« カメラバッグシステムの統合計画を考えてみる。(その二) | トップページ | EF8-15mmF4LフィッシュアイUSM、EF100mmF2.8LマクロISUSM購入。残るは? »

2014年5月29日 (木)

さらば、RICOH(PENTAX)システム。:どうした事だ?(血涙)

・・・。(泣)

・・・。(号泣)

・・・ようやく、書く気になりましたな。(涙)

最近、私は出戻りだった、RICOH(PENTAX)システムを再び離れる事にしましたな。

2009年11月からの再運用でしたが。

楽しかったですなぁ。

アクセサリーのレリーズコードに至るまで、全てのレンズとボディ他を全処分して、今はもうRICOH(PENTAX)の製品はタンクロー双眼鏡と、特製マグカップ位が手許にあるだけですな・・・。

さて、何が有ったのか?

最初に申し上げると、別にK-3は悪くない。

寧ろ、とても良かった位なんですが・・・。

最近、私の使用頻度としてはCanonEOS-1D Xの出番が急増していて、十二月に購入したK-3の出番がドンドン減っていたんですがネ。

何故だろう??

ソレは恐らく、レンズの性能部分の問題なのか?

CanonのEF24-70mmF2.8LⅡUSMとEF70-300mmF4-5.6LISUSMのダブルズームセットを購入した辺りから、最新のLズームレンズの、特にEF24-70mmF2.8LⅡUSMの驚愕の解像度と、画にすっかり驚いてから、DA★16-50mmF2.8 AL ED[IF]SDMに替わり、K-3からではレンズ込みで実に600gも重いカメラの出番が増えて行きましたな。

多分、K-3の性能に対してDA★レンズの性能が追い付かなくなってきたと云う事だろうか??

多彩な画像調整機能を駆使しつつ、自身で工夫してのAFワークで撮影していくのが大変に楽しいと云うのが私がRICOH(PENTAX)システムを使う理由ではありましたがネ、現状でK-3では最早殆ど工夫が無くとも簡単に撮れてしまう位に性能が向上し、EOS-1D Xからでは数段速く、分かり易い操作性能は非常に快適なはずなのに・・・。(泣)

尤も、致命的なのがですな、「スーパーインポーズ」の輝度不足は動体撮影にはどうにも使えないでしたなぁ・・・。

カメラ自体のAF性能はもう別に問題にも成らない位に、良い内容だっただけに、逆に私にはひたすらストレスが溜まり、イライラが募って行きましたな・・・。(泣)

そのような事が続き、ふと気が付くと何だか個人的事情として、「使う面白さ」が、薄れてしまったんですなぁ。

因みに、フルサイズとAPS-Cの関係がドウとかは全く思わないですな。

Canon機が私の場合では、偶々フルサイズ機だったと云う事に過ぎないですからなぁ・・・。
明らかな違いは、階調部分の滑らかすぎる繋がりの有無程度ですからなぁ。

悩みつつ、整理すると。

1.動体の絶対的な物はともかく、もうどちらのカメラでも同じように撮れてしまう。
2.レンズの性能とその選択肢はCanonが数段優れている。
3.シングルマウントに戻せば、維持コストの軽減が出来る。
4.拡張性の高さ

総合的に、Canonシステムを残す事に決定したものの、失うモノも大きいですなぁ。

1.多彩な色等の画像調整機能
2.安心のサポート
3.シャドーが持ち上がった繊細な線の画像。
4.ハードコンディション時での確実な可動性能(含防塵防滴)
5.ハンドリングの軽快さ。

・・・。

1については、ドウにも成らんですな。(号泣)
2.これはまぁ、何とか合わせるしかないと。(笑)
3.これは好みの問題ですがネ。
4.については、EF100-400mmF4.5-5.6LISUSMを除いて無理ではないが電池がなぁ・・・。(汗)
5.については論外と。

PENTAXはカメラの楽しさをMINOLTAに続き、イロイロと教えてくれた本当に良いカメラメーカーでしたな。

実際、価格.comでも写真好きの人が集まるスレが建つのも特徴でですな、ショーも無い技術論や、訳の分からん哲学的な精神論等の話が出ないのもイイんですが・・・。

それでも、今回、離れる事にしましたな。

別に、今後ともRICOH(PENTAX)製品には注目はしていくのは変わらない。

願わくば、RICOH(PENTAX)は、35mm版フルサイズは今後も出さずに、プロ用中判デジタルカメラと、APS-C機のトップの座を守りつつ、レンズのリニューアルを進めて行きつつも更に製品数を拡充して欲しい。

ありがとう、PENTAXと云いたいですな。

・・・等と、云って居る場合では無いですな。(汗)

ホントに良かったのか、この選択。(大汗)

歴史は繰り返すと云うしなぁ・・・。

だが!

もう、動いてしまいましたな。(号泣)

一体、どうした事なのか、自分の事なのに上手く説明できませんなぁ。(泣)

« カメラバッグシステムの統合計画を考えてみる。(その二) | トップページ | EF8-15mmF4LフィッシュアイUSM、EF100mmF2.8LマクロISUSM購入。残るは? »

PENTAX Digital SLR」カテゴリの記事

コメント

こまわり犬さん、お返事どうもです。

遺憾ながら、RICOH(PENTAX)を離れる事に成りましたな。(泣)

さて、件のレンズの件はですな、全体のフワッとした独特のCanonLレンズの雰囲気の中でですな、ピンの来て居るトコロだけはCanon特有の狙った感じであるのは「人工的」でしょうがネ、呆れる位のシャープネスでカッチリと撮れるのが大変気に入っていますな。

EOS 5DmarkⅡ+EF24-105mmF4LISUSMでは、コレはムリな画です。

残念ですが、DA★16-50mmF2.8 AL ED[IF]SDM装着のK-3ではココまでは出来ませんでしたなあ。

やはり、DA★の早期リニューアルは急務かも知れないと現状では感じていますな。

なお、息子にK-3を下げ渡せば、と云うお話はですな、奴のレベルと知識と何より歳では、ズバリ「勿体なさ過ぎる」なので、売却し、ソレは二本のLレンズに化けましたな。

ソレに、奴は今後は多分ですがネ、カメラに手を出すとメーカーは恐らくNikonになると思いますな。(汗)
先日も、ヨドに行きましたがネ、Nikonブースに直行し、Nikon1を見ていましたからなぁ・・・。

ありがとうございました。

あら..残念ですな...
 まぁ、私自身もK-3発表でPENTAX(Ricoh)に失望して、静かにfade outさせて頂いたものとして大きなことを言えませんが..今はNikonメインで、何とも釈然としませんな..PENTAX(Ricoh)にはもっとしっかりしろ!と言いたいです.個人的にRicoh(PENTAX)とは絶対に言いません.あぁ言ったか..

>特にEF24-70mmF2.8LⅡUSMの驚愕の解像度と、画にすっかり驚いて
これって、人間の知覚を超えた人工的な画質ってことでしょうか.
私としては人間の知覚に近いフィルム機種で撮った写真に未だに愛着がありメイン機種はFM3aとMZ-Sです.サブ機種にD600とK-5を使っています.

カメラなんて個人の嗜好ですからどうでもいいのですが.
そういえば、、子供さんのグリーンK-r亡き後に、お下がりでK-3という選択肢は無かったのでしょうか?

ライオンK さん、お返事どうもです。

そうなんですな、RICOH(PENTAX)システムを離れてはや一週間と・・・。

ナカナカ、違和感が消えませんがネ、少しづつ慣れるしかないでしょうなぁ。(泣)

写真は、カメラが撮るのではなく、人間が撮るモノ。

気に入ったシステムで、撮影をお楽しみください。

今後とも、どうぞ宜しく。

ありがとうございました。

うお!
ビックリです!

ベテランにはベテランの悩みがあるんですね。

娘ライオンAのバレーボールチームのお父さんで
キャノン70DとEF70-200mm F2.8L IS II USMを
買ったかたがいます。

娘の写真も撮ってくれました。
見てみると・・・

うまく言えませんが
解像度といいますか、くっきりした感じが
なかなかのものです。
今の僕には撮れなさそうな写真です。

でも
色の雰囲気は僕のカメラのほうが好きです!

いやー
PENTAXいいなー

と思いました。

下手っぴなりに楽しんでいます。

カメラのメーカーがどうのとかではなく
馬鹿なオッサンさんの写真の話は
おもしろいので、今後もいろいろ教えてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらば、RICOH(PENTAX)システム。:どうした事だ?(血涙):

« カメラバッグシステムの統合計画を考えてみる。(その二) | トップページ | EF8-15mmF4LフィッシュアイUSM、EF100mmF2.8LマクロISUSM購入。残るは? »

カテゴリー

無料ブログはココログ