« ・・・、随分待ちましたなぁ。(疲) | トップページ | TAMIYA1/48 三菱零式艦上戦闘機五二型(A6M5a)製作記2:資料集め(その一) »

2014年8月24日 (日)

TAMIYA1/48 三菱 零式艦上戦闘機五二型(A6M5a)製作記1:永遠の0バージョンしか無かった・・・。(汗)

また、購入してしまいましたなぁ・・・。(汗)

ですが。

今回は、架空の物では無く、実際に存在した物ですな。

永遠の0→風立ちぬ(余りカンケー無い)→数年ぶりに実家に帰省した際に倉庫の奥から出てきた、三十年以上前の雑誌と漫画繋がりで・・・。

コレですな。

Photo_3

TAMIYA 1/48 三菱零式艦上戦闘機五二型(甲)A6M5a

・・・の、「永遠の0特別版」(泣)

実家近くのヨドバシではコレしか無かったですなぁ・・・。

ま、イイか。

コレでなら、劇中のCGゼロ戦も再現できると。(笑)
一応、宮部、景浦、大石機の三種類をデカールで再現できる仕様ですな。

それにしても。(大汗)

まぁ、今まではモビルスーツと宇宙戦艦だけだったのでですな、余り気に成らなかったと云うか、気付いて居ないかっただけだったんでしょうが・・・。(汗)

TAMIYAの製品自体は息子のホリディバギーのラジコンを作る前にはもう三十年以上前に成りますがネ、1/35ヤークトパンター(ロンメルとか云う名前でしたが。)以来なんですがネ。

このゼロ戦は同社製品としてはかなり新しいモノのようですが、スゴイの一言ですな。

Photo_4

パネルラインのモールドは、運河彫のバンダイ、特に造りませんでしたがネ、コスモゼロなんかとは大きく違う位に細く、繊細な凹モールドですな。

・・・サフェーサーで埋まりそうなくらい。(泣)

一応、ポリキャップも付いています。
プロペラと、増槽の取付け部だけですがネ。

クリヤーパーツは、風防部は三分割されて、厚みは薄く(驚)、透明度も高い物で、翼端灯や尾灯、ソレに光学照準器もクリヤー化されて居ますし、めんどくさそうな窓枠には何とマスキングシート付と云う御念の入れようと・・・。

Photo_5

ソレに、安いですが、二十ミリ機銃やピトー管の金属バレルやシートベルトをリアルに再現できるエッチングパーツも有るようですな。

飛行機の場合はどうやら、最初にコックピットから先に塗装まで終えて全体を作るしかなさそうですがネ、凄い部品点数ですなぁ・・・。(泣)

・・・完成すれば殆ど見えなくなる、座席裏の高々度戦闘時に使用する酸素ボンベまで作り、メーターはデカールで一個づつ貼り込んでいくと。(汗)

パイロットは落下傘と別に成って居て、コレもナカナカの出来ですがネ、座らせると折角の「細かい」トコが見えなくなるのでですな、止めようかと考えていますな。

更には、機外で飾るパイロットが数体人形で付いてきますがネ、スゴイ彫刻で、小さいのに塗り分けさえしっかりできれば、凄い仕上がりになるでしょうなぁ・・・。(驚)

Photo_6

バンダイの場合は、アニメ画に忠実に、しかし、接着剤を使わずに塗装も別にしなくとも色分成形で完成させられる製品を目指している様で、ソレはソレでイイんですが、スケール物のTAMIYAはやはりそれとは違う方向で、組み立てやすくしかし、スゴイ精密感を追求する製品づくりなんでしょうなぁ。

この先、残暑が終わるまでにコックピットを完成させて、順次製作する事にしますが・・・。

ココまで、素晴らしいとやはり、一度は実物が見てみたい。

ハワイで、スゴク遠くから二一型のレプリカは見た事が有るんですがネ。

五二型の場合は、近くではアノ靖国神社にあるそうで・・・。

と、思ったらですな、実家から二十キロ程度の所に在るらしい!

コレは見に行かねば。

(嫁/息子/母)「一緒に行くーー!」(笑顔)

・・・止めてくれ、ユックリ機体を観られないじゃないか。(大泣)

泣けますなぁ。

(その二に続く)

« ・・・、随分待ちましたなぁ。(疲) | トップページ | TAMIYA1/48 三菱零式艦上戦闘機五二型(A6M5a)製作記2:資料集め(その一) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ・・・、随分待ちましたなぁ。(疲) | トップページ | TAMIYA1/48 三菱零式艦上戦闘機五二型(A6M5a)製作記2:資料集め(その一) »

カテゴリー

無料ブログはココログ