« もう故障かよ!!(激怒) | トップページ | RICOH(PENTAX) K-1のAFは、(相変わらず)遅いらしい。 »

2016年8月20日 (土)

日本向けF-35(A)J(仮称)、十月に一号機引き渡し。(その嘘ホント?)

・・・マジなのか?

アメリカ国防総省は最近、大幅に金喰い虫状態だが、故にもはや後には引けない(笑)、F-35ファミリーの通常機型のA型に関して最低限の航空作戦能力を(ようやく、いや、遅過ぎる位に遅ればせながら)獲得し、本国向けの作戦部隊に初期部隊配備(とは云いながらも当分は単なる機種転換訓練のみ?)を始めると発表しましたな。

ソレに呼応し、自衛隊では十月に先行購入機三機の内の一機の引き渡しが有るそうですなぁ・・・。

間に合うとイイんだが。(苦笑)

所定の飛行時間に対応する耐久性と信頼性、何より戦闘運動機動性能を得て、且つ、AESAレーダーとFCS等の各種装置が少なくともミサイルの撃ち合いでなら何とかなると太鼓判をアメリカでは押された状態だから、まぁ、飛べることは飛べる程度?(笑)

しかし、実際の内容は、短距離空対空ミサイルの運用能力はなく、固定機関砲(バルカン砲)の装備もされて居ない。

・・・と云う事は空中給油の能力も無い?(致命的)

コレらの機能は要するに本国版で能力獲得がなされない限り、自衛隊様もムリでは?

(天の声)「イヤ、んなモンはスグでは?」

まぁ、先行三機に関してその程度の内容ならイイが、その後の四十機以上購入する予定の日本。

国民性から、その様な内容の大きい契約事(笑)に関してはまずキャンセルはしないお国柄。(除く富士重AH-64Dロングボウ訴訟)

最後の最後までハンパモンをつかまされているようで落ち着かない内容だと思わずには居られない。(泣)

まぁ、尤も、一方で、名古屋でようやく初飛行にこぎつけた実証試験機X-2。

エンジンと、機体の構造特性に関して確認できたなら、やはり実証機で有るらしいので、その後は「フルスケール機」の作成が必要になるんでしょうか・・・。

F-35Aのコクピットの(ブラックボックス過ぎて大して参考に成らないかもだろうが。)レイアウトや機能的な考え方だけは役に立つ?

最近、フィリピンとの国際裁判で大負けしても開き直っている赤の国の文字通り赤っ恥国家の某国の特務艦艇群の「野蛮行為」に対抗するためにも、この高過ぎる飛行機を何とかして、実証機の方はまぁ、カネが有るのか、イヤ、続くのかは分からないが国産機として日の目を見る事が出来ないとまずかも知れませんな。

陸自も、四十年前のポンコツの米軍のシードラゴンを数台購入して「お話にならない」性能が分かったらしく、自国で水陸両用戦闘車を作るらしいし。

・・・アメリカではシードラゴンの後継車はキャンセルされたようですがネ、日本では朝鮮某国との戦争も有り得る昨今の状況では切実な問題ですからなぁ、頑張って欲しい。

あとは、尖閣周辺の主な海域には機雷を敷設して一時的に海上封鎖(中国海軍の機雷掃海技術は最低だそうですからなぁ)しているうちに何かしらのテを講じるべきでしょうな。

何れ経済制裁も必要になるのかな?

何だか、きな臭い雰囲気で心配ですなぁ。

因みに。(汗)

先日、ヨドの模型コーナーでプラプラしていたんですがネ。

アオシマの1/700護衛艦いせ級の製品が。

ソコにはもう、F-35の艦載機のモデルが(!)

更に!

他の艦では某国のハリボテ空母を撃沈したり、戦闘機を撃墜している様を描いている箱絵が多数。

・・・少しやりすぎかもしれませんが、コレ、お上からクレームは来ないんだろうか?

謎ですなぁ。(笑)

« もう故障かよ!!(激怒) | トップページ | RICOH(PENTAX) K-1のAFは、(相変わらず)遅いらしい。 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本向けF-35(A)J(仮称)、十月に一号機引き渡し。(その嘘ホント?):

« もう故障かよ!!(激怒) | トップページ | RICOH(PENTAX) K-1のAFは、(相変わらず)遅いらしい。 »

カテゴリー

無料ブログはココログ