« 「ヒドイよ!おとーさん!!(大泣きで言葉に成っていない。)」(by息子) | トップページ | KUOTA KURARO2013納車。(その二) FRAME IN DETAIL編 »

2013年5月19日 (日)

KUOTA KURARO2013納車。(その一) FRAME IN DETAIL編

Photo

今日は家族サービスで、KUOTA KURARO(ULTEGRA)2013カスタムのファーストランは出来ませんでしたがネ、ようやく第一段階のセッティングと各装備品の取付も終わりましたので納車に関しての記事を書いていきますな…。

あ!
…。(泣)
GARMIN Edge800Jのセンサー取付だけ忘れた。(号泣)
ま、イイか。(笑)

今回は、完成車では無くてフレームセットから自分で選択した部品でバイクを組上げましたな。

KURAROは2013年に登場した新型モデルで、エアロバイクのKULTとレースにも使用できるオールラウンダー型KEBELを統合し、其処から更に進化させたモデルですな。

上の写真は、ボトルケージすら無い「素体」の状態です。
やはり、何も無い方がカッコイイですが、それでは走れませんな。

今回の素体の主要構成は以下の通り。

1.フレームセット:KUOTA KURARO(ホワイト/レッド)サイズL(デザイン設計を除き製作、塗装共に中国製)
2.フレームセット付属品:ヘッドセットとケーブルガード(KUOTAロゴ入)、フォーク(エンド先端は金属だがそれ以外はフルカーボン)、シートポスト(専用品でフルカーボン)
3.コンポ:シマノ6700系列ULTEGRA一式(172.5mmクランク長)
4.サドル:fi:zikアリオネバーサスK:iumレール(ブラック)
5.ハンドルバー:EASTON EC90SLX3 カーボンコンパクトハンドル
6.ステム:EASTON EC90SLカーボンステム
7.ホイール:フロントEASTON EC90SLカーボンリム(38mmリムハイト:カーボン用ブレーキパッドはSwissStop社:イエローキング1セット付属)
8.ホイール:リアEASTON EC90AEROカーボンリム(56mmハイト:同)
9.タイヤ:Vittriaディアマンテプロラジアル(24Cサイズを選択。)
10.ペダル:スピードプレイZEROクロモリシャフト(レッド)
11.バーテープ:SILVA(レッド/イエローロゴ)

車体重量7キロ
価格60万円程度

Indetailjpga
使用して居たKUOTA KHARMA(ULTEGRA)2012同様、空力を考えたデザインですが、コンフォートに振られたKHARMAとは少し性格が違うようです。
また、新機軸の電気式コンポ(Di2等)に対応も出来ます。

トップチューブはシートチューブに行く程絞られていくような形状ですが断面系は複雑な面構成ですし、ダウンチューブは六角形断面形状で整流効果が有るでしょう。

Indetail_6jpga

フロントチューブも複雑な面構成で上玉押しのレシーバーがやや盛り上がる様な形で下玉押しレシーバーも非常に大径です。
また、トップとダウンチューブの接続部もフィレットの様な構成で空力と剛性を高めている様です。

Indetail_5jpga

シートステーはオフセットされていて細く、適度にしなりながら振動吸収性を狙いますが、代わりにBBからブーメランのブレードの様な縦方向にはボリュームが凄いチェーンステーと接続されますが、断面はやや薄めで空力効果が高いです。

Indetail_2jpga

BBはPF30採用ですが、セットには付属しないので注意が必要です。
Photo_2
今回は、保証の問題からBBはシマノ6700純正でアダプターはSRAMです。(完成車も同じ構成。)

中国製なのでメイドインチャイナのステッカー表示が…。(泣)

BBハンガー周りは非常にボリューム感が有り、且つ脚力のあるライダーの「踏み」にも十分に応えられる剛性が有りそうです。

Indetail_4jpga

専用のシートポストとシートチューブは薄く、空気を切り裂きながら走ると云う刀の様な形状ですがコレが特徴とも云えそうです。
サドルについては金属レールとカーボンレールとでは、固定部品が違うので購入時にはショップにはどちらを購入するのかで指定の必要が有る様です。

Indetail_3jpga

完成車との違いは、ホイールやハンドルが違うのは当然としても以下の点に有ります。

1.グリス等が入っていない。(自転車店でもやっていないので、自分でした。)
2.チェーンプロテクターは無し。
3.不思議だが、ULTEGRAの製品の質感に違いと云うか違和感有り。
4.INTERMAX社の説明書も無ければフロントエンドの保持部品も無し。(KHARMAの時は有りましたが。)

特に3が購入時から気に成っていますな…。(マジに。)
KHARMA(ULTEGRA)2012の時も同じ系列の部品でしたが、なんか違う。

ギアの刃の先端の加工の仕上がり具合とか、クランクやディレーラーの色の濃さ等も…。

単なる勘違い?

私のは日本製の部品を取り寄せて組み付けの模様ですが、完成車の場合は中国製の部品?

しかし、そんな事は問題に成らない筈ですな…。

単なる勘違いでしょうかネ???

(その二に続く。)

« 「ヒドイよ!おとーさん!!(大泣きで言葉に成っていない。)」(by息子) | トップページ | KUOTA KURARO2013納車。(その二) FRAME IN DETAIL編 »

KUOTA(Bike of Italian manufacturer)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KUOTA KURARO2013納車。(その一) FRAME IN DETAIL編:

« 「ヒドイよ!おとーさん!!(大泣きで言葉に成っていない。)」(by息子) | トップページ | KUOTA KURARO2013納車。(その二) FRAME IN DETAIL編 »

カテゴリー

無料ブログはココログ