« 正に世代交代と云うのか?(哀) | トップページ | 迂闊!!ソコに死角が有ったか? »

2014年2月 7日 (金)

コレも、ようやく行って来ましたな。(汗)

Photo

中国人と、韓国人共には日本人で云うところの正月休みと、GWを一色帯にした様な連休行事、「春節」。

PM2.5でもはや、世界で最も「空気が汚い」国の民は警告にもかかわらず、「いつもの感覚」でこの時期に爆竹を焚きまくり更に汚染の度を深めている様で…。(笑)

私の社にも通称使用の在日の社員が居るようです(知らなかった!)がネ、話を聞く限りでは、所属部署がこの時期にどれだけ忙しく、交代要員が居なくとも、平気で長期休暇を取り、周りの人間は迷惑千万だと。

ソレについて、苦言を呈すと今度は「国技」のロビー(=告げ口)活動で、その人間を苛めまくるそうで、全く要らないですなぁ…。(怒)

無駄に永く居て、故に勤務態度も問題が有る様なので、コスト面からもナンとか早期解雇に持っていこうと画策しようにも、簡単にはクビに出来無いのが日本の法律なんですがネ、コンナ役にも立たんカスの食い扶持(外貨とも云う)を確保してやるために多くの若者の就業の機会を奪うとは、間違っていますなぁ。(マジに。)

自己中、被害妄想の権化も一個人レベルでコレだから、お話に成りませんな。

とは云いながら。

関西に居た頃に神戸の三宮の南京町でこのイベントを観に行ったことが有るんですが…。

中国の獅子舞のイベントでしたがネ、当時は警察の誘導も悪く、最悪で、内容もしょぼかったので、嫁と「横浜のには行った事が無かったが、あっちは凄いんだろうなぁ?」と、話していたので、先週、ようやく初めて行って来ましたが…。

Photo_2

スゴイ人出で、何も見えない!

しかも、パレードは別日だから、今日はショボイ小さい公園でのイベントだと。(泣)

イベント開始の一時間前に着きましたので、待つワケですが、私は待つのが大嫌いですな。
特に、ラーメン屋とかで並ぶのは理解できない。

こんなショボイトコでやるやつだから、大して混まんだろうとタカをくくり、近くの場所で待機していましたが、イザ始まるようになると、凄過ぎる人手に!

一応、今回はEOS-1D Xにダブルズームで行ったのでですな、EF70-300mmF4-5.6LISUSMに付け替えて、ファインダーを覗くモノの、何も見えない!(号泣)

僅か五秒で「ムリ」と判断して、その場を離れ、山下公園に避難しましたが、早くから場所を確保していた息子と嫁は、何とか普通に観られた様子でしたな…。

Ridley

↑コラーー!ココは自転車を降りないと駄目な場所だぞ!乗るな。ソレになんで、リドレーにTREKのレディオシャック日産のジャージ??(笑)

…内容は、「雑技団」と成っていたので、ソレなりかと思えば、ジャグリング等のタダの「大道芸」に神戸の見たやつより更にショボイ獅子舞だったそうで、嫁は落胆していましたな。

(嫁)「南京町の方が数段イイわねぇ。」

(息子)「一生懸命にやったのに、ブレブレだよぉ!おとーさんのカメラでないとムリかなぁ?」(泣)

31

(私)「腕を磨け!カメラは悪くないぞ!」(がんばれ!息子。限界は有るがな。)

それにしても…。

このダブルズームシステムは中々快適ですなぁ。(嬉)

特にスゴイ解像度と表現力が素晴らしい、EF24-70mmF2.8LⅡUSM。

DA★50-135mmF2.8ED[IF]SDM以来の感動ですな。(笑)

ISが無いと専用のレンズが無いのでそれがイイんでしょうかなぁ?

EOS-1D Xはその後に修理に出しましたがネ、このボディとの組み合わせはイイですな。

十八万円は高いですがネ、さすが「画質最強」は伊達ではない様なので、お勧めですな。

そして、EF70-300mmF4-5.6LISUSMは非常にコンパクトで、取り回しも良く、収納性に優れるのもイイですな。

イイ買い物をしたと納得ですな。(笑)

帰りには、入場無料の放送資料館主催の「ウルトラマン展」に行き、息子は大興奮と。
オモチャは一切買わなかったので、ソコは不満なようでしたが。(笑)

Photo_3

いずれにしても、パレードこそが「被写体」か?このイベント。

来年はどうなる事やら。

« 正に世代交代と云うのか?(哀) | トップページ | 迂闊!!ソコに死角が有ったか? »

Canon EF Lenses」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コレも、ようやく行って来ましたな。(汗):

« 正に世代交代と云うのか?(哀) | トップページ | 迂闊!!ソコに死角が有ったか? »

カテゴリー

無料ブログはココログ