« 日本にも有ればなぁ…。 | トップページ | ココに来てサイクルコンピューターで悩み中。(懲りないですな。(号泣)) »

2013年2月14日 (木)

世界に大迷惑を撒き散らしても自覚するだけの「心」を持たぬ儒教の国。

昨年の10月末から日本は政権交代により全く意外なほどに突如、株も為替も「追い風」が期待感だけで吹き始めた日本ですが…。

これからの「実績」がどうなるのかでまた元の黙阿弥か否かになるでしょうから、注目される所ですな。

安倍氏が先の首相時代(2007年夏頃)の時は日銀(三重野総裁時代)とはほぼケンカ状態で、今回首相に成っても云っている事とやろうとしている事は同じなんですが、今回は日銀が協力に応じるとは…。

個人的には政治家の要請を日本の金融管理機関が「一緒に成って聞いて」動くのは凄く違和感が有りますな。

さて。

急激(と云っても実際にはソレ程でも無いんだが。)な円安で、張り子の虎と云うかそもそも我が国の円高により「見かけ」金が有るように見えた某朝鮮国や、「身内のゴタゴタ」で余裕が無いドイツからは批判も出ている様ですがネ、元々、暴落前の水準までマダマダ道半ばな所なんだから、絡むのは止めて欲しいモンですなぁ…。
G7でも文句が出た様ですが、果たして?な展開です。

しかし、日本は別に外国に円安で経済的に大迷惑もかけていないし、軍事力を背景にした威圧を以て恫喝する様な事もしていないので、余計に舐められるのかもしれませんな。
今後は、経済ノウハウ(何か、負け組英国の様でイヤなんですが…。)を生かしてそれこそ「通貨操作」を恒常的に行い、それこそが「国益」になるのならどうせアメリカもしている事だし、ドンドンやればイイのかもとも思いますがネ。

そもそも、今回の経済不況はアメリカと欧州の白人国家群がしでかした「バカ」が原因なんですし、財務大臣の麻生元首相の云うように「文句を言われる筋合いは無い」が正解でしょうなぁ…。

それにしても、外国人と云うのは自己中の権化と云うか、自分さえ良けりゃアトはテキトーと云うかで、空気が読めない輩が多い…。(泣)

で、その最たる例が今回の海外旅行でも目の当たりにしましたが、中国人共ですな。

旅行中、「シャウォー!ハイフォーウィィー(←私には全てコレでしか聞こえない(笑))?」を大声で叫びながらそこら辺に出没してはマナー無用、気遣い無用で場の雰囲気を壊しまくる様はホントに閉口しました。

1.エレベーターには並ぶ事なく、トーゼンの顔で割り込み。
2.そこらじゅうで、煙草の吸い殻とゴミを捨てまくる(淡吐きは確認されず)。
3.文句を大声でまくし立てる様に云い、金を減額又は不払いに持ち込む。(現地ガイドはコレを嫌い、中国人の大半は専用のツアー会社でしか移動していない模様。当然でしょうな。)
4.北海道に着くと今度は雪祭ツアーに来ている中国人、荷物受取でも私の前に立ちふさがるように割り込み。ケツを蹴り飛ばして睨みつけると、退きました。
5.でその後、4.のアホはカートでJR駅まで向かい、カート置き場が有るのにその辺にトーゼンの顔で放置して立ち去る。
6.雪まつり会場でも割り込み大声で叫びつつ、場の雰囲気壊しまくる正にクラッシャー。

…で、第二にヒドイのは同族の台湾人ですな。

マジにサイテーですな。
しかし、日本人もホテルの部屋で夜中まで騒ぎまくるガキ共も居て(ココは下宿のアパートでは無い!)、人の事が云えないと云うか、最近の日本人も中華化しているのでしょうかネ??

更に、最近では海自の艦艇にFCSを起動してレーダー照準をロックすると云う事実上の交戦状態(←外国の常識ではですが、何で日本はそう取らないのか?中国の「手」に乗らないと云う事か??)にして、問題を起こし、相変わらずの領空領海侵犯も行っている上に、兵庫県在住時代は大変でしたが、これからまた超有毒物質を含んだ黄砂がやって来る…。

で、今年はPM2.5なるモノが大量に降るそうですな。
私の居た、関西地方はその「流れ着く先」の様なので非常な注意が必要でしょうな。

これで、健康被害が出た場合は「国家賠償」の請求が相当と思いますが、ムリなんでしょうなぁ…。
環境汚染は、汚すのは早いが、戻すのには莫大なお金と時間が掛るが、その前に経済損失も大きい…。
恐らく今後は、進出した企業の事業縮小撤退も加速するでしょうなぁ。

なんせ、社員の健康を損ね、計画通りの生産が出来ないのではイミ無いですからなぁ。

世界中の資源と、食料を喰い尽して、迷惑を掛けてもソレがそうとは自覚できない、文字通りの「田舎者国家」、これからどうなるんでしょうかなぁ?

…日本の様には最早大きくはなれないと思いますな、経済成長率の伸び率から既に失速、頭が悪いので、いったん傾き始めると内政問題も有り、大きく混乱は必至…。

しかし、一度とはいえ誤ってにしても得た(元々尊大な)プライドだけは残りますからなぁ、コト軍事関係についてはやや恐怖を感じます。

雑誌では「中国軍の装備は数が多いだけで古く、自衛隊の装備は少数だが先進的な最新鋭装備です。」等と寝事の様なコトを書いていますが、昔からケンカは数の論理だし、自衛隊の装備は海上艦艇で云ってもアメリカのお古にチョコチョコと改修を加えただけの代物だそうですな。(ハワイで海軍のヒトに聞きました。ショックですな。)

ヒトラーの軍隊にしても装備は優秀でも少数精鋭を謳う軍隊が戦争で勝てた試しは無いんですなぁ…。

日本もソロソロ独自の路線、少なくとも戦前の状況に立ち戻り、軍国主義は今の世の中では合わないのですが、最低でも、周辺国に対して軍事侵攻も可能な兵力(でなければ、逆に守り切るのはムリだと思う物で。)と、防衛システムを半世紀ぶりに構築するべきではないかと思いますなぁ。

そう云う意味では、安倍氏の国防軍創設と9条の大幅改正がホントに出来たなら直近20年では一番仕事したヒトになるかも知れませんな。

« 日本にも有ればなぁ…。 | トップページ | ココに来てサイクルコンピューターで悩み中。(懲りないですな。(号泣)) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 日本にも有ればなぁ…。 | トップページ | ココに来てサイクルコンピューターで悩み中。(懲りないですな。(号泣)) »

カテゴリー

無料ブログはココログ