« KUOTA、今期はツールにはフレームを供給しないんですかな?(泣) | トップページ | 韓国向け不売(買いではない。)で、如何?(笑) »

2013年3月 3日 (日)

殆どゼロからの、今後のメンテナンス環境を考える。

さて、カレンダーもはや三月。

東京やその他の地域では「春一番」が吹いたとか…。

しかし、北海道は昨日もブリザードの様な「暴風雪」。(号泣)

雪国の春はマダマダ遠過ぎる様で…。

しかし!

来月初旬にはようやくワタシのKUOTA KURARO(ULTEGRAカスタム)のフレームが来て、中旬にはシューズも届く(予定。)ワケで。

四月初~中旬納車予定の自転車の受入とその後の保守態勢を整えねば成りませんな。
ケミカル全般とそれに付随してチェーンクリーナー系はもはや当然として。

今月は、最後の仕上げで断捨離作戦の最終段階と自転車の整備用品と工具を検討し、一気に買い揃えるつもりですな。

現状手許に残っている工具はですな。

1.PB(SwissTool)社のショートのレインボーヘキサゴンレンチセット(ボールポイント付のミリ仕様)
2.ロブテック社のモンキーレンチ(スタンダード150mmサイズ)

…コレだけですな。(泣)
アトは皆、兵庫で売って来ました。

今回は予算三十万円で、検討する事にしておりましたが…。

以前のシステムでは正に思いつきでテキトーに購入していましたな。

で、今回はかなり本格的に出来る様に考えました。

基本は、四月中旬頃までの限定セール販売のKTC社のサイクルツール用工具セット(デジラチェ)をまずは購入しますな。(八万円台後半の販売価格。)

内容は。
1.No2のプラスドライバーとNo.6マイナスドライバー(貫通。何ででしょうなぁ?いずれWera製へ変更したい。)
2.ソフトハンマー(ヘッドの交換が出来ないのでヘタればPB製へ変更。)
3.ペンチ(プライヤーとして、KNIPEX製へ換えたい。)
4.ニッパ(コレも出来ればBAHCO製にしたい。)
5.ペダルレンチ(スピードラインのペダルでは不要ですな。)
6.タイヤレバー(まぁ、コレは何でもイイでしょうな。)
7.ラチェットレンチ(デジラチェとの)と共用ソケット(3/8スクエア規格。ヘキサゴン、トルクス(←コレ要るの?)、ボックス)ビットソケットにペダルレンチにも出来るクローフィットヘッド一式とエクステンションヘッドが付属しています。(いずれはFacom製に。)
8.コンビネーションレンチ(HAZET製辺りの方がイイかも?)
9.モンキーレンチ(出来れば、BAHCO製にしたいが、ロブテック製に統一もイイかも。)
10.2N/mから調整できるトルクレンチのデジラチェ(スピードプレイ社クリート取付にも有効。)
11.ヘキサゴンレンチセット(コレだけはPBのロングレインボーへ直ぐに買い替え予定ですな。)

定価ベースでは十一万円程度のモノが割と安く手に入れられて工具箱付きなので、お得ですな。
実売では五万円台後半ですな。

実は、要するにホントに欲しい工具はKTCの場合はデジラチェだけですが、欲しい工具での仮想見積金額が…、思わず倒れそうな価格に成ったので当分はKTC社にしますな。

コレに足りない工具としてですな。

1.No.1プラスドライバー(KTC社)
2.ケーブルカッター(KNIPEX社)
3.金属ヤスリ(中目)(ツボサン社)
4.No.2スタビプラスドライバー(KTC社)
5.ウォーターポンププライヤー(KNIPEX社)
6.ハサミ(BAHCO社)
7.カッター(ナイフ)(同)
8.ノギス(新潟精機社(ココム条約違反のミツトヨ製は高いよ!))
9.メジャー(ロブテック社)
10.キリ(PB社)
11.ピンセット(PB社)
12.モンキーヘッドのデジラチェ(KTC社)
13.T字ハンドルヘキサゴンレンチ(Beta社)
14.3/8用No.1と2のプラスドライバービットソケット(KTC社)
    

コレが揃えば、私の経験値が水準にまで(いつか(笑))高まれば、一通りの整備が出来るので、更に自転車整備専用工具としてですな。

1.チェーンカッター
2.チェーンチェッカー
3.チェーンリングナットレンチ
4.ボトムブラケットツール
5.ロックリング回し
6.スプロケットリムーバー

…カーボンリムホイールの整備法が分かりませんがコレにニップル回しやパブコーンレンチも有れば良いんでしょうかなぁ?
全部、ParkTool社で逝きます。

ParkTool社(HOZAN社)は良いんですが、しかし、各種専用工具メーカー品にすると多分、二度と使わなくて、最終的に自転車専用工具しか残らないだろうから最初からコレと決めて購入しますな。

あとは「大物」としては、リペアスタンドはF/Rクイックで固定のBB保持型に今回はしようと思いますな。

MINOURAのSS-700Ⅱはセッティング出しやイロイロ出来るのは良いんですが、姿勢が低い位置で作業させられるので今回はRS-1600辺りにすべきかと今、悩み中です。

Tacxのサイクルモーションスタンドの方が良さそうかなとも思いますが…。

まぁ、ワタシのいけない所の一つである何でも形から入る前にサイメンDVDを観てまずは勉強ですな。

ソレでまた買いました。「工具の使い方とレストアテクニック」
コレを観ていると、自分でも簡単に出来そうに思える所が危険ですな…。(笑)

…こんな調子で果たして大丈夫なのか、我ながら呆れますな。

« KUOTA、今期はツールにはフレームを供給しないんですかな?(泣) | トップページ | 韓国向け不売(買いではない。)で、如何?(笑) »

Bicycle maintenance tools」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 殆どゼロからの、今後のメンテナンス環境を考える。:

« KUOTA、今期はツールにはフレームを供給しないんですかな?(泣) | トップページ | 韓国向け不売(買いではない。)で、如何?(笑) »

カテゴリー

無料ブログはココログ