« ようやく、国産戦闘機の「卵でもないモノ」が飛ぶらしい。 | トップページ | 「・・・クロスバイクは止めて、ミニベロにしようかしら?」(by嫁) »

2015年1月20日 (火)

今年は、いよいよ、「真打ち」である超望遠レンズの購入の年。しかし・・・。(悩)

いよいよ、二〇十五年がやってきましたなぁ・・・。(当たり前)

ですが、私にとっては重要な一年と成りそうですなぁ。

ソレは何故かと云えば。

長年の課題であった、超望遠レンズの機種更新か、或は新旧での同一レンズの更新かを決めてどちらかを購入すると決めていた年であるからですなぁ。(大げさ)

しかし、コレを揃えれば、私が必要とするCanon撮影システムは完成するんですな。
ソレ以外では、EF50mmF1.2LUSMのみですが、コレはもう必須購入レンズでは無いし・・・。

用途はですな、以下の通り。

1.運動会他のイベント
2.レーシングカー
3.戦闘機とヘリコプター他の航空機

システムを担いで移動しながら撮影をしていく季節は気温10度から40度程度での春から秋まででしょうなぁ。

要求する焦点距離は、200mmから600mmも有れば十分でやはりファインダーが明るければ、被写体追尾もし易く、AF速度はソレ自体が速いモノなら問題ない、では無くて、ハズした時からの立ち上がり速度が速い物が必須でしょうなぁ・・・。

後、逆光に強く、解像性能の高い、手ブレ補正機能が強力な物なら尚善でしょうなぁ・・・。

候補は、以下の三本と成りそう。

Photo_6
1.EF200-400mmF4LISUSMエクステンダー1.4× (3.62キロ:103万円)

Photo_7
2.EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡUSM (1.57キロ:26万円)

Photo_8
3.EF500mmF4LISⅡUSM (3.19キロ:85万円)

この内、2は単に、現状私が使用している旧式のEF100-400mmF4.5-5.6LISUSMの更新に過ぎませんがネ、防塵防滴化になり、手振れも、望遠端での画質も大幅に改善、やや重くなっているのは、仕方ないですが、手振れモードも強化されてコレはこれでイイですなぁ。

機動性重視で、特に航空機の様に手持ちでフリーに振り回しながら撮影するには持って来いと。
何と云ってもコストは、買取後の追い金は知れているので、カネの面は殆ど気にする必要も無いと。

ただ、F値4.5-5.6はやはり、暗いのでですな、ココがなぁ・・・、なんですなぁ。

ですが、デフォーカスの復帰とAFソノモノの速度、防塵防滴は当然として、絶対的な画質部分を担保できるであろうレンズは、やはり1か、3と云う事になりますなぁ・・・。

今回、ヨンニッパツーは価格はともかく、重量が凄いので取り敢えず外しましたが・・・。
新型のEF400mmF4DO ISⅡUSM (2.1キロ:78万円)もイイかとは思うんですが、イマイチ、良く分からないですなぁ。

経験から、超望遠の単焦点はAF速度、画質共に申し分ないですが、画角が超望遠で固定される場合は、被写体全体の動きが読みにくく、手持ちで戦闘機等を追う場合はかなり被写体をロストしやすいし、その重たい重量がまた、足枷になりますなぁ。

なんせ、ボディは1.55キロも有るEOS-1D Xですなからなぁ。
コレに、重たいレンズを装着して移動しつつ手持ちでレンズを振り、歩いて移動するのはともかく体力を奪い、ソレは撮影結果にも影響が出ますなぁ。(汗)

その点、ゴーヨンツーは三キロを僅かに上回る程度ですので、自分自身には手持ちでイケる範囲ではありますな。

EF200-400mmF4LISUSMエクステンダー1.4×より、安いですしネ。(笑)

それで今のところは「本命」としているEF200-400mmF4LISUSMエクステンダー1.4×は、フレーミング時の焦点距離を変更できるので都合がイイわけですな。

F4通しなのは、RICOH(PENTAX)DA★60-250mmF4ED[IF]SDM使用時にやはり見やすいので助かっていた実績があるのでそこもいいし、エクステンダー付きなのは焦点距離もイザと成れば多少のAF速度が落ち、解像度も劣化するとはいえエクステレンズ内臓は便利でしょうなぁ・・・。

非常に高価で重いんですがね・・・。(号泣)

システム重量オーバー5キロは、さすがに堪えそうな数字ですなぁ・・・。
尤も、前玉が重たく重心が前にあるレンズだと、数字上軽くてもそちらの方が使いにくいので、何としても実物を確認すべきなんですな。

それに、肝心のズームリングの重さがどれ程のモノなのか確認してからでないと、購入に踏み切れない・・・。

しかも!

1か3を選ぶ場合はですな、それに付随して周辺装備も改変せざるを得ませんな。(汗)

ソレは、カメラバッグと、でかいレンズボディを収納させるためには更に大容量の防湿庫が必要になる・・・。

ついでにレンズ用のストラップも。(泣)

国内線の飛行機にも持ち込め、収納能力に優れる、しかも、その重量からカメラバッグはバックパック以外はあり得ないので、thinkTANKfhoto社エアポートアクセラレーターを買うしかなくなりそうですな・・・。

コレなら、どちらでも余裕で入りますな。
三脚/一脚も取り付けられますしネ。

Photo_9

価格は、三万円ですな。

更に、防湿庫は、転倒防止対策が難しいですがネ、レンズを立てて収納するために縦型で容積185Lはいける東洋リビングの防湿庫が必要でしょうなぁ・・・。

Photo_10

コレで、六万円程度でしょうなぁ。

三脚や雲台は最初からこの手のレンズを使う事を想定していた機種を購入していたので買い替えの必要はないですがネ、それにしてもEF200-400mmF4LISUSMエクステンダー1.4×を購入する場合にはなんと115万円程度の資金が必要と・・・。(血涙)

・・・すごい金額になりそうですが、その前に殆ど見る事が出来ないこの実物を確認するためには??

そうか、CP+か!

去年は、大雪のおかげで行けませんでしたがね、今年は何があろうと行かねばなりませんなぁ。

楽しみですな。

« ようやく、国産戦闘機の「卵でもないモノ」が飛ぶらしい。 | トップページ | 「・・・クロスバイクは止めて、ミニベロにしようかしら?」(by嫁) »

Canon EF Lenses」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ようやく、国産戦闘機の「卵でもないモノ」が飛ぶらしい。 | トップページ | 「・・・クロスバイクは止めて、ミニベロにしようかしら?」(by嫁) »

カテゴリー

無料ブログはココログ