« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月に作成された記事

2019年4月30日 (火)

さようなら、平成。しかし、ダカラと謂えども、何もやる事が無い。

Kimg0103 

ことしのGWは、三十年以上続いたものの、昭和から比べるとやはり短期間で終わる平成時代が終焉し、新たに令和時代に切り替わる歴史的な(我が国にとり)大型連休となりましたな。

故に。(泣)

ドコに行こうが、人しか見られず、且つ、渋滞しか見られないと。

なので、今年は(或いは、「も」)ドコにも行かないでおこうと決めたのに・・・。(号泣)

(嫁/息子)「せめて、帰省しよう♪」

(私)「・・・やめようよぉ!!(涙目)」

・・・と、抵抗も虚しく、実家に帰省と。(血涙)

当然、大渋滞を警戒し、土曜日(4/27)は午前3時30分に「進発」。

だが!!(驚)

ソレでも、実家までは普通の車の場合では四時間程度の道のりのハズが、なんと六時間も要するとは・・・。(大汗)

そして、実家に居ようと、親の代わりに食料品等の買い出し係以外の任務では何もやる事が無いと。(お決まりですな。)

ま、他の記事にてご紹介することになるであろうXM177-E2の製作でもするとして、嫁と息子は嫁方の親類と遊びにいくのだとか。(汗)

(嫁)「コレ買っておいたから、お義父さんとお母さんとで食べて♪」

・・・ソレが、上の写真ですな。(苦笑)

見事に、便乗商法に乗せられていると。(泣)

(嫁)「あ、「令和」饅頭もあるからね♪」

・・・情けない!!(怒)

Kimg0102

平成と云えば、個人的には「車の歴史」・・・。(シミジミ)

実家の近所のコンビニ見つけた懐かしい(過ぎる)CD系とGC系の対決記事と思いきや、コレ、新刊か。(驚)

CD9A(三菱ランサーエボリューション初期)とGC8系(SUBARU インプレッサWRX Sti初期)から網羅するムックと。(苦笑)

五百八十円だと云う事で思わず買ってしまった。

仕事と、嫁とのコト以外では、この時代、ワタシにとってはこの二台の車こそが「平成」でしたな。(汗)

最後のこの時間は、ランエボⅡ、Ⅲ、そして、WRX StiⅡを思い出しながら平成饅頭を食べよう。

さて、明日からは息子のメインステージにして、ワタシには黄昏れの時代の「令和」・・・。

果たしてどうなるやら。(笑)     


2019年4月25日 (木)

気がつけば、八周年ですな。(云いながら、過ぎてしまいましたな。(汗))

Photo_15 

このブログを始めたのが2011年4月24日・・・。

昨日に八周年を迎えましたな。

このブログをご覧になって下さるご奇特な皆さん、今後ともどうぞ宜しくお願いします。

さて。

アクセス数は流石に八年も続けているのでカウンターは130万少々と。

Photo_14

一日当たりでは概ね平均で300件程度ですがネ、先月から今月中旬にかけて、例のドローンの記事が俄かに注目され、1500件程度推移し、ランキングも100位前後に付けていましたがネ、現在では落ち着いたようですなぁ・・・。(汗)

過去に掲載した記事で個人的な感覚(統計等は取っていない)で人気記事は以下の内容ですな。

1.自転車を買いましたな。デブでも(何とか)イケますな。
2.工具を揃えましたな。(KTC編)その二:
3.レッドブルエアレース千葉、二度と観には行かない!(激怒)
4.DRONE X PRO、購入。しかし。(怖)
5.1/16 TAMIYA RCドイツ軍重戦車キングタイガー製作記1
6.TREK 8000納車。イイ自転車ですなぁ…。
7.RALEIGH RFL Radford-Limited 2014 (Simano ALTUS)納車。(その二)
8.TAMIYA ハンディドリルとリューターを購入してみる
9.自室用のイスを修理しましたな。(大げさ)
10.水性アクリル塗料に関して再度考えてみる。(悩)

・・・直近になればなるほどに人気記事が無いと。(号泣)

頑張らねばなりませんな。

2019年4月14日 (日)

今年の初キャンプは・・・、雨(カモ?)(泣)

Photo_13 

ようやく、本日までの日程で初キャンプですなぁ・・・。

当然、当初はシュナーベル5でのテント泊の予定でしたがネ。(泣)

直前の天気予報は撤収日当日、つまり本日は朝の六時から「雨」だと。(号泣)

なので、急遽、ログハウスかFケビンと云う山小屋(風)のバンガローのどちらかの変更をお願いしたんですがネ、Fケビンに初めて泊まる事になりましたな。(汗)

広さは概ね八畳くらいの広さに二階のロフトと、薪ストーブ(炉は小さい)が一基、外にはプチ直火(笑)が楽しめるファイヤーサークルが装備されていますな。

入り口を除き、窓にはロール式の網戸、AC電源は一回とロフトにそれぞれ二個口タップが一つづつ装備され、夏場以外は快適かも知れないが・・・。(汗)
ログハウスに比して、エアコンと冷蔵庫、それに寝具とテーブルが無いのでですな、道具の大半はテント泊とほぼ同じ装備が必要ですな。

最低気温は、8度とマダマダ寒いですからなぁ、薪ストーブで部屋を暖められるので嫁は大喜びで、息子は広いロフトが気に入った様子だが・・・。

ワタシには薪ストーブが初体験ですな。(汗)

管理棟で販売されている広葉樹と針葉樹混合の薪では四時間持てば良いそうだと聞いて今回は二個購入しつつ、自前のロゴスの箱売りの薪(実際は乾燥した単なる端材ですがネ。)3キロで行く事に。

しかし・・・。(大汗)

薪ストーブは、なかなか「火の面倒見」を確りしないとイケナイ様ですなぁ。(疲)
ソモソモ、購入した薪が燃えない・・・。(鉈で小割しているにも拘らず)

仕方がないのでロゴスの薪を混ぜつつ、燃やしていましたがネ、要するに薪を一本づつ入れないと火が消え、正に「炭焼き」状態になり、炉の蓋を開けると、ボワっと凄い煙が。
部屋全体が煙くなり大変でしたな。(一応、換気扇(小型で低パワー)二基装備ではあるので、一酸化炭素中毒防止の為にも作動させていました。)

どうやら、その煙には油煙(タール?)が含まれている様で、元々、ストーブを燃やす前から床が何となくべとつく感じなのはその為の様でですな、なかなか難しく、要するに忙しいと・・・。(汗)

真冬のキャンプでは薪ストーブを使うというお話をよく聞きますがネ、コレは私にはムリそうですな。(苦笑)

Photo_10

とはいえ、この煙突(相変わらず後ろに抜けるよなぁ、CanonのAF)から出る煙はナカナカ風情が有るし、ストーブは暖かく、嫁は大喜びと。
(嫁)「今後は、テントではなく、ケビンで。(既に「エフ」を抜いて呼んでいる。)」(嬉)

食事は、初日は終日快晴なので、外でしましたがネ、夜はやはり冷えますな。

なので、ファイヤーサークルで焚火を起こしましたな。

Fc

この穴で、火起こしした後に薪を組んで焚火をするんですが。

着火剤で起こすのも詰まらないので、そこら辺にあった落ち葉で火を起こすトコロから息子が担当する事に。

表の焚火は息子、小屋の蒔ストは私とナカナカ食事が落ち着かない。(苦笑)

しかし、ナカナカ楽しかった。

更に。(嬉)

まだサクラが残っていましたな。

Photo_11

花弁がチラチラと舞い、良い感じでしたな。

Photo_12

ソレで、開けて本日。(怒)

予報では、早朝から雨のはずが・・・。

快晴ではないか!!(激怒)

結局、撤収し、イヨイヨ帰ると言う時まで快晴ですな。

(息子)「・・・おとーさん、テントできたね。(落胆)」

(私)「まったくナァ!(怒)お前の晴れ男パワーが強烈に出たようだな。」(血涙)

(嫁)「あら、ワタシはこれで十分すぎるんだけど。」(嬉)

(私)「次は、蛍のころにリベンジだ!!」

・・・梅雨時だが。(汗)

泣けますなぁ。




2019年4月13日 (土)

「誕生日プレゼント、何が良いの?」(by息子)

Photo_5

ドンドン、中年からイヨイヨ高年層に移行しつつあるワタシ・・・。(汗)

そんな中、誕生月が。

(息子)「プレゼント、今年は何がイイの?」

(私)「イヤ、今年はもうお手紙とかでイイぞ。心にもない美辞麗句で埋め尽くされた感謝の気持ちとやらでな。」(笑)

(息子)「ヒドいじゃん!(怒)美辞麗句は分かんないんで、後で調べるけど(←(汗))、ボクはいつも感謝くらいしてるよ。」

(私)「じゃ、自転車のニューフレーム。2019フレームではイイ色のが有れば良いんだが。」(笑)

(嫁)「・・・、それいくら?」

(私)「まぁ、三十五万くらいかな?税抜きでな。」(笑)

(嫁/息子)「いっぺん死ねば?(冷ややか) 真面目に!(←イヤ、マジなんだが。(汗))」(怒)

(私)「ヒ、ヒデェーー。(恐) では、そうだなぁ、電灯かな?」

(嫁/息子)「電灯!?マジ?」(驚)

昨年は、ロードバイクのカセットスプロケットを変更した際、半ば強引にプレゼントとして贈られたんですがネ、今年は本当に特にほしい物はないので、困りましたな。(苦笑)

現在、ワタシの机で使用しているデスクライトは山田照明社のZライトシリーズのZ-10N(九千円程度)ですな。

EIZOの写真等の映像作業専用PCモニターで色評価を正確に出せる電球(古ッ!)で云えば1500W相当の明るさを持つこの製品は非常にイイですな。

ですが。(汗)

困るのは模型製作時ですな。

それでも手許が暗い事は基より、パーツの仕上げ面の確認がやり辛いので、現在は100W相当の光量の有る蛍光灯(クリップで机に挟んで使うモノ)を補助電灯にしているんですがネ、当然ですが色温度が違うので、塗装時にはやや弊害が起こるかも知れませんな。

なので、以前から大光量で、広範囲照射域を持つ確りした電灯が有ればなぁ、と考えていたので今回はこちらを頂く事に。(感謝)

機種は、同社ZライトシリーズのPC組み立てや電子部品製作用の作業灯に使えるZ-208LED(一万三千円程度)を「マジメに」希望しましたな。(大汗)

(嫁)「確か、去年も老眼用のレンズが付いた電灯(=Z-37NL)買ったよね?一体、何個買うのよォ!(怒)全部机に付けるワケ??(謎)」

で、コウなりましたな。(汗)

2

Z-10Nを更に上から被せてしまう位の大きさですな。
Z-37NLは、袖机側に移設し、更に、エアブラシ塗装時にはキャンプ用机に取り付ける為、OPの台座を買い増しもしておきましたな。

Op 

Z-208LEDは製造こそ中国製なのが残念ですがネ、作業灯として特化しているので、操作系は確実性が有るロータリースイッチで乱暴な操作さえしなければ長持ちして確実な作動性が有るんですな。

Photo_7 

電灯部は、旧来製品が蛍光灯で5000Kの色温度を確保していたそうですが、それをラインLED(形状的には蛍光灯のソレの様な形状です。)にしてあり、且つ、確実な調整とヘッド保持を実現している太くて頑丈なアームと大きいロータリー式の調整ノブを装備しているのが特徴で、机に取り付ける台座はストッピングピン付きの仕様で確実性が高いと。(電源もZ-10Nや、Z-37NLと異なり、ACアダプター無しの100Vプラグですな。)

Photo_8

そして、肝心の明るさですがネ。(嬉)

まず、現状使用のZ-10Nがコレですな。

10n

PC越しに写真の色評価等を見る分には問題は何も無く、色温度はZ-208LED同様ですが、パワーが11.9Wですな。

それに比べて、パワー19Wを誇り、電灯部の横幅600mm程度もあるZ-208LEDだとこの明るさですな。(驚)

Photo_9

手元の明るさはほぼ倍の光量で、机のホボ全面を照らせるので、作業するには最高ですな。

因みに拡大鏡付き作業灯のZ-37NLも色温度5000Kですからなぁ、コレで同一の光源環境下での作業が出来る様に。

みんな、ありがとう。
大切にするよ。

ですが。(号泣)

(息子)「・・・なんか、机がアニメに出てくる自動のお医者さんの機械(メディカルマシンと云え!)の、あのダースベイダーの手術の機械みたいでカッコ悪くなったね。(大汗)」

・・・確かになぁ。(血涙)



2019年4月 9日 (火)

「おとーさん、スマホが欲しい。(恐る恐る)」(by息子)

Photo_3

五年前にお前に買い与えたのはメール機能(しかもSNSのみ)付き程度で単に電話が出来て、あとは防犯ブザーとGPS追跡機能付きの所謂子供携帯だったな。

(息子)「こないだおかーさんが買ったばかりだけど、今のままじゃ他の子とうまくやれない。ダメかなぁ?」

・・・。

まぁ、政府は中学校内にスマホの持込を認める方向だと報道では見たがなぁ・・・。

機能に制限を大幅に課し、ネットでの詐欺に最低限遭わないように対策は出来てもなぁ・・・。

結局、スマホは色んな意味で利用するにはそれなりにシッカリしたリスクに対しての考察と状況予測能力が付いてからでないと危険だし、虐めの温床にもなり得るのは今も変わらない・・・。(悩)

しかし、通信機が無ければ最近のガキ共は真面にコミュニティーを作れないしなぁ。(ゲーム機を買う理由もソレでしたな。)

(嫁)「さすがに子供用はねぇ・・・。良いんじゃないの?」(笑)

(私)「何を気楽な!(怒)個人的にはスマホなんぞは高校生、ソレも三年生以降からでイイと真面目に考えている。」(大マジ)

(嫁)「エ!?ソレは、厳しすぎるような気がするけど??」(驚)

(私)「そうなのか?」

(嫁)「だって、今は中学にスマホの持込もね・・・。」(汗)

(私)「ンなこたぁ、知ってる。でもなぁ、マダマダ真面な判断基準を構築するための経験も知識もないヤツでは・・・。」(悩)

イロイロと夫婦で議論し、且つ、使用条件に関し、本人に確認の上で、規制条項(大げさ)の履行を固く誓約させて五年前に購入した同じauショップにに行きましたな・・・。

(息子)「(やっぱり)ミドリの(スマホ)がイイね!」

・・・フゥ。(溜息)

しかし。

つくづくスマホの料金体系が理解できませんがネ、割引額とやらの関係でヤツのお気に入りのミドリのスマホは高いし、ワタシのG-03 は更に高過ぎるのでダメでしたなぁ・・・。

結局、一番安い(とは云いながら、スマホにすると利用料金が数千円も跳ね上がるとは。(泣))機種にしましたな。

嫁のSHARP アクオスSHV42に続いて、新形のSHV43ですな。

(私)「母子でお揃いとはキモいなぁ。(笑)」

(嫁)「違うの!アタシのが旧式なの!!(怒)」

(息子)「・・・(やや落胆)、ボクは平気だけど、そうか、ソコまで考えてなかった。色は白にしたんだけどね。(←コレには驚き)」(涙)

一応、GPS追跡は今後も続けるとして、ネット接続はかなりの制限を課し、それ以外は基本的にアプリの使用許可は私か嫁に「申請、了承」を得ないと出来ない様にしてみましたな。

(息子)「これで、友達とも何とかなるかも。(嬉)」

くれぐれも、使用時には慎重にナ、息子。





2019年4月 8日 (月)

今年の花見は庭先で、となりましたな。

Photo_41


うちの庭にもサクラが有ったとは。(驚)

去年の秋に家族総出で、庭の剪定と大規模草むしり作戦(笑)をしたときは遺憾ながら気がつかなかったですなぁ・・・。(マヌケ)

今日あたりまでが見ごろではあるし、昨年、やや早めに行った花見が出来る公園は今では徒歩で数分の距離ですからなぁ、行けば良かったかも知れませんが。

(息子)「おとーさん、桜が在るんだから、庭でお花見しよう♪キャンプ道具出して。」

(嫁)「そのまま、庭で焼肉して夕食ね♪」

・・・。(汗)

イヤ、来週は今年初のキャンプなんだが。

ま、その練習という事か?(苦笑)

通行人の目が気になる物の、「トウゼンと云う顔で」構えて乗り切りつつ、プチアウトドア感覚での夕食になりましたな。

ガスコンロで煙が出ない風マルでの焼肉は(やや言い訳であるが)匂いも煙も余り出ずにご近所にもご迷惑は余りかからないからこそできるので、これは良いですな。

よく日曜日は、更に電源サイト用の電気コードとホットプレートを繋ぎ、焼きそばを作ってお昼ごはんにもなりましたな。

(私)「そういえば、お前(=息子)の花壇のチューリップ、もう開きかかってるが写真に撮っておこう。」

(息子)「頼むね。」

Photo 

うーーん、一番きれいな時期はやはり撮り逃したようですな。(号泣)

息子は、去年まで住んでいた家の自分から庭に花壇を作るのが楽しいようですな。

そうだ、ついでに昨年末に車の点検時にHONDAに貰って、同じく植えたパンジーは?

(息子)「おとーさん、何も世話しないから、ボクが水はあげておいたんだよ。」

スマンナ、息子。(嬉)

Photo_2 

おぉ、派手に咲いてるなぁ。(驚)

さて、EOS M 3にマクロレンズでの画質は・・・。

Up
風でブレたか。(涙)

ですが、単焦点ではイイ画質ですな、EOS M 3。(苦笑)

やはり庭付き戸建ての家を借りるのはこう云う部分が楽しめて面白いですな。

さて、来週はイヨイヨですがネ、今年初のキャンプですな。

楽しみですなぁ。

2019年4月 7日 (日)

グダグダですなぁ、プロバイダー。(大汗)

Kimg0097_1

 







・・・。(疲)

一体何なんでしょうなぁ?

先月の二十日に、このココログは全面リニューアルしたそうですな。

ソレで、かなり使えなくて実際は不評なスマホ管理画面サービスが全廃し、PC管理画面も一新して、記事の作成がより使い勝手も向上したそうな。

ですが。(大汗)

当日から、自分の管理画面が閲覧すらできず、そのまま足掛け二日も要するというお粗末さ。

加えて、実に一昨日までその他にも実に多数の不具合が文字通り「噴出」し、リニューアル実行から二週間も経過しているのに多分、未だに解決していない様だと感じますなぁ。

ソレで、本日、そのリニューアル画面で記事を作成しようと思うモノの。

イマイチ、使い難いような、単に慣れていないだけのような微妙な感覚ですな。

それにしても。(呆)

普通、リニューアル前に起こりえる事象に関してはテストはしないのか、プロバーダーの皆さん。

コレだけの項目と期間を要してもなお改善できないなんて俄かには信じ難いお粗末さですな。

マジに呆れて物も云えませんな。

スマホの管理画面サービスは何でも今月内に提供再開だそうだが・・・。

多分無理では?(苦笑)

心配ですなぁ。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ