« KURARO2013(Shimano6700ULTEGRA)とももう五周年ですなぁ。(驚) | トップページ | コレで、本当に効果があるのだろうか?(謎)コンセントチューンを考えてみる。 »

2018年4月22日 (日)

カセットスプロケット12-30Tに交換。しかしその直後に!!(怒)

先日、自転車店より注文していたディレイラーとカセットスプロケットが入荷したという連絡を受けて、取付に行きましたな。

当日は、風は非常に強く、イヤ、横浜という土地は海風の影響か分かりませんがネ、台風も来ていないのによくすごい突風が吹きまくる土地柄で、ディープリムホイール装着で車重が七キロを切る仕様のバイクは横風に大変ヨワく、横転しそうになるくらいでしたなぁ・・・。(大汗)

ソレでも、何とかお店に到着し、早速に取付をお願いしましたな。

工具としてはですな、自前で既にロックリング回し、モンキレンチ型のデジラチェ、ソレに、カセットを外すためのチェーンが付いているレンチ?(名前が出てきませんな)を持っているのでですな、カセットとディレイラーを外す事は出来ますがネ、まず、チェーン切りの為のカッターが無い事に加えて、ディレイラーの調整が一人では出来ないので今回は三千円も掛かるそうですがネ、プロにお願いしました。

ソレで。(血涙)

(店員)「・・・!コレ、後期型SSタイプのディレイラー(6700A-SS)じゃないですか。交換の必要はないですよ。」(汗)

(私)「ハァ!?例の刻印は無かったですがねぇ・・・。」(大汗)

(店員)「ケージのコチラ(根本側)に在りますよ。」(苦笑)

(私)「ココですか!(驚)ココだとあまり分かり難いんですがネ・・・。」(言い訳)

(店員)「どうします?カセットは当然、交換ですが、ディレイラーは同じモノ(但しGS)が付くだけですが・・・。当店としては在庫として持っていても良いんですがネ。」

(私)「注文しながら、申し訳ないですが、カセットだけでお願いします。チェーンは、ドウですか?」

(店員)「・・・見てみると、余裕が有るし、第一、SSタイプですからコレもいらないでしょうね。」

・・・と云う訳で、結局のところカセットスプロケットだけの交換となりましたな。

コレだけなら、自分で出来ましたがネ、メンドくさいのでお願いする事に。

僅か五分で作業終了して、再び突風吹きすさぶ帰路につきましたな。

カセットは12-25Tに比べて相当に大径になり、所謂バイクとしての「レーシーさ」は失われましたな。(笑)

Photo

しかし、お店に行く途中で短い距離ですがネ、凄い激坂があり(泣)、ソコはローギアでスイスイと登れるように。(嬉)

今までは、セカンドかサードギアで、ダンシングしないととても登れず、シッティングでは交通量も多いので速度が落ちるので車にしてみれば、「遅いんだよ!チャリがぁ!!(怒)」と抜かれまくる結果ですがネ、今回はダンシング無しでソコソコの速度が脚を回せば可能になりましたな。

自宅に到着し、門扉の所にバイクを立てかけ、自宅の扉を開けに云っているうちに・・・。(血涙)

バチャン!

・・・!!

バイクが、突風で倒れましたな。(号泣)

サドル、リアのテールランプ、ブレーキレバーに傷が!!(激怒)

・・・せっかく、新品にしたのに。(涙目)

バイクも、軽きゃ良いモンではナイと云う事か。(泣)

まぁ、夏は強烈な高湿度と高気温、冬は超乾燥に加えて、極低温、更には坂もソコソコ多い地元の土地であった愛知よりはマシだが、突風と激坂が多い横浜・・・。

・・・嫌いですなぁ。(涙)

ですが、今回の引っ越し先も所詮は近所だし。

中々慣れませんがネ、何とかするしかないですな。

・・・つくづく泣けますなぁ。(号泣)

因みに、翌日、江の島までのいつものトレーニングコースを走りましたがネ、平均ケイデンスが6回転(驚)向上し、平均移動速度は5キロ速くなり、所要走行タイムは何と6分短縮という結果には満足ですが、シフトの頻度が多くなった様な感がありますな。

平均心拍数も抑え気味にもなったし、これは良い買い物のようで満足ですな。(嬉)

« KURARO2013(Shimano6700ULTEGRA)とももう五周年ですなぁ。(驚) | トップページ | コレで、本当に効果があるのだろうか?(謎)コンセントチューンを考えてみる。 »

KUOTA(Bike of Italian manufacturer)」カテゴリの記事

コメント

ライオンKさん、お返事どうもです。

お蔭で、大変に坂がラクに成りましたがネ、30TなんてもはやMTBの世界でしょうなぁ・・・。(苦笑)

ULTEGRA6700(6700A)の場合は、カセットスプロケットに12-30Tの設定が有るのでですな、助かりましたな。

しかし、フレームが割れてその内にオシャカに成るかも知れないので、遺憾ながらニューフレームを検討するコトになりましたな。(涙)

最初はクロモリでと思いましたがネ、費用対効果が余り高くなさそうなので、又してもカーボンバイクに成りそうですな。

次は、レーシングフレームではなく、エンデュランスフレームで考えようと思いますな。

正直、エアロフレームは懲りました。(血涙)

ありがとうございました。

僕はツーリングには
高ギヤ比よりクロスということで13‐25T(貧脚ともいう?)に変え、
もうちょっと軽くしたくてロー側を27Tに。
30Tってあるんですね。長い坂とか、激坂とか27Tでも足りないって思う時があるので魅力あります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カセットスプロケット12-30Tに交換。しかしその直後に!!(怒):

« KURARO2013(Shimano6700ULTEGRA)とももう五周年ですなぁ。(驚) | トップページ | コレで、本当に効果があるのだろうか?(謎)コンセントチューンを考えてみる。 »

カテゴリー

無料ブログはココログ