« KYOSERA TORQUE購入。(涙) | トップページ | やはりか?EOS 7D MarkⅡ。(号泣) »

2014年11月 5日 (水)

KURAROのエアロシートポストを延ばしましたな。

Photo_2

さて、今日は、最近異音が出始めているこのフレームの最大の鬼門であるシートポストの再固定と内部の確認をしましたな・・・。

専用のエアロ断面形状のこの部品はKURAROの特徴の一つなんですがネ、デリバリー開始直後から、この部品周りはガタガタと揉めていたのを覚えていますなぁ・・・。

1.ポスト部の異音
2.ポストがグラグラと走行中に動く現象
3.サドルの固定用シム(兼レールプレート:樹脂製)が、全てカーボンレールサドル用の物が同梱されたフレームや完成車が初期ロットで出回り、ソレを受領したオーナーの車は、サドルがともかく安定せずに動きまくる。

・・・(泣)

涙なしには語れないこの問題。

で、遂に、私の愛車にも最近1の現象が出始めたというワケですなぁ・・・。(号泣)

今回は、サドル高がやや低い感じでしたので、この際、15ミリ延ばし、先の購入して居たMOTOREX社のカーボングリスを塗布してより固定力を上げる事で異音を消すという計画です。

シートポストを引き抜くとこんな感じですな。

Photo_3

当然ですが、途中までは塗装面で、ソコから先はカーボンの地がそのままと云うものですが・・・。

Photo_4

・・・!(激怒)

ムカつくーー!!

なんで狙ったとこを外して後ろに行くんだ、このPowershotG1X MarkⅡのAFはッ!!!
やはり、この系列のカメラのAFは使えない。(血涙)

・・・ま、ソレはイイとしても。

ポストの断面厚は、非常に薄いのでですな、思わずビビるモンがありますなぁ・・・。(大汗)

本体側にシートチューブの断面はこんな感じですな。
この上に、シートクランプが嵌るわけですなぁ。

Photo_5

このシートチューブの入り口付近に、非常に薄くカーボングリスを塗布して、シートクランプを被せ、シートポストを差し込んでから、私の場合は、デジラチェで今まで自転車屋が、メーカーが最大6N/mの指定値に対していくらで締められていたのか、数値を確認してから参考にして、4N/m程度で締め込みましたな・・・。

しかしなぁ・・・。(汗)

今回は、前回、北海道在住時に一度、購入した自転車店でシートポストを延ばして貰ったんですがネ、その時にも傷が結構入って居たのでドイツのリペアキットのQUIXXを使いましたがネ、大して消えていないままに横浜に来てから本格的に乗っていましたがネ、今回はどうかと見てみると・・・。

Photo_6

写真は、今回も一応、脱脂後にQUIXXで、処理してからWAXを掛けた状態ですがネ。一番上とその下の傷が納車時、一番下の傷が今回できた傷ですなぁ・・・。(泣)

取れませんな、キズ。
ソレに、今回の傷はシートクランプが少しめり込んで出来たような跡が残りましたな。

割れてはいないみたいですがネ。(イヤ、もう割れているのだろうか??)

今回思い知ったのは、これらのエアロポスト装備車の場合は、正に「ポジション計測時」

にキッチリした高さを一発で出さないとイカン、かも知れないということでしょうかネ?(笑)

因みに私のこのペラペラに壁面厚が薄いシートポストは2013年モデル(つまり初期型ロット)までで、現行KURARO(2014/2015)は、もっと分厚い物に仕様変更されているそうですな。(2014モデル購入の知人から聞きましたな。)

ま、体重がもう信じがたい位に、他のローディーの皆さんより重い私でも今の所、使って居て割れる、折れる、と云う事は無かったのでですな、気には成りませんが・・・。

心配な方は、取り寄せ交換もアリかも知れませんな。

« KYOSERA TORQUE購入。(涙) | トップページ | やはりか?EOS 7D MarkⅡ。(号泣) »

KUOTA(Bike of Italian manufacturer)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KURAROのエアロシートポストを延ばしましたな。:

« KYOSERA TORQUE購入。(涙) | トップページ | やはりか?EOS 7D MarkⅡ。(号泣) »

カテゴリー

無料ブログはココログ