« ナカナカ点検に行けませんな。 | トップページ | PENTAXから出るのか?フルサイズ…。 »

2012年6月26日 (火)

KUOTA2013モデル。

あっという間に、ジメジメムシムシな空気になってきましたなぁ…。

今年は激ヤセしたせいか、やや暑さも平気な気がしますな。(笑)

さて、一部サイトでも既に話題が出ている様ですが、KUOTAの2013年モデルの画像が出て居りますなぁ…。
参考:http://www.cyclinside.com/Technews/Biciclette/Corsa/Kuota-2013-+-Ecco-Kom-Air+-Kuraro-e-tante-novit%C3%A0.html

【KHARMA】
まぁ、INTERMAX社がどのモデルを国内で売るのかによりますが、KHARMA2013年モデルはデザイン変更されて今年と違い、結構ハデハデですなぁ。

Kharma2013

画像を見る限り、KHARMA2013は見れば分かる話ですが、カラーリングはダサ過ぎな草食系2012モデルの「単調白塗りオバケ」を当然脱却して、嘗てのハデハデ塗装に回帰しました。

また、シートステーとチェーンステーの接続部分のデザインを見直して洗練化したのと、トップチューブとの繋ぎをオフセット化して振動吸収性を向上させたようですなぁ。

また、現行の6N/mのトルク指定が有り、二本のイモネジで固定する私の周りのオーナーでは極めて不評なシートピラー固定用のシートクランプバンドが一本のネジを横からの締め込みで行うように改善されていますな。

更には、F/Rディレイラー用のワイヤーがインナー収納式となったので整備と部品交換はやり難くなったが、「駈売り機」特性、イヤ正解は空力特性と洗車はし易いでしょうなぁ。(このボケノートでは何度変換してもコレです、本当に使えない!!今すぐキーレスポンスが最強に鈍くて誤入力頻発のコノ富士通ノートのビブロNF/A70Nを投げ捨てたいですが、諸般の事情で、あと二年も使わなくてはいけない。(号泣))

【KURARO(2013NEW)】
なお、KEBELとKULTは残念ですが機種統合されるようで、新型レース用自転車の名前はKURAROと云うモデルになる様ですな…。

Kuraro

非常にジミー(笑)な塗装で、コレだけはイマイチですなぁ。(笑)
薄いグレーとブラックで統一された塗装では、「下塗りなのか、この自転車?」な感覚を受けますな…。(まぁ、フラッシュを至近で直射して撮影しているトーシロ丸出しのどヘタ写真なので余計にそう見えるんですがネ。(号泣))

デザインは、シートステー、ホイールベースを短くするための切り欠きが有るサドルチューブ周りはKULTのテイストだし、ビッと真っ直ぐで太いフロントーフォーク、全体的なデザインはKEBELですから、好みですなぁ…。

ヘッドチューブは短く、しかし、トップチューブとダウンチューブとの接続部にはプレート型リブ形状に補強がしてあるのに、シートステーは細く、良く撓らせて且つ、KHARMA同様にトップチューブとの繋ぎがオフセットされているのは、振動吸収性を追求させているのは正にレーシング仕様なんでしょうなぁ…。

…しかしこのフレーム、デュラ/アルテグラDi2に対応はされるんでしょうかなぁ??
いずれにしても是非、国内で最大フレームサイズもバンバン入荷できるようにして頂きたいモンですなぁ。

それから、機種名が不詳ですが、フラットバーハンドルのクロスバイクも有る様で、これこそ国内で販売するべきでは?と思いますなぁ。

【KOM Air】
最後にはKOM EVOの後継機としてKOM Airと云うのが出るそうで…。

Kom_air2013

空気と云うからには、超軽量フレームで、あとは好きなコンポで超軽量バイクに仕上げて下さいと云う事でしょうかなぁ。

もう一つの旗艦機種K-UNOはカラーリング変更程度のモノの様ですが…。

まぁ、当分すぐには買換えませんがネ、新型が出るのは楽しみに成りますなぁ。

« ナカナカ点検に行けませんな。 | トップページ | PENTAXから出るのか?フルサイズ…。 »

KUOTA(Bike of Italian manufacturer)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KUOTA2013モデル。:

« ナカナカ点検に行けませんな。 | トップページ | PENTAXから出るのか?フルサイズ…。 »

カテゴリー

無料ブログはココログ