« 円安に成りましたな。イロイロと考えられますがネ、バイクはドー成る? | トップページ | 恐怖!機動ビグ・ザムとうふ …(泣) »

2013年6月13日 (木)

エアゲージについて考えてみる。

…。

使えない!

TOPEAKのシャトルゲージ。(号泣)

Photo

4000円近くもしたのに…。

なんと、20Berまで計測可能なのに…。(何にソコマデのレンジが必要??)

そもそも、メインの口金がフレンチバルブ用では無いとはどういう事なのか?
コレに柔らかいアルミのアダプターを捻じ込んで、単体ではタイヤの空気圧が測定出来、これに携帯インフレーターと接続すればパンク修理時に適正圧までエアーを充填出来ているのか確認も出来ると云うので購入したのになぁ…。(泣)

Photo_2

それに、運搬用のソフトケースまで有るのに…。

測定出来ないと云うかやり難い!

買い直しになりましたな。
TOPEAKの物はロングライド時の工具として使用する事に。(泣)

今までは、アストロプロダクツの仏米バルブ共用の980円(色んなトコがOEM品で同型モデルを出しているが、「ライセンス使用料」の関係で価格が400円程度の差が出ている。ココのが最安品(笑))の物を使っていました…。

確実な測定と、空気の調整機能が付いたモノを探していましたが、ありましたな。

パナソニック Bicycle Tire Gauge

Photo_3

仏式バルブ専用の優れ物で、使い易いですな。

ボタンで空気を抜けてタイヤ圧を調整し易い構造です。

パナソニックは、今般の経営再編計画に於いて自動車関連事業の大幅見直しをしているので、案外自転車から撤退の可能性もかなり高いので、使えるタイヤレバー(BONTRAGER、KTC、ParkToolを使いましたがコレが一番ですな、個人的にはですがネ。)共々、予備も購入した方がイイかも…。

ともかくお勧めですな。

« 円安に成りましたな。イロイロと考えられますがネ、バイクはドー成る? | トップページ | 恐怖!機動ビグ・ザムとうふ …(泣) »

Bicycle maintenance tools」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアゲージについて考えてみる。:

« 円安に成りましたな。イロイロと考えられますがネ、バイクはドー成る? | トップページ | 恐怖!機動ビグ・ザムとうふ …(泣) »

カテゴリー

無料ブログはココログ