« サドルをALIANTE R3 OPEN(L)に交換。 | トップページ | 3D IMAXの仕様でパシフィックリム・アップライジングを観ましたな。 »

2018年4月10日 (火)

カセットスプロケットを、ローギアード化すべきだろうか?(悩)

Photo

・・・。

キツイ、イヤ、キツイと感じるように成ってきた今日この頃と。

何の事かと?

ソレは、リアのカセットスプロケットのギア比ですな。

購入時は、北海道と云う土地柄からも、また、一般的にはコレでという事で12-25Tのカセットコグを選択していますがネ。

・・・横浜は坂の街。(号泣)

ドコまで行こうと、緩急、そして激自在(笑)の坂、坂、モ一つイヤ、百ほども続く坂。(血涙)

五十路を越え、体力の減退ぶりが個人的にも驚くほど最近ハッキリしてきた事に落胆しつつも、何時までも根拠の乏しい自信と気合で乗り切るのにも主ずと限界も有ろうかと・・・。(涙)

ソレで、この際はカセットのギア比をローギアード化してあとはまだ気楽なケイデンスで補ってスイスイと坂を上がれるようにすべきであろうかと考える様になりましたな。

(天の声)「では、最新のコンポに合わせてULTEGRA8000系で11速化するとか、この際はDi2にでもしたら?(笑)」

・・・。(汗)

Di2は、入れ替えるだけで十五万はするので却下だし、一度、Di2化されたバイクを自転車店で見た事が有りましたが、確かにヘッドチューブ周りはケーブルが二本消えてスッキリするモノの、ボトルケージ周りに配線やらバッテリーやらがゴチャゴチャと這い回り、余り綺麗に纏っている感じも無く、余りその気が起きませんな。

11速化。

・・・。
うーーん。(悩)

コレは悩みますな。

ギア比が接近しているギアが一枚増えるのは走りの繋がりと脚への負担も減るのか?

自動車の世界では、クレスレシオミッションに換装するのは速く走るためにはもはや常識であるのだが・・・。

最早旧式となった6800系に交換するだけでも、6700(現行使用)系比では、かなりの軽量化に加えて何より高耐久性(経年劣化に対しても。)向上が見込めるが・・・。

ソコまでせんでもイイのではとも思えるんですなぁ・・・。

更に使い込んで、イヨイヨ、コンポとして交換時期が来た時に考えればイイのではないかとも思うんですなぁ。

となると、6700系の部品は最近は在庫があるのか否かは余り分かりませんがネ、6700系のカセットコグ12-30Tに対応するためにはおそらくGSタイプのRディレイラー、コマ数が足りなくなるだろうから、チェーンも交換、ついでに、ケーブルも交換か?

30Tなんて云う、大径ギアがあればガンガン回せば今の様に25Tで(すらも、UPハンドルで)ヒイヒイ云いながら登るより早く上がれるのではないだろうか・・・。(淡い期待)

但し、ギアの繋がりは損なわれるのだろうが、付けて損はないかもしれませんな。

出費も二万円程度だし、安上がりだろうし、コレでデーターを取っておけば、次回の総入れ替え時には安心してセッティングも出来ようと云うモノでしょうなぁ・・・。

今度、自転車店に相談してみよう。






« サドルをALIANTE R3 OPEN(L)に交換。 | トップページ | 3D IMAXの仕様でパシフィックリム・アップライジングを観ましたな。 »

KUOTA(Bike of Italian manufacturer)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カセットスプロケットを、ローギアード化すべきだろうか?(悩):

« サドルをALIANTE R3 OPEN(L)に交換。 | トップページ | 3D IMAXの仕様でパシフィックリム・アップライジングを観ましたな。 »

カテゴリー

無料ブログはココログ