« KUOTA2013年モデル、HPに正式更新。 | トップページ | アクセス件数40000件達成。 »

2012年9月 1日 (土)

チェーンオイルを考える。

TREK 29ER Marinを購入する時にワコーズのスパージャンボとか云うディグリーザとセットで購入していたチェーンオイルの「チェーンルブ」ですが、今日にようやく切れましたな…。

細いノズルから噴射して注油する方式でしたが、意外に油の飛散が大きく、やや使い難い感じでしたな…。
汚れはまァ、中程度に付く程度でベトベト感は少ない感じだったのはイイ物でしたがネ。

サイクルは二週間ごとに注油して一か月ごとには洗浄して整備していますが、果たしてこのサイクルが良いモノかどうか…。

ケミカル系はその後FINISHLINEの製品で統一する事にしたので今回、チェーンオイルをどれにしようかと思案中ですなぁ。

1.クライテックワックスルブ(乾燥タイプで油膜の持ちは悪い)
2.テフロンプラスルーブドライ(中程度の油膜持ちだが、軽い作動性と汚れが付き難い。)
3.セラミックウェットルーブ(軽い作動性と油膜持ちが良く、汚れもそれ程付かない。)

用途上は、そんなに長距離を走る訳ではないし、MTBでのトレッキングはまだ先ですが、使い分けるかどうか悩む所ですな。

価格も大して変わらないし、他の製品は良く分からないのでなんととも云えませんが、まずは3の製品で「オールラウンダー」を狙おうかと考えていますな。

あとは、ディグリーザーとグリスだけですが、ディグリーザーは既にチェーン洗浄用器具ごと買い揃えてますが、グリスは簡単に無くなりそうにはなく…。

毎回使う物だし、使い勝手が良くてコツコツ使える物がイイですからなぁ、良いチェーンオイルだとイイですな。

« KUOTA2013年モデル、HPに正式更新。 | トップページ | アクセス件数40000件達成。 »

Bicycle maintenance tools」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェーンオイルを考える。:

« KUOTA2013年モデル、HPに正式更新。 | トップページ | アクセス件数40000件達成。 »

カテゴリー

無料ブログはココログ