« 三年後のフレーム更新について、(もう、チョッピリ)考えてみる。 | トップページ | EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡUSM、遂に発表!! »

2014年11月10日 (月)

今度こそ、マジに出るのか?EF100-400mmF(×)-5.6LⅡISUSM

何故だか、胸騒ぎがしますなぁ・・・。(苦笑)

価格.comでは、今月に発表される(のか?)と云うお話が出ておりますなぁ。(笑)

まぁ、毎年毎年、私がこの話題を気にするようになってはや、八年程・・・。

NETの情報などを鵜呑みにするなど愚かですがネ、こうなっては正に「勘」に頼るしかないかもでしょうなぁ・・・。

私の場合は、既にこの焦点距離でのレンズとしては来年にはいよいよ、EF200-400mmF4LISUSMエクステンダー1.4×を購入しようとは思うんですがネ、ソモソモEOS-1D XがEOS-1DMarkⅢより重くなったために、手持ちで主に運用する事を考えるとですな、その「システム重量」は画質面はともかくとしても、やはり問題となるんでしょうなぁ・・・。

ソコで、このレンズの後継機が出るとすると多少は考えなくもないという訳ですな。

ですが。

基本、直進ズームは有り得ないとしても、F値が現行同様に4.5スタート場合で、エンド5.6の場合は、ファインダーが暗い・・・。(泣)

画質は、当然、AF速度自体は、EF200-400mmF4LISUSMエクステンダー1.4×に追いつく筈も無いでしょうがネ、重さと、財布にやさしい内容、何よりバッグ内に易々と収まる大きさは魅力でしょうなぁ・・・。

重量が増加しては、意味は無いですがネ、せめて、Canonのショボイがしかし、最低限は安心な防塵防滴性能は付加されてばいいんですがネ・・・。

ソレに、新型デザインでならアノ使い難いレンズフードは是非ともにロッキングボタン付き仕様の梨地の物に是非変更してい欲しい。

今回、私の胸騒ぎが(笑)、正しかった場合は、価格の超絶な高騰は今までのCanonのニューレンズ達を見てきた限りでは、残念ながら、避けられないでしょうがネ、光学設計、AFモーター、コーティング、手振れ補正は大幅に変更されるでしょうから、ココは非常に楽しみですな。

特に希望するのは、400mm付近でのモヤモヤ描写の感覚が改善されていたなら、多くの本レンズユーザーの皆さんは、嬉しくて飛び上がってしまうのではないですかな?(笑)

ソレを反映してか否かは分かりませんがネ、最安値を最近ジリジリと更新しているのも不気味ですなぁ。

なんにしても、今月こそは正夢になるとイイですなぁ・・・。

« 三年後のフレーム更新について、(もう、チョッピリ)考えてみる。 | トップページ | EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡUSM、遂に発表!! »

Canon EF Lenses」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今度こそ、マジに出るのか?EF100-400mmF(×)-5.6LⅡISUSM:

« 三年後のフレーム更新について、(もう、チョッピリ)考えてみる。 | トップページ | EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡUSM、遂に発表!! »

カテゴリー

無料ブログはココログ