« FFR-41MR メイブ雪風(FAF特殊戦三番機)製作記3 三十年以上ぶりのパテ盛り。 | トップページ | PENTAXを使い続ける理由について考えてみる。(その一) »

2013年3月19日 (火)

…。(笑)なんで、盛り上がってイナイの?

さて、この作戦も既に二週間以上が経過した様ですがネ…。

…まぁ、大方の予想通りと云うか、それしかあり得ないと云うのか。(クスクス。)

ジェンジェン盛上がらないようですな、韓国の日本製品不買運動。(笑)

当然ですな、国内市場が恐ろしく小さく脆弱な上に、日本から耐久消費財以外の資本財を大量購入しないとやって行けない国なんですからなぁ。

そんな事は、普通に考えればスグに分かる事なのに…。(笑)

キプロス問題でやや、足踏みに成るかどうかビミョーな感じに成りつつありますがコノママ円安(相対でウォン高)が進み、例えば資本財の工作機械、確かマザーマシンでしたかな?愛知県で確か大半を製造販売しているニッチな超々地味な製造業ですが、コレが無いと製品は作れない機械ですな。
コレをですな、どうせ市場規模も売上高も非常に小さいから業界は(大)反対でしょうが、政府も日銀に対するように圧力を掛けてですなここぞの機会で、コレを輸出禁止か販売時の手続きを大幅煩雑化したり関税をギリギリまでダンプして大幅制限でもすればイイのではないかと思いますがネ。

理由付けが大変ですが。(泣)

設備投資とは、定期的に設備の更新をしないとイケナイが、しょっちゅう必要ではないですがネ、新製品等を開発し、生産する時は一気にやる必要が有る。

ソレが止まるだけで、そもそも模倣技術力だけでしかやっていけないトコロが、最先端加工技術無しでは、正に模倣すら出来ないのに、どうやって、競争を?

今までは、為替の恩恵と、お家芸の「誇大広告(=ウソ)」で、此間までは利益額で例えば、ゲンダイ等は、ホンダや日産HDをたまたま抜いてますな。

しかし、相変わらず高精度の部品加工と、その前段階の素材製造技術が無い、つまり基礎工業力が無いこの国ではエンジン等の重要根幹部品はミツビシかフォード他に頼るしか無いのは国産と騙る戦車のエンジン製造の場合に至るまで変わらない。

この戦車はソウル五輪の時期に初期型を公開するのに合わせて「パルパルチョンチャ(88戦車)→K-1戦車」をこう云うそうですな。ソレで新型A2用のたかが1500馬力級のディーゼルエンジンの開発に当然失敗して(笑)、ドイツのクラウスマッファイから購入。
輸出先予定(外貨獲得先)のトルコはいたくご立腹で契約破棄(爆笑)。

しかもゲンダイは、そのウソ(出来もしない誇大な広告性能)がバレて、来期は…、でしょうからなぁ。
ハワイでは、ゲンダイの車が割と走っていましたがネ。

誰のお陰で商売が出来ているのか今一度、その無い頭で考えるとイイでしょうなぁ。

さて、いつまで続くのか、コレ?
多分、云うだけで終わりそう??(笑)

仕事が出来ないなんて全く怠慢ですな、600万人加入の消費者団体!

笑えますなぁ。

« FFR-41MR メイブ雪風(FAF特殊戦三番機)製作記3 三十年以上ぶりのパテ盛り。 | トップページ | PENTAXを使い続ける理由について考えてみる。(その一) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: …。(笑)なんで、盛り上がってイナイの?:

« FFR-41MR メイブ雪風(FAF特殊戦三番機)製作記3 三十年以上ぶりのパテ盛り。 | トップページ | PENTAXを使い続ける理由について考えてみる。(その一) »

カテゴリー

無料ブログはココログ