« RICOH(PENTAX)Q-S1発表される。 | トップページ | ・・・、随分待ちましたなぁ。(疲) »

2014年8月15日 (金)

KUOTA2015年モデル。今年は、大幅にモデルチェンジ!

・・・。

2014年の場合は、本家のKUOTAのHPの製品更新すらされませんでしたが。(汗)

ネットでは、チラチラと2015年モデルの情報が出始めましたな。

今年は、ビッグモデルチェンジイヤー(笑)のようですな。

KOM→KHAN(カーン)
K-UNO(変更なしだが、今年でお役御免か?)
KURARO→KOUGAR(クーガー)
KHARMA EVO→KRYON(クレヨン:ディスク仕様のFセット有)
KIRAL(変更なし)
KHYDRA(変更なし)
KORSA→KOBALT(コバルト)

トライアスロン用については余り情報が無いので分かりませんな。

画像については、やがて正式に発表されるもので確認するしかない、と云うか、紹介記事の写真がヘタ過ぎて良く形状が確認できないので(汗)、そのまま書くしかないですな。

1.KHAN・・・画像すらないと。(大汗)恐らく、KOMを更に軽量化してデザイン変更があるモノと推定するがですな、それ位しか思いつきませんな。

2.KOUGAR・・・KURARO後継機種ですな。トップチューブのカット断面がよりエグイ(笑)感じになり、相変わらず太いヘッドチューブ、翼断面型のエアロシートポスト(懲りていない模様。)と、シートチューブ、正し、シートポストとトップチューブの接続部の加工デザインがやや変更が有る様に思えますな。

特にシートポストは形状と取付方法(特にサドル周りには一計が講じてある事を祈るが)に工夫が有るかも知れませんな。

シートステイはKIRALの様により細い感じに見えるので若干、快適性を上げ、チェーンステーの形状も変更させている様で、主に廉価型レース用バイクとしてより戦闘力を向上させている様ですな。

しかし、今回特筆すべきは、エアロに力を入れたという点ですな。

何と、KOUGARタイプはTREKのMadoneの様に、フロントフォーク一体のFブレーキに、BB下に装着されるRブレーキシステムと・・・。

因みにフレームセットはFブレーキ付(コレ専用だろうか?シューはどうする??)で、重量は現行型から80g重くなるようですがネ、ンなモンは当然でしょうな・・・。

BBの規格が変更される様で、下位機種との基本は共通化も図られている模様ですな。

ソレで。

ご検討中の方には朗報が。

ソレは価格です。

私が購入した2013年型程度には下がる様で、KOUGARのフレームセットは19万円だそうですな。(変更あるかもでしょうがネ)

完成車は、相変わらずULTEGRA(Di2有。恐らく11Sの6800系化?)/105のラインアップの模様で、概ね50から30万円程度ですな。(完成車は高い?)

カラーはシブいグレー系も有るようですな。

3.KRYON・・・KHARMA EVOの後継機で、こちらもトップチューブ等のデザイン等を変更し、KOUGARよりは乗り易さと使い易さを追求したものと考えられますがネ、エアロ形状を追求した事でKIRAL系とは一線を画すと云うトコロなんでしょうなぁ。

価格は30万円程度で、ULTEGRA(Di-2無し)/105で構成されるようですな。

・・・やはり、個人的には多少高くともエンデューロ系バイクを望むのならKIRAL/KHYDRAをやはり選んでしまうと思うのは私だけでしょうかなぁ??

しかし、そんな中で特筆すべきはですな、KRYONにはディスクブレーキ仕様用のフレームセットが存在すると云う事でしょうなぁ。

KHYDRAでは高過ぎて手が届かないが、しかし、KOUGARにはディスク仕様がないので、自分にはうーーん・・・な、方にはコレは使えるかもしれませんな。

4.KOBALT・・・KORSAの後継ですな。105/Tiagra仕様が有るようですな。紹介の写真がヘタ過ぎて形状がよく掴めませんがネ、過去のKHARMA EVO等のノウハウを下してより空力を考慮して、且つ軽量化させても使い易さ、入り易さを追求したエントリーバイクだと感じますな。

価格も手ごろで、初めてロードを始めた人にはやはりこれがお勧めでしょうなぁ・・・。

因みに、フレーム素材はカーボンですので、取扱いだけは「注意」と。(笑)

2015年モデルは、ネーミングがよりカッコ良く分かり易く成り、好印象ですな。

個人的には、KOUGARとKOBALTがイイと思うモノの、やはりお店で現物を見て判断するのは変わらないのでですな、来年初頭には現物が早いトコロでは入荷するだろうから、楽しみですなぁ・・・。

しかし・・・。

HPは今年こそは更新されるのだろうか?

個人的には、2014年の更新が無かったのでKUOTAはどうかしたのかと心配して居たぐらいでしたが・・・。

KHANの内容如何では、案外、来期はツールにフレーム供給を復活させるかも知れないと何となく感じる内容で、イロイロと楽しみに成りましたなぁ。

« RICOH(PENTAX)Q-S1発表される。 | トップページ | ・・・、随分待ちましたなぁ。(疲) »

KUOTA(Bike of Italian manufacturer)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KUOTA2015年モデル。今年は、大幅にモデルチェンジ!:

« RICOH(PENTAX)Q-S1発表される。 | トップページ | ・・・、随分待ちましたなぁ。(疲) »

カテゴリー

無料ブログはココログ