾル(Neo)またしても固着。(激怒)更に!!(血涙)

(その五からの続き)

Photo_20191128202801

マスキンゾルを塗り、後は塗装だけと準備したのが、二〇十八年の八月・・・。(大汗)

久々に、塗装してみようかと思いましたがネ。

GMに続き、ココでも固着かよ!!(怒)

仕方ないので、ボディのパーツから外し、ヤスリ→コンパウンドの順で磨き倒しましたな。

何とか、修正できて良かったが・・・。

もうマスキンゾルは使えそうにありませんな。(号泣)

今回は、余っていたタミヤの缶のサフェーサーで、塗装しましたが。(号泣)

Photo_20191128202901

何だ、コレは!!(怒)

砂ぶきみたいな超梨地に・・・。(血涙)

人形も塗りましたが。(汗)

Photo_20191128202802

凄い梨地だ。(涙)

缶のサフェーサーはクレオスのが良いかも知れませんな。

ファレホで塗りましたがネ、久々では余りうまく塗れませんでしたな。(言い訳)

Photo_20191128202803

内装の、シートや、ややはみ出ましたがネ(汗)、車載機銃も塗りました。

次回は、イヨイヨ、本塗装ですな。

楽しみですな。

(その七へ続く)





2019年11月29日 (金)

Canon、EOS-1D X MarkⅢの開発を発表する。(嬉)

Eos1d-x

Canonは、NikonのD6の開発発表に遅れる事、90日後に、最新鋭フラッグシップ機のEOS-1D X MarkⅢの開発を発表しましたな。(嬉)

まぁ、当然と云えば、当然ですがネ、来年の夏は、我が国はオリンピックですからなぁ、コレは当然出さねば、になりますな。

写真は、私の愛機のEOS-1D Xですな。

このカメラは、開発発表(2011年6月)から、実に一年以上経過した後に発売され、その後、連写多用ではミラー部へのグリスの飛散が問題となり、無償修理対応が必要になったりと、イロイロとありましたな・・・。(泣)

ま、EOS-1DMarkⅢよりはマシですがネ。(血涙)

ですが。

この機種は、それ以外では、コントラストの効いたシットリ感溢れる表現力を持つ画質傾向で、レンズとしてこれまた、シットリ感を出すEF24-70mmF2.8LⅡUSMとの組み合わせでは正に無敵の画を出し、個人的には大変満足ですし、酷評されたはずの高感度性能も個人的には特に問題もないので、お気に入りです。

不満点は、電池が持たない事で、まぁ、サーキットや航空祭では、今はもう殆ど高速連写はしないので問題は無いものの、充電が面倒なので、ココは改善して欲しいモノですな。

さて。

EOS-1D X MarkⅢに期待するところはドコか?

ソレはですな。

1.電池
2.DIGIC
3.AFセンサー
4.デザイン
5.価格

1は言わずもがなですがネ、今回、数少ない情報(涙)では、アルゴリズムの改変等で、電池自体はMarkⅡと同じながら、持ちは改善されるそうですな。

2に関しても、最新の映像エンジン搭載で、どうか、MarkⅡで失われたシットリ感を取り戻しつつ、更なる高解像性と連写派にはキモのバッファを更に増大・・・。エ!?

秒16コマダトォ!(驚)

・・・そんなにもう要らんでしょうなぁ。(呆)

3が最大の関心事ですがネ、今回、露光センサーの画素数が5倍以上でのAFセンサーを搭載し、画素の新型センサーに対応しての改善だと。(驚)

コレは、動体に当然、物凄い威力が・・・。

あ、オリンピックでは当然の措置か。(苦笑)

4は、ダサくて細身のMarkⅡに比べてどうなのか?

50_l

おぉ、軍艦部のボリュームが増えて、全体的に丸みが大きくなり、より「塊感」が出ましたな(安堵)

・・・、ダサいGPSアンテナ用バルジが残念ですがネ。(号泣)

コレは安心ですな。

しかし・・・。(汗)

今回も、データ転送関係に関しては、内臓Wi-Fiは見送りで、幾らするのか見当もつかない新型のトランスミッターでのデータ転送装備には不満ですなぁ。

CFの新規格モノへの対応なんぞはドーでも良いんだが。(どうせ、4K動画対策でしょうからなぁ・・・。)

最後は、価格ですが・・・。(汗)

多分、税金も上がったし、トランスミッター自体が八万円程度と仮定すると、初値は百万円程度??(大汗)

コレでは、マジに手が出ないですなぁ・・・。

Nikonの最近の決算等を見ると、カメラが激しく売れていないし、Nikonの場合は、ようやく市況的に底打ち感が有るのか無いのか良く解からなに半導体製造装置もイマイチの様で、苦しそうですなぁ・・・。(涙)

こんな状況では、値上げは避けられまい。(泣)

ワタシが購入するのは、2011年の夏頃(勿論、オリンピックと、WRCはEOS-1D Xで乗り切る!(泣))ですがネ、果たしてその頃には七十万台で購入できそうなのか?(謎)

ココが楽しみでもあり、不安でもあるのが・・・。

辛い。

ですが、やはり、未来の愛機を考えるのは楽しいモノですなぁ。(苦笑)

2019年11月21日 (木)

映画「ジョン・ウィック3 パラベラム」を観ましたな。そして。

Dvd

小汚くなったなぁ、キアヌ。(汗)

スッカリ、中年になり、何となく洗練さが欠ける印象のキアヌ・リーブスですがネ。

最近、彼の主演の映画のジョン・ウィックシリーズ。

既に、第二作まで放映され、DVD化も終了と。

お話は、ロシアンマフィアで主に仕事してきた伝説の殺し屋、ジョンウィック。

仕事は、万難を排して必ずやり遂げるスタイルで、主に銃撃を中心に、手近な物で、相手を倒すというまるで、SASですか?みたいなスキルも持つ凄腕の殺し屋でしたが、妻を持ち、その世界から足を洗っていたんですが。(泣)

最愛の妻を病気で亡くし、悲嘆に暮れいていた所に、妻の生前の贈り物の犬を飼う事でなんとか立ち直ろうとしていた矢先。

ロシアンマフィアのバカ息子が、彼の旧い車を気に入り、彼の家に押しかけ、車を強奪したばかりか、犬を殺されるジョン。

復讐と、ケジメのため、再度武器を手にして、ジョンの闘いは始まる。

で、そのノリで、第二作までと。

ソレで、先月ですがネ、第三作パラベラムが上映されるので、観に行きましたな。

・・・。

うーーーん。やはり、三作目となると間延びするし、お話が、やや無茶になるのも已む無しの様で、ややガッカリでしたがネ。(泣)

しかし、この作品総じて、暗い空間での銃撃戦が多く、コレは、ゲインのアップダウンが激しいので、プレーヤーとモニター泣かせの作品でしょうなぁ。

ソコで。

UHD Blu-rayで購入しましたな、ジョンウィック1と2のパック。

最近の作品だから、解像感等は寧ろ問題も無いだろうから、ようやく4K物ディスクの性能が試されるか。

・・・五千円は、イタイが。(苦笑)

ソレで、1をまずは観てみると。

おおぉ!(驚)

成程、凄い解像度に、音響ですな。

これなら、確かにアトモスシステムを構築したくもなりますなぁ。

ソレで、2は?

ナンダトォーー!(怒)

フリーズして、観られない。

それも、再生後、二十秒だとぉ。

・・・、どうやら、Panasonic社のプレーヤーはこの手の現象が多いそうな。(呆)

4Kの設定を弄る事で(実は内容があまり理解できてい居ない中でだが。(汗))、観られる様になりましたがネ、この手の説明がマニュアルに一切ないのが本当にムカつきますな、このメーカーのマニュアルは。(怒)

やや、ネタバレですがネ(汗)、このシリーズにはどうやら「4」があるようですがネ、この話の収拾をドウ着けるのか?

・・・ココが、最大のテーマかも知れませんな。(汗)

2019年11月20日 (水)

祭りは、完全に終わった様ですな。(苦笑)

Photo_20191119211701 

何故か大人気(だった)本ドローンに関する記事達・・・。

写真の通り、二か月前の九月初旬から、アクセス数が文字通り、「ドギャン!!」と増加してからと云うもの。(驚)

一日、平均で千件程度で推移し、コレが先月まで続き、多数の(主に)「コレ見て、購入を止めた」コメントを頂戴していましたがネ。(大汗)

そう、ココログ全体でも人気ブログ(恥)として、100位以内にランキングされていましたが。(涙)

驕れる者は久しからず、盛者必衰の・・・の、お話の通り、最近は、すっかり下火に。(苦笑)

何故か?

ソレは、どうやら、本製品の日本での販売から撤退した様ですな。(汗)

その証拠に、デジカメWatchにも広告が出なくなったあたりから、アクセス数が急降下。

つまり、騙される人が消えたからなんでしょうなぁ・・・。

最近では、これに加えて、二番目に人気記事のレッドブルの記事も、来期から日本撤退のため、殆ど読まれなくなりましたな。(苦笑)

ま、あのイベントの場合は、当然と云えば当然だが。(笑)

次には、もっと楽しい内容で皆さんにお読みいただける記事を企画すべきでしょうなぁ。(大マジ)

来週末は、キャンプ場に、DRONE X PRO持ち込み予定ですがネ、どうなる事やら。

(息子)「おとーさん。」

(私)「何だ?」

(息子)「キャンプにさぁ、友達(=彼女?)を呼んで良いかなぁ?」(テレテレ)

(私/嫁)「何で、もっと早くに言わん!!(驚)友達の親が良いというならイイぞ!!大歓迎だ!!!(嬉)」

(息子)「じゃ、話してみるよ。エヘヘ。」

・・・ま、先方のご両親が、易々と許可するとはとても思えないが。(苦笑)

デカトロンの安物シュラフ(ワタシ用)と、ロゴスのエアマットを追加で取り敢えず購入しておくとするか。

俯瞰でドローンでならその様子を撮れる・・・。

かも知れない??(笑)

楽しみですなぁ。

2019年11月19日 (火)

EVEREST100のイヤーチップを壊しましたな。(涙)そして!!(怒)

Photo_20191119205202

JBLのイヤホンを購入してはや三年弱と・・・。

ふと見ると。(怖)

キタナイ耳垢がこびり付いている。(お食事時の方には何卒、ご容赦。)

仕方ない、イヤーチップ(M)を外して、ブラシでこそぎ落とそうとした時にですな・・・。(涙)

このイヤーチップはイヤホンの軸受け部と耳の穴に入れる部分(つまり、チップ部)が一体と成っているのに・・・。(泣)

スッカリ忘れていて、ムリヤリに剥がしてしまったワタシ。(号泣)

Kimg0143

早速、メーカーに問合せするモノの。(怒)

(メーカー)「既に、消耗部品の供給を終えていて、対応できません。以上(←ココがムカつく!)」

だが!!

まだ、音は聞こえるし、電池も異常はない。

捨てろと?(怒)

新品購入とすると、最近は、遂にコードレスの左右独立ユニット型とやらになるようだが、一万円もすると。(驚)

しかもなぁ・・・。(汗)

通勤時にか使わないとはいえ、通勤時にはタックルしながらムリヤリ乗車して来る頭がオカシイ、バカ共に押されると、そんな機種だと、電車内で「ポロっ!」と落ちてしまッったら、それで終わりだと・・・。(泣)

何とか使えるようにはならないのか!!(涙)

価格.comで記事を見ていると、どうやら、「社外品」(=その手があったか!!)に交換する手が。(嬉)

コンプライ500とか云うのが有るそうな。

ですが。(汗)

これは、このイヤホンには適合しない様で、実際にはメーカー推奨機種はTs400になるようですな。

1300円は激痛ですがネ、取り敢えず、サイズMを購入しましたがネ、ワタシの耳には大きく、結局、Sサイズを更に買い足す羽目に。(号泣)

フィット感が無駄に大きく、低音が下品になるし、風切り音が目立ち、歩行時の衝撃が大きく伝わるが、仕方ないですな。

Photo_20191119205201

ナントかまだ使えるようにはなったが・・・。(悩)

次は、新品購入と同時に、チップ等の消耗品は二セットは、予め、用意するべきなんでしょうなぁ・・・。

勉強になりましたな。

なお、ヨクヨク車内で他人のイヤホンを見ると意外に左右独立型を見かけますがネ、通勤には使えないと思うのはワタシだけ?

落としたらお終い。

そこに、考慮すべきと思うのは、使用歴がないワタシだから??(謎)

恐くて、私には縁がないかも知れませんなぁ・・・。



2019年11月17日 (日)

「おとーさん、簿記の資格を取ろうと思う♪」(by息子)

Photo_20191117120901

・・・、簿記とは、あの、経理屋とかになる人が正に基本としている会計学の(超)基礎的な、そう、確か、太古のイタリア人だかナンか(或はユダヤか、中国人とか?(謎))が開発したとかいうあの簿記か?(驚)

(私)「何故だ?何故、たかが中学生にその様な資格が必要になるんだ?(謎)」

(息子)「学校で、先生が、高校生になったら取っておいて損はないとか、言ってた。」

(私)「だから、高校だろ?今は、中二じゃん。(笑)」

(息子)「でも、退屈だし、そのうち何時か取るなら、もう取ろうと思うんだよォ。」

(嫁)「・・・。中学生には難しいと思うわよ。」

(私)「・・・何故分かる?(謎)」

(嫁)「あなたは・・・。(呆)高校生の時、アタシ、凄く勉強して簿記三級取って、大学生の時にもう死ぬほど勉強して、二級取ったじゃない!(怒)」

(私)「マジで!?覚えてない、大昔過ぎてな。(苦笑)」

(息子)「英検の二級と比べるとドウなのかなぁ?」

そうか、お前は既に中二の分際で英検二級まで取ったんだったな。

(嫁)「・・・英検の方が、簿記三級を基本とすると、難しいかも。」(汗)

(息子)「じゃ、楽勝じゃん♪学校のテストまでに時間も空くし、やってみるよ。」

(私)「あのなぁ、それを取得して、どうする?社長にでもなるつもりか??」

(息子)「どういう事?(謎)」

(私)「簿記とは、おとーさんは、詳しくはないが、主に個人商店(つまり、個人事業主?)とか、会社の商取引の内容なんかを、そう、他にもイロイロあるみたいだが、話が長くなるから、云わないが、とにかくそれらの記録を付けて会社の財政、つまりカネの出入りと、儲けの状況を報告書、まぁ、難しい言葉だと、財務諸表、偶にニュースで出るだろ?、アレを作る基になる資格の事だ。つまり、簿記を必要とする人たちとは、それらを主な仕事とする人か、或は会社を経営、つまり、大雑把に云って、「社長」になる人達になるな。」

(息子)「それは、今、取っても、無駄なの?(悩)」

(私/嫁)「無駄ではないが、世の中の商慣習すら理解できない、そもそも知らない子供にはムリが有るという事さ。」(笑)

(息子)「じゃ、おとーさん、その辺は教えて♪それから、試験受けるよ。(笑顔)」

一度決めると、頑なだな、お前。(呆)

(嫁)「じゃ、あなたも(資格試験を)受けると云うワケ?(笑)」

(私)「何でソウナル!(怒)」

(嫁)「だって、それで、どうやって〇〇(=息子)に教えるのよ?」

(私)「既取得者が、教えれば事足りるだろう!(怒)」

(嫁)「もう錆び付いてて、ダメかも。」

・・・役に立たん!!(怒)

ですが、息子に付き合う事にしましたな。(大汗)

簿記三級資格から始めて、個人事業主以上から、最低でも上場企業の例えば法人向けの営業になろうとするなら、二級までは確かにあると苦労は土台の段階では少ないかも知れない。(自分をムリヤリ納得させる言い訳)

ま、世の中の商売の「カラクリ」を知る上では有用だし、ンな部分は学校では教えてくれんだろう。

で、神奈川県の商工会議所のHPを見るとですな。(驚)

資格試験の受験資格には年齢制限が無いと。

(私)「試験は11月だ。一撃で受かって、来年に二級まで、一気に行く。おとーさんも忙しい。ダラダラ時間は掛けずに超極短期決戦で行くぞ。(厳命)再試は許されん。いいな。」

(息子)「いいよ。学校のテストが12月に有るし、それまでに終わろう。」

・・・と云うワケで、写真の通り、問題集を本屋で二セット購入して勉強していますが・・・。(汗)

存外、難しいですな。(汗)

三級でコレだと、果たして二級はどうなるやら。(不安)

泣けますなぁ。


2019年11月 1日 (金)

首里城、炎上。

Photo_20191101195101

まさかなぁ・・・。(驚)

そして、悲しいですな。

昨日、沖縄のシンボルの一つ、史跡でもある首里城が、事もあろうに火災で炎上し、周りの七棟の建物に延焼し、焼失する事態に。(泣)

二年前の沖縄旅行の最終日に雨の中で見たあの城が・・・。(驚)

火元は、写真の模型や玉座があった正殿内部だとか。

空撮で、火事の様子を見ると丁度この模型が置かれていたガラス張りの部屋の壁を残してあとはみんな焼けていったようですな。

(息子)「おとーさん、王様のイスがあったあのガラスの部屋以外全部燃えてる!!(驚)」

(嫁)「・・・。また、タダの石垣に戻るのかしら?酷いわねェ。(涙)」

建物は約三十年かけて復元し、このほど、その完了を祝うためのイベント準備中に起きた事故の様で。

しかし・・・。

事故なのか、放火等の犯罪なのか??(謎)

調査はコレからとしても。

内部にはスプリンクラーも無いとはなぁ。(呆)

何故なんだろうか??

観光客が居る時にこの様な事になれば、無残としか云い様も無い大惨事になるのは自明でしょうなぁ。

城の中は、狭くて細い廊下の連続で、確かに避難経路の指示表示板があっても煙に巻かれやすいのはこの手の建築物(本州の城跡でもソコは変わらない)では、十分考えられる事でしょうからなぁ・・・。

前回の復元から、三十年、今回からだと一体、何年を要するのやら。

何れにしても、次回は防火対策を万全にすべきでしょうなぁ。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年12月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ