« さて、今週のサザエさんは?(驚) | トップページ | 世の中は、「オバサン」に冷たいのか?(苦笑) »

2014年10月15日 (水)

KURAROフレームの鬼門である、シートポスト付近から異音が・・・。(泣)

全くなぁ・・・。(泣)

あまり乗って居る方ではありませんがねェ・・・。

最近、KUOTA KURARO2013(Shimano6700ULTEGRA)に乗って居るとですな、シートポストから、ミシミシと云うか、ピキッと云う感じで異音が出る様に・・・。(汗)

このフレームは、購入時から主に問題が集中しているのはサドル周りとシートポストなんですなぁ。

多分、もう一年以上もポジション調整すらしていませんがネ、シートクランプのネジが緩んできて、ソレでなのか??

・・・、計測したら、シートの高さに変動はないようだが。

仕方ない、一度、シートポストを引き抜いてシートチューブ内の清掃と、ポストの清掃をして、再度、ボルトの締め付けを・・・。(大汗)

だが、幾らデジラチェでトルク管理できるとはいえ、このシートポストの組み付けはかなり不安ですなぁ・・・。

何故か?

ソレは、ボディにコーションデータとしてあるトルク指定値が正しいのかどうかが良く分からない・・・。

指定値はMAX 6N/mなんですがネ。

購入した、北海道の自転車店の店員は、「テキトーに締めてますが。」(←オイオイ、カーボンだぞ!)でしたし、第一、サドルの部分なんかは、シートレール部と同じ様な締付トルクで良い筈なのに、違う値であったりと、正に「?」な部分で、今までは、ヒヤヒヤしながらもお店にお任せでしたが・・・。

今回は、自分でやるというか、もう神奈川のお店に持ち込むとヤな顔されてムカつくし、メンドクサイしで、この際は(ようやく)自分でやってみる事に・・・。

何で自転車屋は、「自分の店で買って貰った物」しか面倒見ないのか・・・。(怒)

さて。

異音の原因が、シートクランプとシートポストとの密着性能が低下して、摺動する事で発生しているのは恐らく間違いないだろうと判断して、カーボングリップ系グリスを購入する事にしましたなぁ・・・。

FINISHLINEにも、二種類ほど製品としてはあるんですがネ、今回は、別の会社の製品を試す事に・・・。

Photo

MOTOREX社(スイス製)のカーボングリス 100g(2500円程度。高っ!!)。

ボトルの側面に無造作に貼られた(笑)、テキトー和訳説明書を読みつつ、その特性から推測するに、かなり薄くノバして塗布すれば良い様な気がしますがネ。

Photo_2


量はタップリと。
容量5gの製品も有るようですがネ、三袋も買えばもう千円程度の金額になるので、こちらの方がナニかとお得に感じますなぁ・・・。

ソレにグリス塗布用のハケ付きですな。(笑)
グリス自体は、昔懐かしい、でんぷん糊のような感じですがネ・・・。(あぁっ、コレで年代がバレてしまいますなぁ。(泣))

来週にも、やってみますがネ、上手くいけば、今後はカーボンパーツ周りの組み付けはコレで、解決かもしれませんなぁ・・・。

しかし、ソレはイイとして、ソロソロ、オーバーホールも必要だなぁ、KURARO2013(Shimano6700ULTEGRA)デュランダル号・・・。(号泣)

神奈川の横浜周辺で何処か、KUOTAを扱えて親切なお店は無いものだろうか?

・・・ホントマジに、泣けますなぁ。(泣)

« さて、今週のサザエさんは?(驚) | トップページ | 世の中は、「オバサン」に冷たいのか?(苦笑) »

KUOTA(Bike of Italian manufacturer)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« さて、今週のサザエさんは?(驚) | トップページ | 世の中は、「オバサン」に冷たいのか?(苦笑) »

カテゴリー

無料ブログはココログ